関節痛をやわらげるために

ゼラチンはコラーゲンとビタミンCを多く含み、関節のなかの軟骨組織を回復させたり筋肉の痛みをやわらげるのに最適な食品です。

関節が硬くこわばったりしたことがありますか? とても痛み、どうしたら良いのか分からないということがあったでしょうか? かかりつけのお医者さんから良いアドバイスをもらえるかもしれませんが、自然な方法で関節痛を和らげるヒントをこちらにまとめてみました。

1.栄養と関節痛の関係性

もし 関節痛にお悩みならば、それがどんなに大変なことか承知だと思います。抗炎症薬に頼っても、なかなか期待通りの効果は得られません。関節痛といっても、関節のすり減り、関節炎、リウマチによる関節痛があります。

これらの病状は長い人生ずっと続くこともあり、また普段の暮らしを困難にしてしまいがちですよね。しかし、それらの病気にかかりにくく、質の良い暮らしのためにできることがあります。それはより健康的で正しい栄養をしっかりととるということです。

痛みをコントロールするキーポイントは栄養素です。関節を構成している骨、軟骨組織、腱に正しいミネラルを与えることにより関節を強くすることができるのです。そして、金属を多く含む食品は直接関節に影響を与えてしまいうということを覚えておきましょう。それゆえに金属や毒素を排出する食事でのデトックスをすることが重要になってきます。

あなたが関節痛に悩んでいないラッキーな方でも、いつか関節痛に悩まずに済むようこちらのヒントぜひ頭に入れておいてくださいね。

2.関節痛を減らす栄養素

1 加工食品またはその原材料に入っている保存料などの化学物質を避ける

koora

これは簡単なことですね。例えば、少しの間あなたがこの1週間にどれだけの加工食品食べたのか、またはこの1ヶ月の間に食べたジャンクフードの量を考えてみてください。飲んでしまった健康的とは言えない飲み物や、ソフトドリンクのことも思い出してみましょう。明るいその色は、危険な化学薬品だったり着色料だったりします。

食料品・飲み物を選ぶ際にはちゃんとしたものを選びましょう。買い物の際には何が本当に必要なのか少しだけよく考える必要があります。

さらに精製された小麦粉・砂糖・塩は避けましょう。もうご存知の方もいらっしゃるでしょうが、体の機能はこれらの食品をしっかりと消化できずに体内に残って更なる関節へのダメージを与える原因になっていまします。

2 酸性の強い食品に要注意

gyuunyuu

私たちが毎日のように摂っている食品でヘルシーというよりは悪影響を及ぼすものは牛乳なのです。牛乳は血中のphを酸性化してしまう動物性食品で、関節痛を引き起こす原因となります。必要なカルシウムは植物性食品からも摂取できます。またそのほかに酸性の強い飲み物にコーヒーがあります。飲みすぎには注意しましょう。

3 動物性蛋白質にも気をつけて

niku

動物性たんぱく質もまた牛乳と同様、血を酸性化させます。体を機能させる為にはタンパク質が必要なことはもちろんですが豆類、ドライフルーツ等の植物性タンパク質からも必須量のタンパク質を摂取することもできます。動物性タンパク質を摂る際にはできるだけ赤みの肉は避けましょう。鳥やターキーの胸肉はまだより健康的と言えるでしょう。

4 コラーゲンを含む食品

zerii

コラーゲンは関節の中の軟骨組織を強くし回復させる機能を持っています。強い軟骨組織は関節痛を軽減してくれます。コラーゲンを簡単に美味しく摂取する方法として、コラーゲンとビタミンCを豊富に含むゼラチンがあります。

その他、硫黄を多く含む食品にも軟骨組織を強める効果があります。玉ねぎ・長ネギ・アスパラガス・芽キャベツ等を多く取るよう心がけでみてください。関節痛に悩む方にとても良い食品です。

5 カルシウムとマグネシウムの正しい量を

yasai

カルシウムとマグネシウムは強い骨と関節を作る上でとても大切な要素ですので、これらを多く含むレンズ豆やひよこ豆を食べるようにしてみましょう。かぼちゃの種、リンシード、チアシードはマグネシウムを多く含み、またほうれん草、クレソン、パセリ等の葉物野菜にも含まれているようです。

サラダを積極的に食べましょう。ドライフルーツや海藻からもカルシウムとマグネシウムを摂ることが出来ます。

6 オメガ3を多く含む食品

saamon

オメガ3は科学的にも証明されている、関節痛・炎症を抑えることのできる必須アミノ酸です。週に3回はオメガ3を含む食品を摂りましょう。

鮭や鯖などの魚はオメガ3が豊富ですし、サプリメントとして購入することもできます。サプリメントを摂る際には必ずかかりつけのお医者さんに相談してくださいね。

7 基本的な栄養に関してのアドバイス

furuutsu

上記の他、食べ過ぎには気をてください。食事を抜いたりせずに少量の食事を1日に何回か分けて食べるという方法もオススメです。食事の際には新鮮なフルーツと野菜も一緒に食べると良いでしょう。バランスが大事です。

そして、例えば薬の飲み過ぎは時として痛みを強めてしまうことがある様に、化学薬品の取りすぎが更なる関節痛を引き起こすことを頭に入れておいてください。

十分な水分摂取は、体内にたまった金属を排出しますし気分も軽くなるので忘れずに。体内浄化をし、毒素を流すことは大切です。

関節痛を解決することは簡単ではありませんが、治療していくことはできます。心の健康も無視することなく、楽観的に関節痛と付き合っていきましょう。