椎間板ヘルニアにおすすめの体操

椎間板ヘルニアのエクササイズは様々なものがあり、それぞれのケースに適応しています。この記事でわかるように、ヘルニアと言っても腰椎と頸椎で違いがあります。
椎間板ヘルニアにおすすめの体操

最後の更新: 12 3月, 2022

椎間板ヘルニアの治療法として、椎間板ヘルニアの体操は医学的適応のひとつです。ヘルニアの患者さんにとって体を動かすことが重要であることは、医療専門家も認めるところです。

椎間板ヘルニアは、背骨のどこに位置するかによって、さまざまな症状を呈します。同様に、重症度や付随する症状も異なります。

詳細については、以下をお読みください。

椎間板ヘルニアの種類

椎間板ヘルニアは、椎間板が背骨の軸から突出した状態です。この解剖学的構造の異常な位置が他の組織と接触することで、最終的に、症状を決定することになるのです。

背骨の全長に渡ってヘルニアが発生する可能性があります。そのため、頚椎、胸椎、腰椎など、部位によって症状が分類されます。前者、後者が圧倒的に多いようです。

背骨を椎骨の積み重ねと考えると、椎骨と椎骨の間に衝撃吸収材として機能するものがなければならないことがおわかりいただけると思います。その「何か」とは、椎間板のことで、より繊維質の多い被膜と、衝撃を吸収する柔らかい中心部分から形成されています。

椎間板は、骨のある椎骨の間にあり、骨が課す制限を尊重しながら、背中の中心的な位置を保っています。ヘルニアにより椎間板が横に飛び出すと、内部のバランスが崩れ、神経が近接するため炎症を起こします。

症状によって以下のタイプに分類されます。

  • 頸部。頚椎椎間板ヘルニアは、首に発生します。主な症状は、首や上肢の痛みです。
  • 胸椎。最も一般的で、胸部や肋骨の痛みで現れます。
  • 腰部。腰椎椎間板ヘルニアは、腰部痛を経て、下肢に症状が出やすい傾向があります。
椎間板ヘルニアの種類 腰痛
椎間板ヘルニアは、脊椎のどの部分でも発生する可能性があります。したがって、腰椎、頸椎、胸椎の椎間板ヘルニアがあります。

こちらもお読みください:スポーツヘルニア:原因、症状、治療法

椎間板ヘルニアに効く体操

上記で説明したように、椎間板ヘルニアには様々な種類があります。よって、場所によっておすすめの体操を分けてご紹介します。

頸椎椎間板ヘルニアの体操

この場合、首のセルフマッサージが最も効くという科学的根拠があると思われます。頸椎椎間板ヘルニアで医師に相談すると、理学療法を指示されることが多く、理学療法士が自宅で自分でマッサージするように指導するのだそうです。

具体的な手技だけでなく、指の使い方や円を描くように動かすことも重要だと考えると便利です。仕事の休憩時間やテレビを見ているときなど、リラックスできるときにいつでもこのセルフマッサージを行うことができます。

また、ジムでの無酸素運動も悪い選択肢ではありません。専門家は通常、急性の痛みが治まったら筋トレを始めることを勧めています。目標は、背骨を支えている首の筋肉を鍛えることです。そうすることで、背骨のバランスが良くなるからです。

鍛える筋肉は、痛みを引き起こさない位置で、傍脊椎筋です。頚椎椎間板ヘルニアのインピンジメントで上肢の筋力が低下しているので、重りやダンベルを持っているときは事故につながるので注意が必要です。

胸椎椎間板ヘルニアにおすすめの運動法

胸椎椎間板ヘルニアについては、十分なことがわかっていません。実際、多くの人は背骨のこの部位には障害が存在するはずがないと思い込んでいるかもしれません。しかし、実在するだけでなく、他のタイプよりも治療が複雑なのです。

推奨される体操は、積極的かつ漸進的なものです。理学療法士は、安定性と強度に焦点を当てた体操を提案します。従って、プロプリオセプションのために静的なポジションを主張するのが一般的です。

痛みが軽減して筋肉が強化されると、新しいルーチンを試すことができます。ヘルニア治療には、専門医の協力が不可欠です。

胸椎椎間板ヘルニアにおすすめの運動法 体操
運動は椎間板ヘルニアのリハビリテーションにおいて重要な役割を果たします。専門家の意見を聞きながら行いましょう。

こちらもお読みください:食道裂孔ヘルニアの原因と自然療法

腰椎椎間板ヘルニア患者のための体操

典型的な腰痛症は、腰椎椎間板ヘルニアの兆候です。腰痛に始まり、坐骨神経の経路を伝って鼠径部、大腿部、母趾へと放散されます。

専門家は、ほとんどの場合で、筋収縮の影響を受けている損傷周辺の筋繊維がリラックスできるように、温熱療法を伴うエクササイズを推奨しています。筋繊維が固まるのは、怪我に対する体の反応です。

ストレッチは不可欠であり、繰り返し行う必要があります。下肢は、それぞれの患者の可能性の範囲内で、神経の挟み込みを解放するために最大振幅に達する必要があります。職場に関して言えば、アクティブな休息空間を作ることが重要です。

プランク運動のバリエーションや体幹を鍛えるためにジムボールを使用すると効果的です。首と同様に、背骨のバランスを支える周辺組織の強度を高めることが目的です。

椎間板ヘルニアを自然に治療する

椎間板ヘルニアのためのエクササイズは、鎮痛剤の使用に代わるものです。痛みを和らげる効果はありますが、使いすぎには注意したほうがよいでしょう。

運動計画に沿って活動的な生活を送ることで、ほとんどの患者さんが椎間板ヘルニアに対処することができます。そのため、椎間板ヘルニアでお悩みの方は、理学療法士に相談し、最適な方法を教えてもらうのが一番です。

こちらの記事もおすすめです。
腰痛の原因となる10の習慣
みんな健康
で読むことができます。 みんな健康
腰痛の原因となる10の習慣

腰痛の原因には個人差があり、誰よりも健康的な生活を送っているのにもかかわらず背中の痛みや腰痛が起こることがあります。腰痛は社会的には非常に一般的な痛みや症状で、老若男女すべての人に発症する可能性があります。 腰痛の原因 について詳しく見ていきましょう。



  • Neyra, Horacio Tabares, et al. “Hernia discal lumbar, una visión terapéutica.” Revista Cubana de Ortopedia y Traumatología 30.1 (2016): 27-39.
  • Cedeño Capa, Johanna del Cisne, and Elaine Elizabeth Tamayo Chilan. “Evaluación de los protocolos fisioterapéuticos que se aplican en la actualidad en pacientes que padecen hernia discal de 30 a 60 años que asisten al Departamento de Terapia Física y Rehabilitación del Hospital IESS-Machala Regional 9 El Oro, durante el período de Mayo a Septiembre del año 2015.” (2015).
  • Villanueva, Teresa Casanova, and José Ramón Sever Bermejo. “Hernias discales toracolumbares: tratamiento conservador versus tratamiento quirúrgico.”
  • Cuen, Ana Coral Laga, and Antonio Fernando Loste Ramos. “TRATAMIENTO DE LA HERNIA DISCAL LUMBAR.”
  • Mangas Cela, Ana. “Efectividad de los diferentes programas de ejercicio en el tratamiento del dolor cervical crónico.” (2020).
  • Picado-Baca, Mauricio Leonardo, et al. “Tratamiento de hernia discal torácica. Reporte de 2 casos.” Cirugía y Cirujanos 84.5 (2016): 415-419.
  • Montero, A. Alcántara, et al. “Actualización en el tratamiento farmacológico del dolor neuropático.” Medicina de Familia. SEMERGEN 45.8 (2019): 535-545.
  • Bachmann, J. “Hernia discal cervical.” Revista Internacional de Acupuntura 3.3 (2009): 125-128.
  • Ortiz Soler, M. “Tratamiento de la hernia discal mediante oxígeno-ozonoterapia.” Dolor. Investigación Clínica & Terapéutica 22.4 (2007): 187-194.