肌の保湿に効果的!シンプルな6つのアドバイス

· 5月 22, 2018
健康的で美しく潤いのある肌を保つためには水分補給が欠かせません。本記事では肌の潤いを保つための6つのアドバイスをご紹介します。

健康的な食生活を送る人にとっては、肌の健康を維持するのはさほど難しいことではありませんが、脂質や糖分の多く含まれた食事やジャンクフードばかりを食べるような食生活を送ってる人にとっては、健康的で美しい肌を維持するのは簡単なことではありません。

肌タイプには個人差があるため、肌タイプごとに使用する化粧品や製品を使った時の肌の反応は異なります。そのため、保湿製品や何か新しい製品を使用する時には、少量を試して肌の反応を確認してください。

今回ご紹介するいくつかのアドバイスを活用して、より健康的で美しく輝く潤いのある肌を保ちましょう。

1. 十分な水分を摂取する

水分の補給

肌を保湿する最も速く自然で効率的な方法です。 体内が水分で満たされていない場合、体の外側つまり肌の保湿は行われません。

肉体的な美しさは内面から外へ出て行くことを忘れないでください。体内の健康は肌に反映されます。

水分補給を行うときは、甘味料などを加えたりせず、天然の水を飲んでください。またソフトドリンクや風味を加えた水である「フレーバーウォーター」などは効果がありません。

水だけを飲むのが苦手な方は、水の中に新鮮な果物を入れて風味を加えましょう。暑い日には冷凍した果物や氷を加えるのもおすすめです。

水の中に果物や凍らせた果物を入れることで、過剰なカロリーや糖分を加えることなく、バラエティーに富んだ飲み物が出来上がります。

どうしても甘味が欲しい場合は、少量のハチミツを加えてください。そして徐々にハチミツの量を減らしていけば、数ヶ月以内には普通の水を飲むことに慣れるでしょう。

こちらの記事をご覧ください:冷水よりも白湯を飲むべき4つの理由:

2.ソフトドリンクの代わりにお茶を飲む

ソフトドリンクを頻繁に飲む場合、皮膚の水分を維持するのが難しいことが明らかになっています。体に悪いとわかっていても、その甘さやエネルギー補給のために、ついついソフトドリンクを飲んでしまう人がいます。

ソフトドリンクを飲む代わりに、今後はお茶やハーブティーで水分を補給してください。

肌に高い効果を発揮するお茶やハーブティーには、緑茶、ホワイトティー、カモミールティー、ラベンダーティー、ローズマリーティー、タイムティーなどがあります。

お茶に風味を加えるときは、果物や香辛料を加えてください。

梨とバニラ風味のシナモンティー

今回ご紹介するおいしいお茶は、肌の保湿に加えて、吐き気や関節痛みを軽減する働きがあります:

材料

  • シナモンスティック 1本
  • 新鮮なバニラビーンズ 1つ
  • 梨 ½個
  • 生姜 3cm分
  • 沸騰させた湯 1カップ

使用方法

  • 沸騰した湯の中にシナモン、バニラ、梨、生姜を加えます。
  • 10分間そのままにして抽出します。
  • お好みに応じて冷ましてから飲むか、氷を加えて飲んでください。

3. ナチュラルオイルを使ったホームメイドクリーム

エッセンシャルオイル

肌の水分を保つ効果的な方法の一つに、ホームメイド保湿クリームがあります。天然成分で作られた保湿クリームを塗布することで、安価に肌の保湿を行います。

必要な材料は、少量のクリームと自宅にあるオリーブオイルだけです。オリーブオイルは、肌を再生して潤いを持続させる抗酸化物質と脂肪酸が豊富に含まれる、肌の保湿に高い効果を発揮するオイルです。

材料

  • ボディークリームまたは中性ボディークリーム 150 ml
  • エクストラバージンオリーブオイル 大さじ2
  • 蓋つきプラスチック容器 1個

作り方

  • 容器の中でクリームとオリーブオイルをしっかりと混ぜます。
  • 通常のクリームの代わりに保湿クリームとして使いましょう。
  • またお好みのエッセンシャルオイルを数滴加えると、クリームが良い香りになります。
  • 保湿効果を高めるために、市販のビタミンEカプセルを加える方法があります。

4. ナチュラルソープを使用する

水分を十分に摂取しているのに肌が乾燥してきたら、使用中の石鹸が原因である可能性があります。

市販の石鹸は肌に必要な皮脂を取り去りますが、天然素材だけで作られたナチュラルソープと呼ばれる中性石鹸は、肌に自然な油分を補給します。

石鹸を買うときは成分ラベルを確認してください。最もおすすめなのはグリセリンまたはアロエベラが含まれているものです。

こちらの記事もご参考に:皮膚炎に効くグリセリン、プロポリス、クレイの石鹸

5. 浴室で熱湯を使用しない

熱湯の危険性

寒い日の熱いお風呂やシャワーは最高です。しかし熱すぎるお湯には、皮脂を取り除いてしまうリスクがあります。

肌の潤いを保つためには、冷たい水での入浴やシャワーが理想的ですが、ぬるま湯ならば問題はありません。どうしても熱湯を使いたい場合は、15分までにしてください。

また入浴やシャワーの後はしっかりと肌を保湿してください。

6. 果物をたっぷりと食べる

果物には肌を保湿する効果があります。おいしいだけではなく水分を豊富に含む果物を食べることで、潤いのある肌を保つことができます。1日2つ以上の果物を食べましょう。