冷水よりも白湯を飲むべき4つの理由

9月 19, 2017
冷たい水を飲むと、偏頭痛を引き起こしてしまう事があります。白湯は、消化機能を活発にし、体から毒素を排除する事を促します。

水を飲むとき、多くの人が冷たい水を飲んでいます。特に夏は冷たい水を飲む事が多いと思います。ところが、この水の飲み方を変えるだけで驚くべき効果を得る事ができるのはご存知でしょうか?

冷水を白湯に変えるだけで、素晴らしい効果があります。それではその効果についてご紹介しましょう。

1、消化機能

白湯は消化機能をサポートしてくれます。

冷たい水は、食べ物の中に含まれている脂肪を固めてしまいます。この事で、消化のスピードを下げてしまいます。ところが、白湯はそれとは逆の働きをしてくれます。

  • 白湯を飲む事で、消化のスピードが上がります。さらに、食べ物からの栄養の吸収も促進してくれます。それに加えて、便秘などの他の消化機能の問題も未然に防ぐことができます。

2、呼吸器系

白湯は、冷たい水よりも呼吸器系に良いと言われています。

冷水は、粘膜を刺激してしまいます。さらに、呼吸器系の感染症を起こすリスクや喉に問題を起こすリスクを高めてしまいます。

  • 白湯はを落ち着かせ、炎症を抑えてくれます。
  • 呼吸器系疾患を患っている場合には、白湯がお勧めです。朝起きてすぐの口の渇きを潤すのにも効果的です。

3、免疫システム

冷たい水を飲む事は、血管の収縮の原因になります。逆に、白湯は血管を広げてくれます。

結果として、血流が良くなり、内臓や組織に血が効果的に通るようになります。白湯を飲むという簡単な事だけで、毒素を出す事を促進し、体を中から綺麗にすることができるのです。

4、神経系

気温が低さが、頭痛の原因になる事があります。冷水は、これと似たような作用がある事が分かっています。

普段から偏頭痛持ちの方は、冷たい水を飲む事によってさらなる重大な疾患などの原因を引き起こしてしまう可能性があります。

白湯を飲む事で、痛みを軽減し、頭が締め付けられるような感覚も抑える事ができます。

その他

毎日、およそ6杯から8杯の白湯を飲む事が薦められています。

  • この推奨されている量の白湯を飲む事で、肝臓、腎臓、消化器、免疫システムの機能を助ける事ができます。十分な量を飲まない場合、逆効果になる可能性もあるのでご注意ください。
  • 白湯を飲む事によって、関節もスムーズに動くようになります。靭帯の抵抗力も上がります。
  • 推奨されている量の白湯を毎日飲むと、腎臓結石のリスクも下げてくれます。それと同時に、尿路感染症のリスクも下げてくれます。
  • 白湯は、ダイエットの最大の味方と言っても過言ではありません。食欲を抑えてくれるだけでなく、効果的に脂肪を代謝する事を促進してくれます。

食事の10分前に1杯の白湯を飲むと、食欲を抑える事ができます。また、浮腫みを和らげるのにも最適です。

その他にも、白湯を飲む事で防ぐことのできる健康上の問題がたくさんあります。体の水分が十分でない場合、体内の毒素や発がん性物質の濃度が高くなってしまいます。

ところが、これはきちんと水分を摂る事で尿から出す事ができるのです。

体に十分な水分を与える事で、自分の体を守る事ができます。体の酸のレベルも、コントロールできるのでアンチエイジングにもつながります。

毎日、専門家が推薦するように6杯から8杯の白湯を飲めば、体に必要な水分を摂る事ができ、体も正しく機能するようになります。

もちろん、冷たい水でも水分補給はできますが、白湯の方がより効果的です。

メイン画像はwikiHow.comのご厚意により使用させて頂いております。

 

あなたへおすすめ