【断捨離】おすすめのやり方とその効果

断捨離で不要なものを処分し、スペースを確保することで、余ったスペースを有効に活用しましょう。やり方を詳しくご紹介します!
【断捨離】おすすめのやり方とその効果

によって書かれた Jonatan Menguez

最後の更新: 10 1月, 2023

帰宅時に視界に飛び込むものが、散らかってカオスな光景、という状態は、なんとなく不安感を感じるものです。少なくとも週に2、3時間は掃除と整理整頓に充てなければ、数日もすれば家が綺麗になるのは確かです。幸い、不要なものを処分して整頓された空間を手に入れるための整理整頓方法があります。

壊れているから、気に入らないから、もう古くなったからなど、使っていないものを処分するのが基本の考え方です。消費主義的な傾向が強い社会では、多くの家庭でモノの蓄積が問題になっています。このような状況は、環境の乱れにつながり、その全体的な混乱が自分の頭にも伝わり、落胆やストレスの一因となるのです。

「断捨離」とは?

整頓方法
断捨離メソッドは、家に調和を取り戻す助けになります。

「家が散らかっている」ことの問題は、どこに物があるかわからないだけではありません。物があちこちに散乱し、服の山ができているようなカオス状態の家は、疲労感やイライラ感を高めてしまうのです。

だからと言って、買いだめ症候群や強迫性溜め込みに悩まされる必要はありません。何かを消費することが幸せとされる社会では、無駄な物を手に入れたり、せいぜい短期間しか使わなかったりすることがよくあります。そこで、「断捨離」という片付け方法があります。

これは、掃除や整理整頓、そして何よりも不要なものを切り離すことを優先した事例です。断捨離とは、「不要な物を減らす」という考えです。断捨離を行えば、たった1日数分で、家の中のあらゆる場所に視覚的・物理的な安らぎを取り戻すことができます。

こちらの記事もおすすめ: 重曹を使ってタオルを清潔にする方法

断捨離のメリット

家の隅に物が溜まり始めるのには、さまざまな理由があります。散らかり放題になるのは仕方ないことです。必要に迫られるのが怖い、思い入れがある、かわいそうなどの理由で、本当に無駄なものをとっておいてしまうこともあるのです。

持っていたことすら忘れて、整理整頓や引っ越しの日に「こんなもの持ってたっけ」と発見するのは良くあることです。断捨離は、邪魔なものをすべて排除することを前提に提案されています。家の中の空間をスッキリさせて、より使いやすくすることは、実用的にも感情的にも一連の利点があります。

  • より効果的な掃除。必要なものだけで整理された家では、掃除の日数も短くなり、作業も楽になります。
  • ホコリが少なくなる。隅にたまったほこりや汚れも減ります。
  • ストレスが減る。隅に物が積まれた雑然とした風景は、疲労感やイライラを増大させ、ストレスの一因となります。
  • 集中力が高まる。整理整頓された部屋は、集中力と創造力を高めます。
  • 節約になる。断捨離を実践しているうちに、忘れていたものが見つかり、二度と買わなくなる可能性があります。また、不要な物を売ることができるかもしれません。

断捨離するためのヒント

世界中の多くの文化で、特定の日に儀式を行い、使わなくなったものを浄化しています。例えば、新しいエネルギーで1年を始めるために、ラテンアメリカのいくつかの国では、通常、焚き火が設置され、役に立たないものは燃やされます。

断捨離では、このような儀式は行いませんが、空間をきれいにするための一連の習慣を提案します。物を分類し、古いものを捨て、まだ良い状態でも使っていないものは寄付する、これらはすべて家の調和に貢献する行動です。

では、その方法を見ていきましょう。

棚卸しをする

断捨離を始めるには、まず環境全般を分析し、どこから手をつけるかを考え、優先順位を決めます。そして、大きな箱を3つ以上用意するのをおすすめします。その中で、捨てるもの、寄付や売却できるもの、家の中の整理をするものに分けるとよいでしょう。

断捨離の方法を決めてコミットする

多くの片付けの専門家が、実践で最も難しいのは最初の一歩だと口を揃えます。始めることができれば、秩序を維持するために割く時間を毎日または毎週設定するとよいでしょう。また、真剣にタスクにコミットするために役立つのが時間制限を設けることです。他にも、最も散らかっているエリアから始めて、最初に取るべきステップのやることリストを作ることを勧める人もいます。

ミニマリズムを取り入れる

ミニマリズムとは、インテリアの装飾において、必要な要素だけが存在するスタイルのことです。この傾向を断捨離の方法に応用する必要はありませんが、心に留めておく価値はあります。整理整頓をするときは、できるだけミニマムに、目につくものをほとんど残さないようにしましょう。そうすることで、すぐに散らかった部屋に戻ってしまうことを避けることができます。

デジタル化する

企業や事業所がアーカイブを作成するのと同じように、デジタル化はスペースを節約するのに非常に効果的な方法です。写真集、本、ノート、日記、フィルムなどに適用することができます。一部の物理的なコピーには思い入れがあるかもしれませんが、それ以外はハードディスクやクラウドに保存しておくべきです。

クローゼットを片付ける

整頓方法
クローゼットをチェックして、残すべき洋服と寄付すべき洋服を選びます。

クローゼットは、断捨離メソッドを適用するのに最適なスペースです。洋服は、サイズが合わなくなったり、シミや穴が開いたりして、使わなくなることが多いものです。また、流行遅れや趣味が変わったということもあるかもしれません。

このような洋服は、どれが必要でどれはもう着ていないのかを正直に考えながら、整理することをお勧めします。状態の良い服は、寄付をすることもできます。最後に、新たに溜め込まないためにも、洋服を色やサイズ、種類ごとに分類して、クローゼットを整頓しておくことをおすすめします。

こちらもお読みください:家の邪気払いの5つの方法

極端なことを避ける

一般的な無秩序に陥らないようにするには、消費者の衝動を抑える必要があります。不要なものを買わずに、間違いなく役に立つものに集中しましょう。

しかし、一方で、すべてを処分したり、どんな要素にも愛着を感じないようにする必要はありません。プレゼントや何年も前の品物、あるいは思い出の場所や時間が、私たちに大きな喜びを与えてくれることはよくあることです。ですから、自分の持ち物と本当に必要なもののバランスをとって、家の中の秩序を保つことが大切なのです。

こちらの記事もおすすめです。
キッチンをすっきり片付ける6つの方法
みんな健康
で読むことができます。 みんな健康
キッチンをすっきり片付ける6つの方法

モデルルームや外国のドラマに出てくる様な、すっきりしたキッチンって憧れますよね。機能的にすべてがすっきりと収まり、欲しい物がすぐ出てくるとイライラも減ります。キレイに片付いたキッチンはドラマの中だけのものではありません。余分なイライラを減らすためにも、キッチンはすっきりと片付けておきましょう。




ここに記載された内容は、情報提供のみを目的としたものです。専門家による診断、治療、推奨を促進したり、それらに代わるものではありません。疑問がある場合は、信頼できる専門医に相談し、許可を得てから施術を開始しましょう。