家の中の空気をきれいにする7つの方法

11月 3, 2019
見ただけではわかりませんが、特に窓を閉め切っている場合には家の空気は新鮮ではなくなります。そのため、家の中の空気の質を高め、あなたと家族の健康を改善する方法をご紹介します。

家の中の空気をきれいにするには、家族全員の健康に繋がる習慣を受け入れる必要があります。

見落としている人は多いですが、室内環境には汚染粒子やあらゆる種類のアレルゲンがゆっくりと蓄積されています。これらは、喘息、アレルギー、または他の病気の原因になる可能性があります。

また、世界保健機関(WHO)は、空気汚染によってもたらされる健康への影響について警告を発しました。WHOの報告によれば、呼吸している空気中に浮かぶ微粒子は、喘息や他の肺疾患の症状を悪化させる可能性があるとのことです。

しかし、室内の空気の質を改善するための簡単な習慣を受け入れることによって、これらのリスクを最小限に抑えることができます。

このトピックについて興味を持っていただけましたでしょうか?

本日は、このトピックに関する情報と家の中の空気をきれいにするための7つの方法をご紹介します。

家の中の空気をきれいにするのが重要な理由

基本的には、家族の健康のために家の中の空気をきれいにすることが重要なのです。新鮮でない空気は有害となり、呼吸器系、さらには肌の健康にさえもリスクをもたらします。実際、一般的なアレルギーや感染症の多くは、身体に入り込んだ有害な粒子の蓄積によるものです。

これらの汚染物質は、気管支炎、アレルギー、頭痛、心疾患などのリスクを高めます。要するに、長い間過ごす場所の空気がきれいでない場合には、免疫系に影響を与えるのです。また、既存の症状を悪化させる可能性もあります。

次に当てはまる人は、有害な空気の影響をより受けやすいです。

  • 心臓または呼吸器疾患をもつ人
  • 赤ちゃんや幼い子ども
  • 高齢者
  • 免疫疾患をもつ人
  • 妊婦
  • 糖尿病と診断された人

ご存知ですか?自宅に置いている植物から得られる健康的恩恵とは?

家の中の空気をきれいにする7つの方法

家の中の空気をきれいにするには、いつもの掃除方法では十分ではないかもしれません。目にはきれいに映っていても、あらゆる表面に汚染粒子が残っていることが多いのです。

家の中の空気をきれいにするためのアドバイスをいくつかご紹介します。

1.空気清浄機を使用する

家の空気

それぞれの家のニーズに合わせるため、あらゆる種類の空気清浄機があります。この機械は、家の中にある汚染物質を取り除いてくれます。

空気洗浄機の使用を考慮してみましょう。

2.エアフレッシュナーやキャンドルの使用を避ける

香りのあるキャンドルやエアフレッシュナーにはさまざまな化合物が含まれており、特に免疫系が弱い人にはアレルギーの引き金となる可能性があります。魅力的な香りはしますが、家に新鮮な空気をもたらしてくれるわけではありません。

代わりに、天然のものを使用したり、自分で作ってみましょう。

3.エアコンや暖房のフィルターを掃除する

無視されていたり、手に負えないことが多いですが、エアコンや暖房のフィルターはほこりや汚染粒子をたくさん蓄積しています。時間が経つにつれて、呼吸器の健康に害を及ぼす可能性があります。

そのため、定期的にフィルターを掃除または交換をしてください。(通常、30日~6か月毎の手入れが必要です。)

こちらもご参考に:適切なエアコンの設定温度とは?

4.かけられるところ全てに掃除機をかける

家の空気

掃除に関していえば、掃除機は家の空気をきれいにしてくれる心強い味方です。家のあらゆる隙間に溜まったほこり、死細胞、動物の毛などの粒子を簡単に取り除くことができます。

毎日掃除機をかけるように心がけましょう。

5.寝具やぬいぐるみを洗う

寝具、服、タオル、ぬいぐるみはほこりやダニの住処となりやすく、呼吸器の症状を悪化させたり、肌の問題を引き起こす可能性があります。

大掃除をして家の空気をきれいにする際には、殺菌剤を加えて洗ってみましょう。

6.湿気のあるところのカビを取り除く

どの家にも湿気が集まるところがあります。浴室やキッチンなどのような場所は、カビの成長に悩まされることが多いです。この種の病気を引き起こす菌は、醜い暗い斑点や悪臭をもたらすだけでなく、胞子が空気中に拡散して肺に入ってしまうので、呼吸器の健康にも影響を与えます。

カビは湿気があるところで繁殖します。そのため、湿気がなければカビが生えることはありません。湿気が多いところに重曹を直接かけ、数時間後に拭き取ります。必要に応じて、この作業を繰り返しましょう。

重曹は優れた乾燥剤なのです。

7.毎日数時間、ドアと窓全てを開ける

家の空気

最後にご案内する方法は、1日最低でも30分間ドアと窓の全てを開けることです。シンプルな方法ではありますが、空気を自由に循環させ、家の環境をきれいにしてくれます。交通量が少ない時間帯や花粉が少ない時間帯に、数時間ドアや窓を開けたままにするのが理想です。

まとめ

室内の空気汚染は、肌と呼吸器系の両方に影響を与える可能性があります。目では見えないかもしれませんが、どの家にも有害な粒子がたくさんあるのです。

そのため、上記の習慣を取り入れて、家の中の空気をきれいにしましょう。

  • Bernstein, J. A., Alexis, N., Barnes, C., Bernstein, I. L., Bernstein, J. A., Nel, A., … Williams, P. B. (2004). Health effects of air pollution. Journal of Allergy and Clinical Immunology. https://doi.org/10.1016/j.jaci.2004.08.030
  • Brunekreef, B., & Holgate, S. T. (2002). Air pollution and health. Lancet. https://doi.org/10.1016/S0140-6736(02)11274-8
  • Perez-Padilla, R., Schilmann, A., & Riojas-Rodriguez, H. (2010). Respiratory health effects of indoor air pollution. International Journal of Tuberculosis and Lung Disease.
  • E., P. (2017). Presence of Household Mold, Children’s Respiratory Health, and School Absenteeism: Cause for Concern. Journal of Environmental Health.
  • Anderson, J. O., Thundiyil, J. G., & Stolbach, A. (2012). Clearing the Air: A Review of the Effects of Particulate Matter Air Pollution on Human Health. Journal of Medical Toxicology. https://doi.org/10.1007/s13181-011-0203-1