家の邪気払い5つの方法

· 1月 23, 2018
家の邪気払いをすることは、精神と感情のバランスを保つ助けになります。植物やお香は、家の悪い気を取り除くのに理想的なアイテムです。

人生には、何事もうまくいかない時期があります。

経済的な問題や仕事の問題、過剰なストレス、身体の不調や恋愛の問題などが重なったりします。

良いことばかりではないのは当然のことですが、このような状況に陥った時に、良い気で身を守る方法があります。

精神を強くして、一つ一つの出来事に落ち着いて対処することが、理想的でしょう。

もしあなたが場所・物・人の気に敏感で感じとることが出来る人なら、邪気払いをすることをおすすめします。

邪気払いをすれば、精神と感情のバランスのとれた状態を手に入れるため、悪い気から自分の身を守らなければなりません。

今回は、家に邪気が溜まるのを防ぐために最もよく利用される方法をいくつかご紹介します。

こちらの記事もご参考に:ネガティブな影響から自分の身を守るために

1. 酢水

赤いボールに入れた酢

邪気を払うのに使われる酢水を使って雑巾やモップなどで掃除しましょう。

家の奥から始めて外に向かって進め、家の外につながるドアで終わります。部屋の隅や隠れた場所は特によく掃除をしましょう。

2. お香

お香

恐らく小さい頃から、両親やおじいさんおばあさんが特定の日に家でお香を焚くのを見たことがあるでしょう。

これは単に特定の植物を燃やすだけですが、それらの植物が家の悪い気を取り除くのを助けてくれると言われています。

多くの種類のお香がありますが、あなたにとって最もよいと感じるものを選んでください

恋愛のチャンスを呼ぶため、考えを整理するため、睡眠を改善するため、争い事を防ぐためなど、あらゆる用途のお香が販売されています。

3. 植物

ヘンルーダの鉢植え

植物を家に置くと、空気をきれいにしてくれるだけでなく、精神的・感情的な健康に多くの利益をもたらしてくれます。

おすすめはヘンルーダという、悪い気を払い「不運続き」を終わらせてくれることで有名な植物です。2鉢用意し、両端に置くのがおすすめですが、右に雌株、左に雄株を置きましょう。

ご存知ですか?:植物を部屋の中に置く7つのメリット

4. 火

色とりどりのロウソク

その浄化能力からスピリチュアルな世界では火がよく使われます。

天然の材料を使った手作りキャンドルを用意して、邪気払いを行いましょう

色によって異なる効果があるため、専門店で何色があなたの状況にふさわしいか質問してみてください。

邪気払いを始める前に、キャンドルそのものを浄化するためにオリーブオイルを塗ります。

  • 人生で何かを呼び込みたいと考えているときは、オイルをキャンドルの上から下へ半分まで塗り、次に下から上へ半分まで塗ります。
  • 逆に何かを自分から遠ざけるためであれば、オイルをキャンドルの半分から上に向かって塗り、次に半分から下に向かって塗ります。
  • キャンドルの浄化が終わったら、呼び入れたいもの、または遠ざけたいものを念じます。
  • 紙にあなたの願望や目的を書き、願いをかなえる力をキャンドルに与えるということを強く念じます。
  • 同じように、家を良い気、愛、平穏と調和で満たしてくれるよう願います。
  • キャンドルに木製のマッチで火をつけ、願い事を繰り返しながら家中をくまなく歩き回ります。
  • 歩き終わったら、キャンドルが完全に燃え尽きるまで置いておきます。

5. 窓やドアを開ける

窓を開ける女性

家の中に光と新鮮な空気を入れましょう

少なくとも1日に数分は窓やドアを開けましょう。この邪気払いを毎日、できれば朝一番に行いましょう

こうすることで、家に光と新鮮な空気をふんだんに取り込むことができます。

邪気払いに永続的な効果はありません。そのため、毎日または定期的な邪気払いの習慣をつけましょう。