重曹とレモンを家庭の掃除に活用する5つの方法

重曹とレモン汁を組み合わせることで、殺菌効果があるナチュラルクリーナーを手に入れることができます。今回は、家庭での使い方をお伝えします。
重曹とレモンを家庭の掃除に活用する5つの方法

最後の更新: 16 3月, 2022

重曹とレモンを混ぜたものを家庭の掃除に利用する方法はいくつかあります。多くの人がこの環境に優しい処方を選んでいるのは、両方の成分がさまざまな表面の細菌を殺すのに役立つ殺菌作用を持っているからです。

また、カビの汚れを白くしたり、油汚れやほこり、その他の臭いの原因となる物質をきれいにする効果もあります。そして何より、この2つの成分を使うことで、環境破壊を引き起こすことはありません。

重曹とレモンの組み合わせはまだ試してみたことがないですか? お掃除グッズに取り入れてみてくださいね!

重曹とレモンの特性

家庭の掃除に重曹とレモンを使うのは、単なるエコの流れではありません。最近でこそポピュラーになりましたが、実は昔から使われている裏技のひとつなのです。

重曹には、多くの表面の汚れを落とす性質があります。例えば、Mycopathology誌に掲載された2012年の研究では、表面に付着したカビを除去するのに有効だとさえ言われています。

ただし、表面によっては腐食する可能性があるため、取り扱いには非常に注意が必要です。実際、ブラジルで行われた研究では、コンピュータのキーボードの消毒に有効であるにもかかわらず、-アルコールと組み合わせた場合-、この元素がキーボードに美的ダメージを与えることも判明したのです。この研究は、2018年にEnvironmental Monitoring & Assessment誌で発表されました。

一方、The Journal of Food Safetyに掲載された研究によると、レモン汁には抗菌作用があるそうです。同様に、油汚れを落とす効果があるとも言われていますが、この点については科学的な根拠はなく、あくまで俗説に基づくものです。

家庭での重曹とレモンの使い方

次に、この組み合わせで最も広く使われているものを挙げてみます。先にも述べたように、使用には注意が必要で、皮膚に直接触れないように、使用時には手袋を着用することが望ましいです。また、体の粘膜、すなわち目、鼻、口、親密な部分への接触も避ける必要があります。

2011年にエルサルバドル大学で発表された論文で指摘されているように、重曹は大量に投与されると真皮に有害で、アレルギー反応を引き起こす可能性があります。また、レモンはその酸性度から、皮膚に同様の影響を与える可能性があります。

一方、記載されている用量は伝統的な調合に基づくものであり、科学的な裏付けがないことも念頭に置く必要があります。したがって、家庭の掃除に使おうとする場合は、注意が必要です。

1.重曹とレモンの万能クリーナー

重曹とレモンの万能クリーナー 掃除
重曹とレモンを使って、万能なクリーナーを作ることができます。

重曹とレモンを配合したクリーナーは、床やタイル、浴室の除菌に有効です。直接塗布することで、表面に蓄積した微生物を除去し、水垢を落とすことができます。

材料

  • レモンの絞り汁 1個分
  • ぬるま湯 1カップ(約250ミリリットル)
  • 重曹 大さじ2(約30グラム)

作り方

  • 重曹とレモン汁をカップ1杯のぬるま湯で薄める。

使用方法

  • きれいにしたい部分に液をスプレーし、5分ほど放置します。
  • その後、ブラシやスポンジでこすり、すすぎます。

2.白い服用の洗剤

重曹とレモンの代表的な使い方は、白い服の専用洗剤として使うことです。理論的には、漂白有効成分を濃縮しているため、汚れ落としに効果が期待できるからです。

しかし、このように有名であるにもかかわらず、この使い方の有効性を裏付ける科学的な研究はありません。まずは一着の衣類で試してみることをおすすめします。うまくいったら、他のものにも使ってみてください。

材料

  • レモン2個分の果汁
  • お湯 3カップ(約750ミリリットル)
  • 重曹 1/2カップ(約100グラム)

作り方

  • 洗面器に重曹を入れる。
  • その後、レモンの絞り汁とお湯を入れます。

使用方法

  • 洗濯物を1時間浸け、いつも通り洗濯機ですすぎます。
  • 頑固な汚れには、重曹とレモンを混ぜたものを衣類にこすりつけます。

3.重曹とレモンで作るキッチン用油汚れ落とし

重曹とレモン キッチン用油汚れ落とし

レモン汁に含まれるクエン酸には、キッチンやオーブンの表面にたまった油汚れを落とす働きがあると言われています。これらの自家製掃除の推奨事項の主張に従って、重曹はこれらの効果を高め、作業をはるかに容易にする可能性があります。

以下がその方法です。

材料

  • レモンの絞り汁1個分
  • 重曹 1/2カップ(約100グラム)
  • ホワイトビネガー 大さじ3(約30ミリリットル)

作り方

  • まず、深めのボウルに重曹を入れます。
  • レモン汁を入れ、発泡効果がなくなるのを待ちます。
  • 最後にホワイトビネガーを入れる。

使用方法

  • 油汚れの部分にスプレーし、数分間放置します。
  • その後、スポンジでこすり、すすぎます。

4.金属磨き

家庭内の金属製品は、汚れや洗剤の残りかすが蓄積して、くすんだ印象になることが多いものです。重曹とレモンを使うことで、特にカビ汚れを落とす際に、本来の輝きを取り戻せるかもしれません。

材料

  • 重曹 大さじ1(約15グラム)
  • レモン汁 大さじ1(約10ミリリットル)

作り方

  • 重曹とレモン汁を混ぜ合わせ、ペースト状にします。

使用方法

  • 溶液を金属部分に塗布し、数分間放置します。
  • 最後に、柔らかい布で磨きます。

5.食器洗い機には重曹とレモンの溶液を

食器洗い機 重曹とレモンの溶液

従来の食器洗い乾燥機の寿命は延びましたか? コーヒーカップの洗浄が必要ですか? それなら、重曹とレモンを使った溶液を用意しましょう!  脱脂力と殺菌力があるので、 食器を清潔に保つのに良い方法と言われています。

材料

  • レモンの絞り汁 2個分
  • 重曹1/2カップ(約100g)

作り方

  • 重曹とレモンで固形ペーストを作る。発泡作用でこぼれないように、深めの容器に用意する。

使用方法

  • スポンジで食器に本品をこすりつけます。
  • その後、たっぷりの水で洗い流してください

重曹とレモンは注意して使用してください

この記事で見てきたように、必要な注意を守れば、重曹とレモンは家庭の掃除で多くの作業を容易にすることができます。

その際、注意すべき点は、アレルギーや肌荒れなどの副作用を防ぐことであることを覚えておいてください。

こちらの記事もおすすめです。
重曹入りトイレ洗浄タブレットの作り方
みんな健康
で読むことができます。 みんな健康
重曹入りトイレ洗浄タブレットの作り方

あなたはトイレの掃除に何を使っていますか?必ずしも高価な化学製品を購入し、使わなくてはいけないということはありません。もちろん、ドラッグストアに買いに行く方が早い、という方が大半かと思いますが、天然素材を使いたい方や化学物質は使いたくないという方もたくさんいるでしょう。



  • Letscher-Bru, V., Obszynski, C.M., Samsoen, M. et al. Antifungal Activity of Sodium Bicarbonate Against Fungal Agents Causing Superficial Infections. Mycopathologia 175, 153–158 (2013). https://doi.org/10.1007/s11046-012-9583-2
  • Nepomuceno DB, Lima DV, Silva MO, Porto JC, Mobin M. 2018. Evaluation of disinfectants in order to eliminate fungal contamination in computer keyboards of an integrated health center in Piauí, Brazil. Environmental Monitoring & Assessment. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/30255210
  • Ajbani, K., Chansky, ME y Baumann, BM (2007, 27 de diciembre). Remedio casero, toxicidad casera: ingestión de bicarbonato de sodio para la dispepsia. Recuperado de https://www.sciencedirect.com/science/article/abs/pii/S0736467907006026
  • Landaverde, R., Madai, E., Velásquez, R. e Ivania, G. (2011, 1 de mayo). Investigación de la demanda comercial y calidad fisicoquímica del bicarbonato de sodio dispensado en las farmacias comerciales del área metropolitana de San Salvador. Recuperado de http://ri.ues.edu.sv/id/eprint/614/