腸管感染症のための3つの自然療法

4月 25, 2019
腸管感染症は、トイレに行った後や公共の場で物に触れた後に正しく手を洗わないことなどによって引き起こされることもあれば、ウイルスやバクテリアに引き起こされることもあります。

腸管感染症は珍しいものではありません。特に子供の頃に感染することが多いですが、どの年齢でも感染する可能性があります。環境から引き起こされることもあれば、飲み水や普段食べている食べ物から引き起こされることもあります。

素早く行動し、必要な処置をする必要があるので、症状には細心の注意を払いましょう。子供高齢者の場合は、脱水が健康を脅かす非常に危険な天敵となります。

この記事では、腸管感染症について、その症状について、そして原因と予防方法についてご紹介します。また、自然療法を使った家での治療方法についてもお話します。

こちらもご参考に:肌の健康に役立つ生姜を使った6つの自然療法

腸管感染症の原因

腸管感染症の原因

 

  • 期限切れの食べ物、または細菌にさらされた食べ物(適切な食品の取り扱いに従っていないなど)
  • 寄生虫や細菌でいっぱいの水
  • 人から人へと感染するウイルス
  • トイレの後に手を洗わない
  • 動物や人間の排泄物に触れる

症状

先ほども述べたように、さまざまな症状があり、特定のグループにはより症状が強くなる可能性があります。

  • 熱、震え、寒気
  • 衰弱
  • 吐き気と頻繁な嘔吐
  • 疲労と無気力
  • 寄生虫による腹部の炎症
  • 下痢
  • 脱水
  • 腹鳴

予防

腸管感染症の予防

腸管感染症の予防方法はたくさんあるので、習慣に取り入れましょう。

  • トイレに行った後や、路上や地面の物を扱った後に手を洗う
  • サニタイザーをよく使う
  • 衛生面に不安が見られるような場合には、そうした露店などの食べ物を食べない
  • 食べる前に消費期限を確認する
  • 使う前に果物や野菜を洗う
  • 信頼できない井戸や蛇口から水を飲むことを避け、常に飲料水を飲む
  • 食べ残しを保存する場合には、細菌の増殖を防ぐために冷蔵庫に入れる
  • 細菌を生み出す可能性がある食べかすを残さないように皿をよく洗う

腸管感染症のための3つの自然療法

1.生姜水

生姜水

生姜は優れた薬効成分を含んでいます。その抗菌作用と抗ウイルス作用のため、腸管感染症の治療に使うことができますよ。

それは身体が感染と戦うのを助けてくれます。また、腸を整えることを助け、腸の粘膜の炎症を和らげ、そして痛みと腸の炎症を減らしてくれます。

材料

  • 生姜 大さじ1(15g)
  • 水 2カップ(500ml)

作り方

  • 沸騰するまで水と生姜を加熱します。
  • 沸騰し始めたら、火からおろします。
  • 粗熱が取れたら、ペットボトルに注ぎます。
  • 1日中その液体を飲みます。1本飲み終わったら、もう1本作りましょう。
  • 腸管感染症を治療するには、2本飲むことが理想的です。

こちらもご参考に:美味しいショウガとターメリックのハーブティーで痩せよう

2.ペパーミントティー

ペパーミントティ

ペパーミントティは、炎症を暖和し、腸壁の刺激を和らげるという点で優れた治療法です。そのため、腸管感染症の治療をするための最適な選択肢ですよ。

このお茶は、余分な腸のガスも吸収してくれます。さらに、腹部の不快感をすぐに和らげることができる抗けいれん効果があります。

ペパーミントはまた、胃を落ち着かせるのを助けてくれます。そのため、めまいや嘔吐のような症状がある腸管感染症には役に立ちます。

材料

  • 乾燥したペパーミントの葉 スプーン1杯(15g)
  • 水 1カップ(250ml)

作り方

  • 沸騰するまで、ペパーミントを入れた水を加熱します。
  • 沸騰し始めたら火を消して、5~7分そのままにしておきます。
  • 1日に3回飲むことがお勧めです。

3.レモン汁と水

レモン汁

レモン汁は、腸内のあらゆる不純物と闘い、浄化するのを助けてくれる非常に効果的な自然療法です。感染の原因となっている微生物も排除してくれます。

また、整腸にも役立ちます。そのため、腹痛、けいれん、食欲不振、下痢などのいくつかの症状を和らげてくれます。

材料

  • 水 1カップ(250ml)
  • レモン汁 1個分

作り方

  • 1杯の水の中にレモン汁を入れて、かき混ぜて飲みます。
  • 早く症状を和らげるために、1日を通して飲むことが重要です。
  • Kuss, S. K., Best, G. T., Etheredge, C. A., Pruijssers, A. J., Frierson, J. M., Hooper, L. V., … Pfeiffer, J. K. (2011). Intestinal microbiota promote enteric virus replication and systemic pathogenesis. Science. https://doi.org/10.1126/science.1211057
  • Sicard, J.-F., Le Bihan, G., Vogeleer, P., Jacques, M., & Harel, J. (2017). Interactions of Intestinal Bacteria with Components of the Intestinal Mucus. Frontiers in Cellular and Infection Microbiology. https://doi.org/10.3389/fcimb.2017.00387
  • McKay, D. L., & Blumberg, J. B. (2006). A review of the bioactivity and potential health benefits of peppermint tea (Mentha piperita L.). Phytotherapy Research. https://doi.org/10.1002/ptr.1936
  • Saravana Kumar Jaganathan et al. “Role of pomegranate and citrus fruit juices in colon cancer prevention”, World J Gastroenterol. 2014 Apr 28; 20(16): 4618–4625.
  • David Keifer et al. “Peppermint (Mentha ×piperita): An evidence-based systematic review by the Natural Standard Research Collaboration”, Journal of Herbal Pharmacotherapy 7(2):91-143 · February 2007
  • Miranda A.L. VAN TILBURG et al. “Is ginger effective for the treatment of Irritable Bowel Syndrome? A double blind randomized controlled pilot trial”, Complement Ther Med. 2014 Feb; 22(1): 17–20.