子供が頭を打ったときの対処法

· 3月 27, 2019
赤ちゃんや小さなお子さんがいるお家では、子供は遊んでいる時に転ぶ危険があります。親がどれだけ気をつけても、子供とは怪我をするものです。しかしできたら子供の怪我は避けたいですね。

「子供が頭を打った!どうしたらいいかわからない!」

これは実はよくあるケースです。

赤ちゃんや幼児の間は、子供が最も危険な行動を行う時期であり、親にとっても特に目が離せません。

しかしどれだけ注意を払っても、赤ちゃんの行動のすべてをコントロールすること不可能です。

小さい子供が怪我をするのはある程度は避けられないことですが、最小限に押さえたり回避する方法を知ることが大切です。

赤ちゃんは、自分の周りの危険な状況を意識して生活をしていないため、家具の上に登ったり、床の上のおもちゃに気づかないで転ぶことなどがあります。

その中でも危険なのは、赤ちゃんが自立して周りの世界を探検し始める6ヶ月から4歳の間と考えられますが、これには個人差があります。

「子供が頭を強く打ち泣き止まない」

こんな状況になったことはありますか?

状況の危険度によっては、頭を打ったことが原因で深刻な症状が起こることもあります。

家の中ではどの場所が子供にとって危険なのかを理解し、子供が転倒して怪我をしないように事前に対策をとることが大切です。

こちらもご参考に:初めてママになる人へ:赤ちゃんを迎えるにあたって

子供が頭を打った時の対処法は?

子供の行動パターンを理解しましょう。

一般的に子供は、打撲や怪我などの表面的な痛みを感じる事故が多いと言われています。

しかし頭を打ったときには特に注意が必要です。

泣いている子供

子供が頭を打った時に従うべきステップをご紹介します:

  • 静かで落ち着いた場所で子供を手当てします。。
  • 子供の頭を上げながら、タオルで巻いた氷を打った場所にあてて冷やします。
  • 子供に少量の水を与えて、嘔吐の可能性を減らします。
  • 大切なのは子供を落ち着かせることです。子供が落ち着いていれば、症状を冷静に判断することができます。

頭を打った時の状況と深刻度に応じて、いくつかの追加ステップがあります。

切り傷がある場合:

  • 頭に切り傷がある場合は、きれいな水で傷を洗ってください。
  • 万が一頭を打った時に何か物が壊れた場合は、頭の切り傷に破片が残っていないかを確認してください。
頭の怪我

  • 頭からの出血を止めるには、過酸化水素を染み込ませたガーゼを使い、患部を軽くたたくようにして消毒します。
  • 傷が深い場合は、医師が縫う必要がありますので、すぐに病院に行きましょう。

青アザができた場合:

  • 打ち身などで青くなる青アザができたら、適切なケアと注意が必要です。
  • 患部に氷を当てると、アザや腫れが小さくなる効果がありますが、炎症が悪化する場合は、直ちに医師の診察を受けてください。
  • 深刻な症状へと進行するのを予防する効果があります。

こちらもご参考に:赤ちゃんに絶対してはいけない8つのこと

注意するべき症状

頭を打つというのは、大人と子供のどちらにとっても深刻な怪我とみなされます。

頭を打つと、脳へのダメージが心配されるため、頭を打った後は数時間後まで様子を観察することが大切です。

頭を打った時に気をつける症状の一つが眠気です。

そのため、多くの人が頭を打った子供は寝かせてはいけないと考えますが、昼寝などの時間の場合は、子供が眠たがる場合は休ませてください。

頭を確認する医師

吐き気、目のかすみ、失見当識などは、気をつけるべき他の症状です。

これらの症状が現れないかをしっかりと観察し、万が一現れた場合はその頻度や長さを記録してください。

また、脳血管障害の兆候である四肢のしびれや頭痛が起こらないかにも注意が必要です。

これらの症状のどれかが現われたら、すぐに病院に行きましょう。

医師が子供の意識があるかどうか、意識があってもそれが一般的な状態かどうかを診断する必要があります。

医師が子供の状態を診断して、脳への損傷があるかどうかを判断するテストを行うかを決めます。

結論

子供の全身の状態が悪化した場合は、直ちに病院や救急外来行きましょう。

頭を打ってすぐに症状が起こる場合もあれば、後から起こることもあるため、頭を打ってから48時間以内は、細心の注意が必要です。

不慮の事故を避けるためには、子供が普段遊ぶ場所に危険がないかを常に確認して、できる限りの危険を取り除く努力が必要です。

子供は、自分の周りに存在する危険などを全く気にしないことを忘れないでください。

また自分の子供だけでなく、周りの人が「私の子供が頭を打った!」と困っている時には、本記事を参考にしてくださいね。