ヒトパピローマウィルスの治療法

· 2月 20, 2019

ヒトパピローマウィルスの治療法として、医薬の処置の他には、感染する前の予防がとても大切です。

ヒトパピローマウィルス(HPV)に感染した場合、症状と感染箇所によって対処法が異なります。イボができたり、前癌病変、癌にいたることもあります。

体内の免疫システムのおかげで、約90%の確率で、(完全にではありませんが)ヒトの体はHPVを排除することができます。現時点では、ウィルスを完全に対処する治療法はありません。しかしながら、性器疣贅や、ウィルスによってよく現れる症状を完治させる治療法は様々あります。

HPVを予防することはとても重要です。しかし、感染した場合、早期発見と適切な治療で制御することができます。

知っておきたいのは、このウィルスに感染した場合、以後ウィルスはずっと体内に存在し続けることです。体がウィルスを100%除去することはありません。

ヒトパピローマの対処法

イボ(疣贅)

性器疣贅はHPV感染者に頻繁にみられる症状です。男性はペニスや肛門のまわりに小さいイボができます。女性では外陰部や膣、子宮頸部のあたりにイボが現れます。

しかし、このようなイボの原因になるパピローマウィルスの部類は、癌を引き起こすものではありません。

このようなイボを処置する方法は様々あります。

  • 局部ポドフィルム処置:クリームをイボに直接塗布します。ポドフィルムがイボの細胞を殺傷します。そうすることでウィルスを軽減します。
  • 局部イミキミド処置:この薬は体内のウィルスを攻撃する免疫に働きかけ、感染した細胞をより効果的に撃退することができます。
  • トリクロロ酢酸この薬は医師によって投与が必要です。
  • 液体窒素による凍結療法:凍結させることにより、感染した細胞を除去する治療です。
  • 電気凝固法:電流によって細胞を除去する方法です。

こちらもお読みください:手が教えてくれる9つの病気のサイン

前癌病変の治療

手術室 ヒトパピローマウィルス

病状が進み癌と診断されるまでには、何十年とかかることもあります。しかし、感染したからといって必ず癌になるわけではありません。例えば、もし感染した女性が、早期にきちんとした前癌病変の治療を受ければ、高い確率で完治することが可能です。

HPVによる前癌病変の場合の治療は、技術によって様々です。

  • 凍結療法。凍結療法によって細胞を凍らせます。小さな病変の場合とても効果的な治療法です。
  • ループ式電気円錐切除法(LEEP)。LEEPは感染部分をループ型の高周波電気メスで取り除く治療法です。この処置には局部麻酔が必要です。
  • 円錐切除。凍結療法とLEEPでも除去できない場合、または癌に進行している可能性がある場合に、医師が行うのが円錐切除です。メスを使い、円錐型に子宮頸部の細胞サンプルをとります。

HPVに感染しているからといって、癌になっているわけではありません。

悪性HPV病変の治療

ヒトパピローマウィルス

HPVが癌に進行すると、病変部の場所の特定や、腫瘍の成長具合によって様々です。腫瘍が発見されると、癌治療で行われる従来の治療が施されることもあります。

癌治療は下記を含みます。

  • 放射線治療
  • 抗がん剤治療
  • 腫瘍摘出手術

HPVの治療法として専門家たちはマイクロ免疫療法の可能性を研究しています。目標は、免疫システムの規制部に働きかけ、患者の免疫システムを強化することです。しかしながら、この治療法はまだ研究段階です。

こちらもお読みください:ショウガで自家製抗ウィルス薬を作ろう

HPV感染を防ぐには?

ヒトパピローマウィルス

幸いなことに、現在はヒトパピローマを予防するワクチンが2種類あります。どちらも安全性が高く、効果もあります。

HPVを予防するには、個人が初めて性行為を行う前にワクチンの投与を受けることです。女性は9歳〜26歳の間にワクチン投与を受けることが推奨されています。

主な予防方法の一つとして、個人が性行為時の正しいコンドームの使い方を知っておくこと、またオーラルセックス時にもコンドームなどを使用し、直接の接触を避けることが大切です。また、どんな場合でも使用済みのコンドームなどを再度使うのは絶対に避けましょう。

  • Hedge, B. (2014). Sexually transmitted infections. In Cambridge Handbook of Psychology, Health and Medicine, Second Edition. https://doi.org/10.1017/CBO9780511543579.232
  • Galloway, D. a. (2012). Human papilloma viruses. Retrovirology. https://doi.org/10.1186/1742-4690-9-S1-I23
  • Pandhi, D., & Sonthalia, S. (2011). Human papilloma virus vaccines: Current scenario. Indian Journal of Sexually Transmitted Diseases and AIDS. https://doi.org/10.4103/0253-7184.85409
  • Bonanni, P., Bechini, A., Donato, R., Capei, R., Sacco, C., Levi, M., & Boccalini, S. (2015). Human papilloma virus vaccination: impact and recommendations across the world. Therapeutic Advances in Vaccines. https://doi.org/10.1177/2051013614557476