免疫系をぐん!と高めるビタミン4種

6月 7, 2018
ご紹介する4種のビタミンを摂取して、免疫系を強化しましょう。

免疫系を高めるためには、様々な栄養を含んだ食べ物をとることが大切です。と言うことは、健康を保つためにはビタミンが必要不可欠だということです。

風邪やウイルス関連の健康問題が長引いているなら、体が免疫系を高めるためにビタミンを欲しているのかもしれません。ですので、この記事では健康に役立つビタミン4種をご紹介します。

時に、不調の原因は周りの人からのウイルス感染ではなく、自分自身の免疫系の状態であることがありす。

免疫系を強化するビタミン

ここでは、免疫系を高めるビタミンを4種類ご紹介します。体調が悪い時に摂取するのはもちろん、体調が悪くなる前に摂取するのも大切です。そうすれば、体も強くなりますし、免疫系が伝染の可能性がある病気を防いでくれます。

こちらもお読みください:

感染症の対処に効果的な10種類の食材

1. ビタミンA

このビタミンは、免疫系強化のために欠かせません。にんじん・ほうれん草・ブロッコリー・キャベツなどの野菜に含まれており、牛乳やバターなどの乳製品と、メロン・杏・マンゴーなどの果実にも含まれています。

ビタミンA

  • ビタミンAの役割とは? 白血球の生成に関わり、体が感染と戦うために役立ちます。
  • ウイルスが体に侵入した際に非常に大切な役割を果たします。ウイルスと戦い、感染したら即座に攻撃します。

2. ビタミンB

ビタミンBも免疫系を強化してくれます。アボカドなどのフルーツに含まれ、他にもヨーグルトや牛乳などの乳製品や、アスパラガスなどの野菜、肉と魚にも含まれます。

  • ビタミンBは、体内のビタミン(B12やB9など)が不足して、通常、抗体の数が減少しているときに大切です。
  • ですので、抗体の数が減少すると、感染に晒され、感染から治癒する力が弱まります。

3. ビタミンC

スーパーで、オレンジジュースがビタミンCの宝庫として謳われているので、ビタミンCは一番馴染みがあるビタミンかもしれません。

他にも、下記を例とした果実や野菜に含まれています:

  • レモン
  • キウイ
  • いちご
  • ブラックベリー
  • グァバ
  • パセリ
  • 赤パプリカ
ビタミンC

ビタミンCの効果とは?このビタミンを摂取することで、細胞をウイルス感染から守るタンパク質であるインターフェロンの生成量が増加します。したがって、ビタミンCは抵抗力のある免疫系を保つために重要なのです。

4. ビタミンE

最後にご紹介するこの免疫系強化用のビタミンは、クルミやアーモンドやピーナッツに含まれています。その他にも、ひまわりの種や、ホウレン草やブロッコリーにも含まれます。これらの調理に使ったり、サラダにかけるのに最適な油は、ひまわり油・小麦胚芽油・大豆油です。

  • 抗酸化作用があるので、ビタミンEは免疫系強化に役立ちます。
  • ビタミンE不足だと、ウイルス性疾患にかかったり、感染を引き起こす可能性が高くなります。

ビタミンの健康上の重要性

誰もが、ビタミンがいかに健康を保つために重要か過小評価しがちです。過小評価した結果、幅広い種類の食べ物ではなく同じものを食べ続け、フルーツや野菜を食べ損ね、ひいては免疫系を弱める原因を作っているのです。

もちろん、中には、たまにしか風邪を引かない人や、年に数回しか体調を崩さない人もいます。その理由は、強力で抵抗力のある免疫系を持ち合わせているからです。

そういった人は、ビタミン不足に陥らず、前述した食材を多く使った食事をしています。免疫系を高めるビタミン剤は摂取し始めていますか?

ご紹介した理由から、今すぐビタミンA・B・C・Eを含む食事を始めるのをお勧めします。感染する可能性が下がるのが目に見えるはず。時間が経てば、中々病気になりにくくなったことに気づくでしょう。

あなたへおすすめ