膣内イースト菌感染症に効く/家庭療法

11月 12, 2015
膣内イースト菌感染症の主な原因はカンジダ・アルビカンスという細菌です。膣内イースト菌感染症によく効く療法の一つにヨーグルトを使うものがあります。ヨーグルトに含まれる菌には、pHバランス(酸性とアルカリ性のバランス)を回復させる働きがあります。

膣内イースト菌感染症カンジダ膣炎)の原因は、健康的な膣に通常存在している さまざまな細菌です。中でもカンジダ・アルビカンスという細菌は最もよくみられる原因のひとつで、おりもの、臭い、かゆみ、陰唇の赤み(赤みは太股の上部にまで広がる場合もある)などの症状を引き起こします。またその他にも、膣内イースト菌感染症には、医師に「ヴァギノシス・バクテリア―ナ(=細菌性膣炎の意のスペイン語)」と呼ばれるタイプのものもあります。その症状には、強い臭いを伴う多量のおりものなどがあり、これは特に性行為後にみられます。

このような膣内イースト菌感染症の症状が現われたら医師に相談して、この感染症の原因となる菌のタイプに合った適切な治療を受けることが非常に大切です。ここでは膣内イースト菌感染症を治すための家庭療法や健康的な習慣についてご紹介します。

膣内イースト菌感染症を治すための健康的な習慣 

乾燥を保つ

トイレに行った後、よく乾燥させることを心がけましょう。菌は、暖かくて湿度の高い環境下で繁殖するため、入浴後には膣周辺をよく乾燥させることが重要です。

通気性の良い下着を身に着ける

湿気は熱がこもらないように、通気性の良い下着を身に着けましょう。ナイロンの下着を身に着けたい場合は、綿混紡の素材を選びましょう。それから、水泳をした後は、濡れた水着を長時間着たままにしないように注意が必要です。

清潔を保つ

膣内イースト菌感染症にかかったら、刺激の少ない石鹸で体を洗うようにしましょう。体を毎日洗うようにし、タオルや石鹸や衛生用品などを他人と共用しないようにしましょう。また、下着を洗濯する時は、熱湯や、酢を水で薄めた液を使うと殺菌できます。

刺激の強い石鹸を使わない

石けん

刺激の強い石鹸や、アルコール成分を含んだ衛生用品は膣を刺激し、正常な状態のpH(酸性とアルカリ性のバランス)を変えてしまいます。膣内イースト菌感染症にかかったら、膣部を洗う時は少量の酢を水で薄めた液を使いましょう。酢には、膣のpH値を正常な値4.5に戻すのを助ける働きがあります。

膣内イースト菌感染症に効く家庭療法

ヨーグルト

ヨーグルト

ヨーグルトは膣内イースト菌感染症の治療に非常に有効です。ヨーグルトに含まれる菌には、酸性とアルカリ性のバランスを正常な状態へ回復するのを助ける作用があります。膣内イースト菌感染症にかかったらヨーグルトは、たくさん食べるだけではなく、外用薬としても使うことができます。ヨーグルトをぬるま湯に溶かして患部を洗うとよいでしょう。

ホウ酸

膣内イースト菌感染症の治療で、ホウ酸を使う療法は経済的です。ホウ酸が有効なことは、いくつかの研究で証明されています。医師の指導の下で、小さいゼラチンカプセルにホウ酸を詰めて座薬として使用します。これを1日1回、1週間続けます。

ハーブ療法

タイム

かゆみや、ヒリヒリする痛みを和らげたい時は、ローズマリーの抽出液をタオルにつけて外用薬として使用します。

タイム茶も有効です。タイム(大さじ1)を熱湯(1カップ)に入れて作ります。これを一日1~4カップ飲みます。

・ゼニアオイはカンジダ・アルビカンス(膣内イースト菌感染症の原因菌)が起こす症状に非常に有効です。この植物には炎症を抑える作用があり、また、リラックス効果や鎮痛効果もあります。手順は、ゼニアオイの葉(数枚)を清潔な水(1リットル)に加えて煮出し、冷ましてから座浴して膣部を浸します。

あなたへおすすめ