衛生的な下着5選

4月 18, 2018
着け心地の良さだけでなく、適切な下着選びは健康のためにもとても大切なことです。

下着には長い歴史があります。事実、古代文化でも下着を履いていたという記述もあります。何より下着は体の健康を守ってくれます。

最初の下着の発見はセンセーショナルなものでした。

1922年、チュニックの下に着ていた腰巻が、14世紀のエジプトのファラオ、ツタンカーメンの墓から発見されたのです。

これは高貴な男女のみに許されるものでした。

ですが時代と共に経済、工業、テクノロジーを巻き込んだ商品へと姿を変えていきます。

加えて必要性や着心地の良さも増していったのです。

 

下着の機能

付け心地が良く衛生的

清潔な下着

下着にはや体液を吸い取り、それが洋服に着くのを防ぐ役割があります。

・パンティー、ブリーフ、靴下、肌着などがそうです。

 

サポート

下着は男女それぞれ付ける部位によって金属繊維や綿、羊毛、ナイロンなどのテキスタイル原料など、使う材料が異なります。

・女性のブラジャーや男性のブリーフなど

 

ファッション性

ファッション

テクノロジーが発展したおかげで、材料や色、デザインなどファッション性に富んだ様々な下着が登場しています。

また体形を整える下着もあります。また、相手を性的に誘惑する道具としても使われます。

 

どんな下着を選ぶべき?

スタイルや材料、状況に合わせて適切な下着を選びましょう

 

1.コットン下着

おススメの1つはコットン下着です。軽くて柔らかい天然素材で、痒みを防止したり敏感なお肌を守ってくれる衛生的な下着です。

吸収性と通気性に優れており、湿気を閉じ込めません。バクテリアや菌の繁殖を防ぐので感染症のリスクを低下させます。

洗濯にも強く、お肌のphバランスを保ちます。

 

2.自分に合ったサイズ

自分の体形に合った下着選びはとても大切です。

例えばブラジャー。正しいサイズ、自分に合ったカップの形や肩ひものスタイルを選びましょう。合わないものをつけると肩や胸、首や背中が痛くなったりします。

また、ブラジャーは胸のたるみを防いでくれます。

パンティーに関しては、あまりにピッタリしすぎるものは健康にかえってよくない事もあります。

・胃の周りを締めすぎると食道に胃液が逆流してしまう事もあります。

・ウエスト周りをあまり強く締め付けると血流を悪くし、しびれたり不快感をもたらします。

 

3.激しい運動

運動

激しい運動をすると汗をかきます。シルクやレースの下着をつけていると湿気は上手く外に出ることが出来ません。そうすると膣の感染症を起こすことがあります。

・運動をする時はコットン下着がおススメです。また、マイクロファイバー、ポリエステル、ナイロンもおススメです。

また、運動後に清潔な下着を変える事も大切です。

湿気が溜まったり、感染症を予防するためです。

 

4.紐パンは避ける

紐パンは肛門から膣にバクテリアが移動しやすいので、あまり頻繁につけない方が良いでしょう。また、尿路感染症のリスクも高めます

 

5.妊娠期間と授乳期間

この期間は胸が大きくなったりするのでサイズと上げないと痛くなったりします。

・ストラップは重さを支えるため太めのものをおススメします。

摩擦やかゆみを避けるため、乳首周りは継ぎ目のない滑らかなものが良いです。

このように下着の素材やタイプ選びは毎日の健康のためにとても重要です。

正しいものを選んで感染症や病気を予防しましょう。

あなたへおすすめ