【セルライトの種類と撃退法】水性・繊維性・脂肪性って?

セルライトには、脂肪性のもの、繊維性のもの、水性のものがあります。特徴を知ることは、エステの施術を成功させるカギとなります。詳しくみてみましょう。
【セルライトの種類と撃退法】水性・繊維性・脂肪性って?
Leidy Mora Molina

によってレビューと承認されています。 看護師 Leidy Mora Molina.

によって書かれた Luis Rodolfo Rojas Gonzalez

最後の更新: 10 10月, 2022

セルライトは、英語圏「オレンジピールスキン(みかんの皮みたいな肌)」とも呼ばれ、世界中の何百万人もの女性が悩んでいる皮膚の状態です。セルライトは通常、大きな不快感を引き起こし、その人の自尊心に影響を及ぼします。セルライトの種類とその治療法について知ることに興味がありますか? もしそうでしたら、ぜひこの記事を読み進めてください!

皮膚科と性病科のスペインアカデミー(AEDV)(スペイン語の記事)は、85〜98%の女性がセルライトに苦しんでいると推定しています。白人に多く、男性での発生率は10%以下です。

ほとんどの場合、セルライトは、その他の根本的な問題の初期症状です。ホルモン障害、不適切な食生活、特定の食品に対する不耐性などがその例です。皮膚の外観を改善し、その進行を防ぐためには、タイムリーな治療が不可欠です。

セルライトとは?

セルライトは、美容医療では「浮腫性線維硬化性板状組織症」と呼ばれています。代謝や内分泌の異常によって現れる皮膚病です。

通常、皮膚表面に小さなしこりや不規則な凹みで現れます。 研究によると、大腿部、臀部、上腕部、下腹部によく見られるそうです。

通常、妊娠や思春期など、女性のホルモンの変化の際に現れます。それ自体は、脂肪細胞や脂肪細胞の量と大きさが増加し、その結果、血管の流れが変化することによって起こります。

この意味で、脂肪と体液がより多く蓄積され、皮膚繊維の硬化を伴うことで、セルライトの特徴的な外観となります。この美的問題としてのセルライトは、感染性セルライトとは全く別物です。

後者は、皮膚が病原性細菌に侵されたときに現れる炎症性疾患です。オレンジピールスキンと呼ばれる赤るライトとは異なり、感染性セルライトでは、皮膚の表面が腫れ、赤く、熱くなり、触ると痛みを感じるようになります。

セルライトのある人。
セルライトは、皮膚の表面に小さなくぼみとして現れます。

セルライトの症状

思春期に様々なタイプのセルライトの症状が現れるのが一般的です。初期の形態では、通常、他の症状なしに皮膚の厚さの増加があります。一般的には、以下のようなものが見られます。

  • 皮膚の小さな凹み
  • 不規則なしこり
  • 深いしこり
  • 弾力性の低下
  • 患部の重苦しさやしびれ感
  • 進行すると触診で痛みを感じる

主な原因

セルライトは、主にホルモンと遺伝子が原因です。同様に、体重の変化もこの症状を引き起こす要因のひとつです。しかし、主な原因は、ホルモンの過剰分泌です。

体内でホルモンが過剰になると、脂肪細胞の異常な働きが促進されます。脂肪細胞は炎症を起こし、サイズと数を増やし、脂肪の小結節に変化します。さらに、皮膚の繊維が硬くなり、硬いネットワークが形成され、それが引き下げられ、オレンジの皮のような外観になるのです。

一般的に、セルライトの最も一般的な原因は、以下の通りです。

セルライトの種類

最近、専門家は脂肪性、繊維性、水性の3つのタイプのセルライトを認識しています。これらはそれぞれ異なる特徴を持ち、同じ人に複数現れることがあります。

脂肪性セルライト

セルライトの中で最も一般的なものです。患部に粘りがなくなり、触ると沈みやすく、動作や姿勢の変化ではっきりと動くのが特徴です。そのため、「弛緩性」「軟性」セルライトとも呼ばれています。

同様に、通常、皮膚にしこりや凹凸があります。通常、痛みは伴いませんが、ある種の重苦しさを生じることがあります。一般的には、食生活の乱れや運動不足、思い切ったダイエット計画などにより、皮膚の下に脂肪が蓄積されることが原因です。

また、通常、臀部、腰部、太もも、ウエスト、腹部、膝の内側にできます。一般的に、減らすために、以下のことが推奨されます。

  • 飽和脂肪酸や加工食品の摂取を控える。
  • アボカドやオリーブオイルなど、食物繊維や良質な脂肪を多く含む食品を取り入れる。
  • 水分の摂取を増やす。

一方、局所的なアンチセルライトマッサージも有効です。プレスセラピー、メソセラピー、カルボキシセラピーなどの施術も効果的です。

繊維状セルライト

セルライトの中で最も除去しにくいタイプです。肥満の若い女性や、痩せている女性にもよく見られます。一般に、脂肪の塊を包む隔壁が厚くなるため、患部の皮膚はコンパクトなブロックのように硬くなるのが普通です。これは通常、「ハード」または「コンパクト」セルライトと呼ばれます。

また、その部分の神経が圧迫されるため、触ると痛みを感じるのが特徴です。さらに、通常、皮膚は多くの緊張を受けるため、ストレッチマークの出現が促進されます。時には、患部が冷たくなることもあります。

このタイプのセルライトは、通常、臀部、膝、内腿、腕にできます。治療には、高タンパク低脂肪のバランスの取れた食事が必要です。また、体を動かすことも治療上有効です。

最も有用な美容治療は、LPGエンダモロジー(リポマッサージ)と超音波です。一方、ボディラジオ波も、このタイプのセルライトの多くの人に良い結果をもたらしています。

水性セルライト

水性セルライトは、「浮腫性セルライト」とも呼ばれます。通常、上記の2つのタイプのセルライトの特徴を同時に併せ持つものです。多くの場合、患部の皮膚は柔らかく、しなやかな手触りです。また、痛みを伴う場合と伴わない場合があります。

このタイプは、リンパまたは静脈の循環の問題から生じる体液の滞留に関連しています。一般的に、太もも、臀部、腹部、および腕に生じます。罹患者は通常、脚の重苦しさや腫れを訴えます。

最も効果的な美容治療は、加圧療法によるリンパドレナージュです。同様に、肌のハリと弾力を回復させるためにエンダモロジーを使用することが望ましいです。同様に、筋肉の張りを回復し、余分な脂肪を減らすには、中程度の負荷のスポーツが理想的です。

効果を期待できる美容治療

現在、脂肪組織を破壊し、セルライトを改善するための薬剤は数多く存在します。脂肪分解作用のある薬、微小循環活性化剤、ホスファチジルコリン、レチノールなどがそうです。

皮膚科医は、セルライトの種類を診断し、分類する訓練を受けた専門家です。専門的な知識を基に、適切な治療に向かって導いてくれるはず。この状態を治療する最も一般的な美容方法は、以下の通りです。

  • 高エネルギー音響波
  • 高周波と超音波
  • LPG エンダモロジー
  • プレッソセラピー
  • ボディメソセラピー
  • カルボキシセラピー
スキンマッサージです。
健康的な生活習慣といくつかのエステティックセラピーを組み合わせることで、セルライトを大幅に減少させることが可能です。

セルライトを予防する方法

セルライトは、習慣やライフスタイルを少し変えるだけで、予防できる症状です。この美容上の問題に悩まされるリスクを減らすために、最も有用な推奨事項には次のようなものがあります。

  • ビタミンC、ビタミンE、カリウムの摂取量を増やす
  • ナトリウム、脂肪、砂糖を含む食品の消費を減らす
  • アルコールとコーヒーを飲むのを避ける
  • 禁煙する
  • たくさん水を飲む
  • 少なくとも週に 2 ~ 3 回、定期的に運動する

女性によくある美的問題

このように、セルライトには様々な種類があり、その治療法は症状の特徴や深刻度によって異なります。今すぐ、皮膚科医に相談すれば、セルライトの出現を最小限に抑え、肌の健康を改善するための戦略を見出すことができるはずです。迷わず専門家に相談してください。

こちらの記事もおすすめです。
お尻と太もものセルライトを撃退する5つのエクササイズ
みんな健康
で読むことができます。 みんな健康
お尻と太もものセルライトを撃退する5つのエクササイズ

セルライトは、肥満、体液貯留、毒素の蓄積などが原因で、皮膚の下に現れます。セルライトを目立たなくさせる方法はたくさんあります。健康商品もありますが、自分でできる習慣も日常的に行うといいでしょう。今日は、お尻と太もものセルライトを撃退する5つのエクササイズを紹介します。



  • Benaiges A. Concepto, clasificación y tratamiento de la celulitis. Offarm. 2003; 22 (5): 78-88.
  • Alcalde T. Celulitis. Asesoramiento integral desde la oficina de farmacia. Offarm. 2009: 28(5): 107-114.
  • González M, Galimberti D, Valdivia D, Seiref S. Celulitis: tratamiento combinado con mesoterapia, láser y radiofrecuencia. Dermatología Cosmética, Médica y Quirúrgica. 2015; 13(1): 13-19.
  • Arellano A. Carboxiterapia. Dermatología Cosmética, Médica y Quirúrgica. 2006; 4(4): 288.
  • Velilla M, Ávila J. La piel: un enfoque integral más allá de la función de barrera. Dermatología Cosmética, Médica y Quirúrgica. 2016; 14(4): 50-65.