リンパ系を浄化!リンパの流れを促す5つのお茶

リンパ系のケアをするには、今日ご紹介するような、浄化作用のある植物を利用する他、バランスのとれた食事をとり、お酒やタバコなど有害なものを控えましょう。
リンパ系を浄化!リンパの流れを促す5つのお茶
Leonardo Biolatto

によってレビューと承認されています。 医者 Leonardo Biolatto.

によって書かれた 編集チーム

最後の更新: 06 12月, 2022

リンパ系は私たちの体の中の一部を成します。言い換えると、循環系に似ていますが、循環系とは違い、一方通行です。体の組織から始まり、リンパ管を通って血液につながります。そのため、リンパ系を浄化しリンパの流れを促すことは大切なのです

リンパ系は毒素の排出という役割を担います。ですが、時が経つに連れて弱まり、時々浄化する必要がでてくるのです。リンパ系がおかしいと思ったら専門医を受診しましょう。また、同時に、自然の力を使う方法を取り入れるのも一つの方法だと言えるでしょう。

 

リンパ系って何?

リンパ系はリンパ菅と呼ばれる細い管から成り立った、私たちの体に欠かせない部分で、体全体に張り巡らされています。この管を通ってリンパと呼ばれる液体が運ばれます。リンパにはリンパ球と呼ばれる白血球が含まれています。

リンパ系は主に以下のような働きをします。

  • 浸透圧のバランスを保つ
  • 免疫系を構成し、働きかける
  • 乳びを取り込む
  • タンパク質をろ過する
  • 間質液の量を調整する

リンパの流れを促す5つのお茶

リンパの流れを促す5つのお茶

リンパ系にトラブルが起こったら、専門医を受診しましょう

ですが、同時に、自然の力を利用して症状を改善することができるかもしれません。今日はリンパの流れを良くする効果があるかもしれないお茶を5種類ご紹介します。

 

1. ごぼう茶

ごぼう茶

ごぼうは浄化作用があることで人気の薬草です。リンパ系や血液の浄化を促し、尿や汗を通して老廃物を除去してくれるでしょう。

また、感染症や糖尿病膀胱炎、肝臓のトラブルを始め様々な状態の予防に効果があるかもしれません。

材料

  • ごぼう 大さじ1(15g)
  • 水 1カップ(250ml)

作り方

  • 水を火にかけて沸騰させる。沸騰したらゴボウを入れて火を止め、蒸らす。
  • 1日2杯以上飲みましょう。

2. くるみの葉のお茶

くるみ

くるみの葉には利尿作用やデトックス作用があることから、リンパ系の洗浄効果があると考えられています。毒素の排出を促し、組織の炎症を抑えてくれるかもしれません。

材料

  • 水 1カップ(250ml)
  • 乾燥くるみの葉 大さじ1(15g)

作り方

  • 水にくるみの葉を入れて火にかけ、沸騰させる。5分間煮出します。
  • 火を止め、10分置いてから漉しましょう。
  • 1日2カップ、毎日飲みましょう。空腹時に1杯、寝る前に1杯飲みましょう。20日間続けて行いましょう。

3. ヤマゴボウ茶

お茶

ヤマゴボウはリンパの流れに良い薬草です。咽頭炎や扁桃腺炎、おたふく風邪、腺の炎症などの症状緩和に使われる場合もあります。

メモ:ヤマゴボウは潜在的に有毒な草です。つまり、自己判断ではなく、医療的な専門医の元、利用しましょう。また、妊娠中の方は授乳中の方の利用は推奨されていません。

材料

  • 乾燥ヤマゴボウの根 大さじ1(15g)
  • 水 1カップ(250ml)

作り方

  • 水に乾燥ヤマゴボウを入れます。弱火で15分日を加えます。
  • 火を止め、冷ましてから漉します。
  • 1週間に1杯飲みましょう。

4. レモン・ターメリック・しょうがのお茶

ターメリックやしょうがのような塊茎には素晴らしい効能が含まれています。レモンと組み合わせると、体に抗酸化物質、ビタミン、ミネラルが供給するだけでなく、毒素を破壊するなどリンパ系に良い働きが期待できるでしょう。

レモンのお茶

材料

  • しょうがのすりおろし 大さじ1(15g)
  • ターメリックの粉末 大さじ1/2(5g)
  • レモン汁 レモン1/2個分
  • 水 2カップ(500ml)

作り方

  • 水にしょうがとターメリックを入れて沸騰させます。沸騰後5分経ったら火を止めます。
  • 漉してレモン汁を加えましょう。
  • 毎日空腹時に飲みます。1週間続けましょう。

 

こちらも合わせてどうぞ:ショウガで自家製抗ウイルス薬を作ろう

 

5. クリーバーズティー

熱いお茶を飲む女性

クリーバー(ヤエムグラ)は血液や尿管の浄化作用があると考えられています。また、リンパの流れを促し、細胞の炎症を抑える効果が期待できるかもしれません。さらに良い結果を求める場合は、クリーバーとヤマゴボウを組み合わせることもできます。

材料

  • 乾燥クリーバー 大さじ2(30g)
  • 水 1カップ(250ml)

作り方

  • 水を火にかけて沸騰させます。
  • 乾燥クリーバーを加え、数分蒸らします。
  • 1日3回以上、1杯ずつ飲みましょう。

すぐに風邪を引いてしまう、疲れやすい、体重がころころ変動するなどはリンパ系の調子が乱れていることを示すサインです。放っておくとリンパ浮腫につながってしまうかもしれません。

リンパ系の80%は腸にあります。つまり、リンパ系や免疫系を強化するには食べるものに気を配らなくてはいけない、ということです。リンパ系にトラブルを抱えやすいという方は、今日ご紹介したような自然療法を試してみるのも良いかもしれませんね。

こちらの記事もおすすめです。
リンパデトックスを行う6つの自然療法
みんな健康
で読むことができます。 みんな健康
リンパデトックスを行う6つの自然療法

最後にリンパ系をデトックスしたのはいつですか? リンパ系とは、リンパを循環させ,体液のバランスの維持,老廃物の排出などの機能があります。リンパデトックスを定期的に行うことで、病気、炎症、毒素や老廃物の蓄積、脂肪の蓄積による体重の増加などを予防・解消することができます。



  • Bailly, C. (2021). Medicinal properties and anti-inflammatory components of Phytolacca (Shanglu). Digital Chinese Medicine4(3), 159-169.
  • Bokhari, J., Khan, M. R., Shabbir, M., Rashid, U., Jan, S., & Zai, J. A. (2013). Evaluation of diverse antioxidant activities of Galium aparine. Spectrochimica Acta – Part A: Molecular and Biomolecular Spectroscopy. https://doi.org/10.1016/j.saa.2012.09.056
  • Fierascu, R. C., Georgiev, M. I., Fierascu, I., Ungureanu, C., Avramescu, S. M., Ortan, A., … & Anuta, V. (2018). Mitodepressive, antioxidant, antifungal and anti-inflammatory effects of wild-growing Romanian native Arctium lappa L.(Asteraceae) and Veronica persica Poiret (Plantaginaceae). Food and Chemical Toxicology111, 44-52.
  • Freire-González, R. A., & Vistel-Vigo, M. (2015). Caracterización fitoquímica de la Curcuma longa L. Revista Cubana de Química27(1), 9-18.
  • Fukuda, T., Ito, H., & Yoshida, T. (2003). Antioxidative polyphenols from walnuts (Juglans regia L.). Phytochemistry. https://doi.org/10.1016/S0031-9422(03)00333-9
  • Ginger. (2010). In Botanical Medicine for Women’s Health. https://doi.org/10.1111/ijfs.12940
  • Liao, S., & von der Weid, P. Y. (2015). Lymphatic system: An active pathway for immune protection. Seminars in Cell and Developmental Biology. https://doi.org/10.1016/j.semcdb.2014.11.012
  • Maheshwari, R. K., Singh, A. K., Gaddipati, J., & Srimal, R. C. (2006). Multiple biological activities of curcumin: A short review. In Life Sciences. https://doi.org/10.1016/j.lfs.2005.12.007
  • NirmlaDevi, T., Apraj, V., Bhagwat, A., Mallya, R., Sawant, L., & Pandita, N. (2011). Pharmacognostic and phytochemical investigation of Juglans regia Linn. bark. Pharmacognosy Journal3(25), 39-43.
  • Predes, F. S., Ruiz, A. L. T. G., Carvalho, J. E., Foglio, M. A., & Dolder, H. (2011). Antioxidative and in vitro antiproliferative activity of Arctium lappa root extracts. BMC Complementary and Alternative Medicine. https://doi.org/10.1186/1472-6882-11-25
  • Randolph, G. J., Ivanov, S., Zinselmeyer, B. H., & Scallan, J. P. (2017). The Lymphatic System: Integral Roles in Immunity. Annual Review of Immunology. https://doi.org/10.1146/annurev-immunol-041015-055354

ここに記載された内容は、情報提供のみを目的としたものです。専門家による診断、治療、推奨を促進したり、それらに代わるものではありません。疑問がある場合は、信頼できる専門医に相談し、許可を得てから施術を開始しましょう。