ビーツで肝臓をきれいに

4月 10, 2016

肝臓は、私たちの体の中をきれいにしてくれる素晴らしい器官です。血液を濾過して、私たちの健康に悪影響を与えるたくさんの毒素や老廃物を除去します。肝臓は500以上の機能を果たすと言われており、さらに多くの機能を持つと示す研究もあります。したがって、健康な肝臓を持ち、毎日体の機能を最適なレベルに保つことは大切です。

肝臓には自浄作用があり、必要な栄養素が与えられれば外部の助けはいりません。 しかし肝臓に負荷がかかりすぎた場合は、適切な機能が妨げられます。 座りがちな生活、偏った食生活、環境汚染、化学物質の使用は、その他の要因の中でも特に、体内に余分な毒素を蓄積し、肝臓がちゃんと機能するのを妨害します。

幸いなことに肝臓は、栄養素や抗酸化物質、その清浄に重要な他の物質が豊富な食べ物を食べることで、自然に浄化できます。ここでは、数日のうちに自然に肝臓を浄化する、ビーツを使った優れた家庭療法をご紹介したいと思います。

肝臓を浄化するビーツ

kanzou

ビーツ(ビートルートとも呼ばれる)は、肝臓を浄化し、多数の病気を予防するのに、何十年にわたって使用されてきました。食事に取り入れるのは簡単で、その美味しい味で様々なレシピに使えます。肝臓の浄化と解毒のための効能は主として、長期的に病気を引き起こす可能性がある体内のフリーラジカルを退治する能力を持つ抗酸化物質です。

また、ベタレイン、食物繊維、鉄分、ベタシアニン、葉酸など、丈夫で健康な肝臓にとって重要な多数の物質を含んでいます。 ビーツには、肝臓の浄化と毒素の除去を促進して大幅に機能を改善する、ペクチンと呼ばれる食物繊維が含まれています。

この重要な利点に加えて、ビーツは、ダメージを受けた肝臓の治癒、胃酸の生産の改善、LDL(悪玉コレステロール)中のフリーラジカルに対する防御、 そして肺、肝臓、脾臓、皮膚、結腸癌の予防と関連しています。

肝臓をきれいに浄化するビーツ

biitsu2

ビーツを使ったこの強力な方法は、脂肪肝に苦しむ人々や、喫煙や飲酒が原因の肝臓問題を抱える人々に推奨されます。肝臓を通じて、長期的に健康上の問題を引き起こす可能性がある、私たちの体に不要なものをすべてを排除することができるため、この器官の最適な機能はすなわち健康を意味します

材料

  • 約3リットル(3クォート)の液体が入るガラスジャー1個
  • ビーツ700g(1.5ポンド)
  • 小麦粉大さじ2杯
  • 有機栽培の砂糖の1カップ(200グラム)
  • レーズン1/2カップ(100グラム)

作り方

ビーツを小さな立方体にカットし、残りの材料と一緒にジャーに入れます。瓶に沸かした熱湯を注ぎ、冷まします。 そして、それを6〜7日間発酵させますが、瓶の上にガーゼのような布を置き、発酵の際に内容物が呼吸できるようにします。 毎日二回、内容物を混ぜます。 七日過ぎたら、他の容器に内容物を濾過すれば、準備万端です。

アドバイス

  • 1日3回、大さじ3杯飲みましょう
  • 液体は冷蔵庫に保存してください。
  • 3ヶ月中断した後、この方法を繰り返しましょう。

副作用

  • この方法を行う間、尿が赤い色になるかもしれません。これは、ビーツの色による副作用であり、健康に害はないので、心配することはありません
  • ビーツを食べた時、一部の人は皮膚にアレルギー反応が出るかもしれません。もしこれが起こったなら、この方法を中止することをお勧めします。
  • 腎臓結石や他の腎臓問題に苦しむ人々は、この方法は使わないでください。
  • ビーツは、他の野菜よりも糖度が高いので、糖尿病に苦しむ人々にこの方法は厳禁です。本来含まれている糖に加え、このレシピそのものにも多くの砂糖が使われています。
  • 腸の動きを助けるため、ビーツは便秘解消にも役立ちます。しかし、下痢の症状がああるなら、この方法は問題を悪化させるかもしれないので、使わない方が良いでしょう。

 

あなたへおすすめ