バナナとビールで美しい髪に

髪が弱い方、輝きがないと感じる方は是非このマスクを試してみてください。とても簡単に作れ、効果は抜群です。
バナナとビールで美しい髪に
Karla Henríquez

によって書かれ、確認されています。 医者 Karla Henríquez.

最後の更新: 17 12月, 2022

髪にボリュームを持たせたいと考えている女性は多いのではないでしょうか。コシやハリのあるつややかな髪。中には、特に努力しなくてもいつもパーフェクトな髪という恵まれた人がいます。一方で、髪を健康に強くするトリートメントを探さなくてはいけない人もいます。

毒素や紫外線などに長期にわたり髪が晒されることでダメージを受けることがありますが、環境による悪影響に対処しながら髪に栄養を与え輝かせるヘアケア製品はたくさん開発されています。

その中でも、副作用がなく、使った瞬間から素晴らしい結果を見せてくれる100%ナチュラルな製品もあります。

バナナとビールの効能を組み合わせたものは髪を若返らせ保護する完璧なトリートメントです。

今日は、このバナナとビールのトリートメントの効能や作り方を見ていきましょう。

バナナとビールのトリートメント

バナナとビールをブレンドしたトリートメントは、ダメージを受けた髪に柔らかさと輝きを取り戻してくれます。

バナナとビールはどちらにも髪に良い栄養が含まれており、抜け毛を予防する効果、余分な皮脂分泌の抑制、ダメージを修復する作用があります

バナナとビールを組み合わせることで乾燥にもよく、髪に若々しさを与えます。

バナナの効能

バナナの効能

バナナは一年を通してスーパーで安く手に入る甘いフルーツです。ビタミンと抗酸化作用によって、フリーラジカルによる悪影響を減少させます。

バナナにはたくさんのビタミンA、B、C、Eが含まれています。これらは髪に活力を与え、頭皮や毛嚢の再生を促します。

また、カルシウム、亜鉛、鉄分、カリウムもたくさん含まれています。これらは髪の乾燥を防ぎ、抜け毛を予防します

バナナを定期的に使うことで髪が自然に保湿され、頭皮の余分な皮脂分泌に効果的です。

 

ビールの効能

ビールの効能

ビールにはダメージヘアを修復するという効能があります。

これはビールを作る際に発酵過程を経ているためです。発酵過程で欠かすことのできない栄養素が濃縮されます。これが毛嚢を強くし、抜け毛を遅らせる効果があります。

ビタミンB群と抗酸化物質が、化学物質や熱、太陽光によって受けたダメージに対抗します

さらに、ビールに含まれる天然の糖質が、頭皮のpH値を変えることなく髪に輝きと柔らかさを蘇らせます。

ビールに含まれる栄養素は以下のとおりです。

これらは全て、髪を強く健康に、生き生きと見せます。

髪に効くバナナとビールのトリートメントの作り方

少なめで暗い色のロングヘアの人、特に抜け毛に悩んでいる人にオススメのトリートメントです。

普段のヘアケアの追加として使ってもよいですし、市販のコンディショナーの代わりに使ってもよいでしょう。

一番のポイントは毒素を含んでいない点です。害のある化学物質を含みませんし、トリートメントの栄養は頭皮を通して簡単に吸収されます。

材料

  • 卵黄 1個
  • バナナ 中1本
  • ビール 100ml
  • ハチミツ 大さじ2(50g)

作り方

  • ボールに卵黄を入れ強くかき混ぜます。
  • バナナを潰してペースト状にし、卵と混ぜます。
  • 次にビールとハチミツを入れてよく混ぜ、ペーストにします。
  • よりなめらかな状態がお好みの場合は、ミキサーやブレンダーを使いましょう。

使い方

  • 髪が湿っている状態の時に、幾つかのブロックに分けてマスクを塗ります。マスクが根元から毛先までまんべんなく塗布されるようにしましょう。
  • 髪をシャワーキャップでカバーし、2時間おきましょう。
  • ぬるま湯で洗い流します。このトリートメントを週に2〜3回行いましょう。

使い始めた最初の週から髪が輝き、柔らかく潤ったのがはっきりとわかるはずです。抜け毛に対する効果は数ヶ月使い続けると実感できるでしょう。

こちらの記事もおすすめです。
自家製!髪質改善トリートメント
みんな健康
で読むことができます。 みんな健康
自家製!髪質改善トリートメント

髪がくすんで乾いて見えるようになった時に修復する方法は、プロによるもの自家製のものなど多数あります。髪に栄養を与え、同時に髪質も改善する自家製髪質改善トリートメントは、非常に人気が出てきている方法の一つです。



  • Chen, W., Becker, T., Qian, F., & Ring, J. (2014). Beer and beer compounds: Physiological effects on skin health. Journal of the European Academy of Dermatology and Venereology. https://doi.org/10.1111/jdv.12204
  • Someya, S., Yoshiki, Y., & Okubo, K. (2002). Antioxidant compounds from bananas (Musa Cavendish). Food Chemistry. https://doi.org/10.1016/S0308-8146(02)00186-3
  • Kanazawa, K., & Sakakibara, H. (2000). High content of dopamine, a strong antioxidant, in cavendish banana. Journal of Agricultural and Food Chemistry. https://doi.org/10.1021/jf9909860

ここに記載された内容は、情報提供のみを目的としたものです。専門家による診断、治療、推奨を促進したり、それらに代わるものではありません。疑問がある場合は、信頼できる専門医に相談し、許可を得てから施術を開始しましょう。