洋ナシを1日1個食べるべき理由

洋ナシは、水分、食物繊維、ビタミンやミネラルを豊富に含んでおり、様々な効能があります。
洋ナシを1日1個食べるべき理由

最後の更新: 20 10月, 2018

洋ナシはもっともヘルシーなフルーツの1つであることをご存知でしょうか。体に貴重な栄養素を豊富に含んでいるのです。洋ナシを1日1個食べると体に様々なメリットをもたらしてくれます。

赤、緑、黄色、様々な色の梨がありますが、どれもとてもヘルシーです。水分、食物繊維、ビタミンやミネラルを豊富に含んでいます。子供から大人までどんな方にも適しており、朝食にジュースとして飲むのにも最適です。他にもさまざまな健康効果があります。

洋ナシの効果

洋ナシを食べるべき理由

  • ビタミンA、B、C、E、葉酸、食物繊維、カリウム、塩分、糖分、ヨウ素、鉄分、カルシウムを含みます。これら全ては1日を始めるのに適した栄養素なので、洋ナシは朝食に非常に適しています。
  • 抗酸化物質であるポリフェノールのクェルセチンクロロゲン酸が豊富に含まれています。  そしてこのポリフェノールは洋梨の皮の部分に特に多く含まれていますので、洋梨を食べるのであれば皮ごと食べるのが望ましいです。 もし皮が苦手という方はドライフルーツとして食べてみるのもおすすめです。
  • 洋ナシに含まれるタンニンやコーヒー酸が抗菌作用をもたらします。従って、病気や感染症から体を守ってくれます。
  •  洋ナシはフリーラジカルと戦ってくれます。フリーラジカルとは、不対電子をもつ原子や分子のことで、これらの物質は細胞を攻撃し、老化などを促進します。。
  • 心臓への効果:血液の循環をコントロールし、心臓発作を予防します。また、食物繊維が豊富に含まれているため、胆汁酸を排出し悪玉コレステロールを減らしてくれます。
  • ガンを防ぐ:抗酸化物質に加え、ビタミンC、食物繊維、葉酸は、細胞を構成する上で重要な役割を果たし、さまざまなガンから守ってくれるのです。実際に、洋ナシが結腸に溜まった発ガン性物質を取り除くといういくつかの研究結果も出ています。また、乳ガンにも効果的だと言われており更年期の女性に最適です。
  • 便秘解消:豊富な食物繊維とデトックス効果をもたらす物質のおかげで、腸を健康に保ち、常在菌を守ります。お通じを良くする効果もあります。
  • 消化を助ける:胃が弱っていて消化されにくい感覚があったら、洋ナシジュースを飲むと良いでしょう。

洋ナシジュースのレシピ

洋梨ジュース

洋ナシは一年中手に入りますが、専門家によると、6月から2月が旬です。可能ならば、毎日食べることをお勧めします。そのまま食べるのも良いですし、ゼリーにしたり、ジュースにするのも良いでしょう。ここでは、ジュースのレシピをご紹介します。
用意するもの
  • 洋ナシ:2つ
  • 水:カップ半分
  • 蜂蜜:ティースプーン1杯
  • レモン:ひと絞り

作り方

洋ナシを洗ってから皮を向きます。小さく切ったら、ミキサーにかけます。水を加え、レモン汁2滴と蜂蜜を加えて混ぜます。お好みで氷を入れてもおいしいです。

その他の活用方法

梨に含まれている消化酵素プロテアーゼはタンパク質を分解する働きがあるので、すりおろして漬けダレなど料理の下ごしらえとして利用することでお肉を柔らかくする効果もあります。洋梨は香りも良く、カレー用の肉の下ごしらえなどに利用することで肉の柔らかさ維持+隠し味としての風味付けにも役立つことでしょう。

できるだけ毎日洋ナシを取り入れることで健康に過ごしましょう。

それはあなたに興味があるかもしれません...
身体の水分をキープしてくれる7つのフルーツとは?
みんな健康Read it in みんな健康
身体の水分をキープしてくれる7つのフルーツとは?

水は私たちの身体の水分をキープしつつ、内蔵や体のシステムがうまく機能するために大切な役割を果たしています。水の補給は、腎機能を強化しながら、体内の毒素や老廃物を体外に排出する血液の濾過を助けます。そして、細胞組織に酸素を補給するため、そして代謝や心臓機能にとっても水分補給は不可欠です。



  • de Oliveira, M. C., Sichieri, R., & Venturim Mozzer, R. (2008). A low-energy-dense diet adding fruit reduces weight and energy intake in women. Appetite. https://doi.org/10.1016/j.appet.2008.03.001
  • Fernandez, M. L., Lin, E. C. K., Trejo, A., & McNamara, D. J. (1992). Prickly pear (Opuntia sp.) pectin reverses low density lipoprotein receptor suppression induced by a hypercholesterolemic diet in guinea pigs. Journal of Nutrition. https://doi.org/10.1093/jn/122.12.2330
  • Zhao, Y., Wu, P., Wang, Y., & Feng, H. (2013). Different approaches for selenium biofortification of pear-jujube (Zizyphus jujuba M. cv. Lizao) and associated effects on fruit quality. Journal of Food, Agriculture and Environment.