ヨガで効果的にカロリーを消費する方法

· 4月 2, 2019
ヨガをすることでカロリーを効果的に燃焼することができます。より良い結果を得るためには健康でバランスのとれた食事と組み合わせる必要があります。

ヨガは自分自身の体をいたわり、体と心の安定したバランスを築きたいと思っている人に非常に人気のあるエクササイズです。しかし、ヨガをすることでどれくらいカロリーを燃焼できるのかは疑問に思っている人も多いかもしれません。

この記事ではヨガと体重減少の関係についてご紹介しています。ヨガを実践するときにカロリーを効果的に消費できるアドバイスについてお話しします。

 

ヨガのメリット

ヨガは理想的なエクササイズです。体の限界を尊重し、筋肉や関節に過度の負担をかけません。

したがって、健康を維持するために、あらゆる年齢層の人がヨガを行なっていることも不思議ではありません。感情的および精神的バランスの安定に加えて、ヨガは筋肉を鍛え関節を強化するのに役立ちます。

ヨガを通して、柔軟性、体力、バランス、集中力、持久力、エネルギーそしてリラックス効果も得ることができます。さらにヨガのテクニックは柔軟性に基づいており、突然の動きがないので怪我をしにくいです。

ヨガはカロリーを消費する効果的でリスクのない選択肢です。体力を強化し、内なる強さを構築し、徐々に体重を減らすのに役立つでしょう。

ヨガ

こちらもご参考に:
ヨガで引き締まった筋肉を手に入れる方法

カロリーの消費量はヨガの種類による

他のエクササイズと同様にヨガをするとカロリーを消費します。しかし、ヨガには様々な種類があり違いがあります。リラックス、瞑想、呼吸に焦点を当てているヨガがあります。その一方で、他のものより動的で、ポーズや動きを通じて柔軟性と持久力に焦点を当てているヨガもあります。

多くのエネルギーを費やしカロリーを消費したいと思っているのであれば、活発な種類のヨガを選ぶべきです。不安や緊張に対するリラックス効果を求めているのであれば、より内観的なヨガを選択すると良いでしょう。

何れにしても、ヨガの種類を選択するために、減量するにはあなたにとって何が効果的なのか自分自身でしっかり考えることが重要です。

カロリーを消費するのにオススメなヨガにビクラムヨガと言うものがあります。これは部屋の温度を42度に保って行います。多くのカロリーを消費するために汗をたくさんかき心拍数を上げることを目的としています。

食べ物の重要性

週に数回運動するのと同時に、カロリーをたくさん消費したい場合は食事にも注意を払う必要があります。カロリーをいちいち数えるのは時代遅れの方法で、必ずしも効果的ではありません。また欲求不満や不安を引き起こします。

体重がただ増えたり減ったりを繰り返すだけの効果のない減量を避けるためにも、健康的で自然な食事療法をとることが大切です。カロリーに焦点を当てるのではなく、次のアドバイスに従ってください。

  • サラダ、ジュース、スムージー、ソテーなど何でもいいので、野菜の消費量を増やしてください。
  • 繊維を多く含む食品を選び、精製食品を避けて下さい。
  • 砂糖の摂取を控え、蜂蜜、ステビア、ココナツシュガーなどの健康的な甘味料に変えてください。
  • 加工食品の摂取量を減らし、可能な場合はいつでも自分で調理するようにしてください。
  • 脂肪の摂取をやめてはいけません。オリーブオイル、ココナツオイル、ナッツ、ギー、油生魚などの良質の脂肪を積極的に取ってください。
アボガドとオイル

ご存知でしたか?:
エネルギーの回復におすすめのヨガポーズ4選

その他の効果的なアドバイス

最後に、代謝を活性化し結果としてカロリーを多く消費できるアドバイスをご紹介します。

  • 空腹時や、食事時間以外で、毎日少なくとも6〜8杯の水を飲んでください。
  • 長時間座ったままでいないでください。少なくとも1時間ごとに立って体を動かしましょう。
  • 唐辛子や生姜などのスパイスを食事に取り入れてください。
  • 冷たい水、少なくともぬるま湯を使ってシャワーを浴びましょう。ただし冷たい水を頭にはかけないでください。
  • 夜中に十分な睡眠をとって下さい。
  • ストレスを減らしましょう。
  • 毎日の食事、特に朝食をスキップしてはいけません。最低でも主要な食事を3回取るべきです。お好みで、午前中と午後に一回ずつ、何か軽いもの食べても良いでしょう。
  • 植物性及び動物性食品に比例して、タンパク質の消費量を増やしてください。
  • 緑茶とコーヒーを飲んでもいいですが、適度な量にしておきましょう。