ヨガの効果を得る最も良い方法とは?

· 6月 7, 2019
ヨガの効果を高めるには、毎日のルーティンに加えること、また一定の時間を費やすことです。

ヨガは、インドを起源とする古くから存在する修行法です。リラックスと瞑想を実行することで自己の精神に繋がることを目的としています。ですがその効果を最大限に引き出す方法とは何でしょう? いつ実行するのがベストなのでしょう?

今回は個人、団体問わず、ヨガを実行する際その効果を最大限に引き出す方法をお伝えします。体の内と外どちらも改善していきたい方、ヨガを毎日の生活に取り入れてみてください。

こちらもご覧ください ヨガで引きしまった筋肉を手に入れる方法

 

ヨガをする時間はどのくらい?

瞑想 ヨガの効果を得る

ヨガを実行するのに絶対に守らなければならないルールなどはありません。個人それぞれです。ヨガは精神、体、魂のバランスをとるのが目的。時間制限などありません。

ヨガは一生続けて行けるものです。

ですので状況に応じて行うべきでしょう。週に数回行う事をおススメします。多くの人は1回に20分から30分のセッションを週3回ほど行います。ですがこれはあくまでも目安です。仕事や家族との時間など様々なことを考慮して生活に組み入れてください。

 

適切な時間帯とは?

多くの人が生活がスタートする朝に行っています。ヨガは、そのポーズから得られるリラクゼーション、瞑想を通して心と体にエネルギーを生み出します。

朝実行しようと思えば、早起きをしなければなりませんが、多くのエネルギーを得ることが出来るのでお勧めです。

1日の終わりに数分間のヨガを好む人もいます。心と体をリラックスさせ、目まぐるしかったその日のスピードを鎮めてくれます。ヨガを実践することで不眠症、ストレス、不安症を改善した人も多くいます。

 

いつでも実行

海辺でのヨガ ヨガの効果を得る

ヨガのリラクゼーションと瞑想から得られるメリットの1つは、思考をストップすることが出来ることです。静かで落ち着いた平穏の中に心を置くことで、よりクリアに頭の中を整理することが出来、明瞭な思考を得ることが出来ます。

頭がいっぱいになってしまうと生産性が損なわれてしまいます。

ヨガはこういったエネルギーを無駄に費やしてしまうような状況に静けさを与えてくれます。頭を真っ白にし、体と繋がる…そうすることで内なる自分と繋がることが出来ます。心臓の鼓動までも聞こえるようになりますよ。

こちらもご覧ください 7つの瞑想法とその効果

 

続けることに意味がある

ヨガの効果はたった数日実行しただけで得られるわけではありません。以下のような改善は続けることで得られます。

心臓血管の健康の改善

・体の柔軟性

・筋肉が引き締まる

神経系の改善

・カロリー燃焼

・関節の健康改善

落ち着いて我慢強く実行してください。毎日の生活に取り入れることが大切です。

ヨガポーズ ヨガの効果を得る

 

実践中は水を飲む

ヨガは身体的な努力を必要としないように見えるかも知れませんが、そうではありません。どんなヨガを実行するかにもよりますが、カロリーや脂肪を燃焼します。

ですので1日2リットル、水分はたっぷりと摂りましょう。組織や臓器がしっかりと動き、怪我や脱水症状を予防します。

またヨガは体のデトックスにもなります。水をたっぷり飲むことで毒素をさらに体外に排出することが出来ます。朝行えば体をアクティブな状態に、夜行えばデトックスを促します