水を飲むと減量できるって本当?

5月 9, 2019
水は本当に減量を促進するのでしょうか? 詳しく見てみましょう。

ダイエットのためにどのくらい努力していますか? 望むような結果が出ていますか? あなたは十分に水を飲んでいますか? 今日は、水が減量にどのような影響を与えるかについてみていきましょう。

水を飲むと体に水分が補給され、内臓のバランスが保たれるだけではありません。水を飲むことで減量が促進できるかもしれないのです。水が体に良いと知っていてもなかなか飲めない…というあなたも、ダイエット効果があるかもと聞いたら飲まないわけにいかないのではないでしょうか。

 

水を飲むとカロリーの燃焼に繋がる

高カロリーのものを食べ、後でカロリーが燃焼できないと文句を言っていませんか?もしそうなら、水を飲むことで余分なカロリーの排出に繋がるかもしれませんし、減量に繋がるかもしれません。

これは若者や中年の方に当てはまります。食事の前に500mlの水を飲みましょう。

ハンバーガーを食べる女性

もちろん減量ダイエットには食事法だけでなく、エクササイズが欠かせません。水500mlを飲むことに加え、ウォーキングを30分間行うことを心がけましょう。

 

こちらも合わせてどうぞ:ダイエットにぴったりのキャベツスープ

 

食前に水を飲むと食欲が抑えられる

食事をする前に水を飲むと食欲が抑えられ、ダイエットできると聞いたことがありませんか?その通りなのですが、実は他にも考慮しておきたいことがあります。

食事の30分前に水を飲むと、食事からエネルギーを吸収しすぎずに済むということは証明されています。このエネルギーは、燃焼しなければ脂肪として体に蓄積されるものです。

ですが、必ずしもすべての人にとって真実である、とは言えない点があります。この研究では、女性で375ml、男性は500mlの水を食事の30分前に飲んだのですが、この事実は年配の方に対して、より当てはまるということがわかっています。

あなたがもし、年配で、少し体重を落としたいと考えているなら、ぜひこの方法を試してみてください。

 

水を飲むと代謝が良くなる

理想の体重に近づけようと日々努力をしている人なら、ダイエットには代謝が鍵だということはご存じでしょう。代謝を良くして減量したいのなら、水が役に立つかもしれません。

女性のお腹

代謝をスピードアップさせるコツや改善方法については、このブログシリーズでも何度か取り上げてきました。水を飲むのも方法の一つです。1.5ℓの水を飲むと代謝が30%まで上がることが証明されています。

この時使われた水は、実は22℃〜37℃、つまり、温かい、または熱いと感じるお湯でした。この温度のものを飲むことで、体が通常の温度を取り戻そうと一生懸命働くのです。

この実験に参加した人々はまた、”普段よりも元気になった”ように感じたと述べています。エクササイズを始めるにあたってこれはプラスです。なぜなら、多くの人は疲れを感じているからです。

効果を出したいなら、温かいお湯を1日2ℓ飲むことをお勧めします。最初は辛く感じるかもしれませんが、数週間続ければ体が慣れていくでしょう。

 

こちらも合わせてどうぞ:その症状、水分不足かも?/水を十分飲んでいない時に現れる7つの症状

 

水は減量に役立ち、空腹感を感じない

空腹感と喉の渇きを混乱するという人は多いでしょう。実際、空腹を感じたら水を飲むようにしているという人は多いようです。ですが、水は減量に役立つのでしょうか?

水を飲む人

そんなの単なるウワサだと思っている人がいるかもしれませんが、これは真実です。体は時に、喉の渇きと空腹感を勘違いしてしまいます。本当は喉が渇いているのに、お腹が空いているのだと勘違いしている、ということを知らない人は、余分なカロリーを摂取してしまうでしょう。

次回、空腹を感じたら、まずはグラス1杯水を飲みましょう。代謝を促進するには、冷水ではなくぬるま湯を飲むようにします。その後20分待ち、体の反応を見ましょう。空腹感が消えていれば、先ほどの”空腹感”は単なる喉の渇きだったのです。もし、変わらず空腹を感じているのであれば、何かヘルシーで栄養価の高いものを食べましょう。

体に水分を十分に与えるには、1日2ℓ以上の水を飲む必要がある、ということを忘れないでくださいね。