食べ物とエクササイズ:雑誌のボディを目指す鍵

· 2月 10, 2019
バランスの取れた食事と健康的なエクササイズルーティンを組み合わせることが体重を落とし、メリハリのついた、雑誌に載っているような体を手に入れる基盤となります。

健康的な食べ物を食べ、運動をすることは、何度も夢見た雑誌に掲載されている体を手に入れるのに完璧な方法です。人気の「ミラクル」ダイエットや肥満治療を謳ったダイエット商品はもう必要ありません。

現在、この健康的な食生活と運動の習慣がどれだけ重要なのかを理解しようと様々な努力がなされています。この2つを適応させ生き方とするには少し難しいものがありますが、実践することで体型維持にも健康にも多くの良い効果をもたらします。

こうした習慣については多くのまことしやかな噂やウソも存在しますが、この2つをバランスよく保てる人は必ず満足のいく結果を長く得られます。

 

バランスの取れた食習慣

健康な食事 雑誌のボディ

健康な体を手に入れるためには、健康な食習慣が欠かせません。新陳代謝や消化器系のはたらきなど、ダイエットを妨げるプロセスには栄養面が中心となっているところが大きいです。

そのため、カロリー管理をして、体が日々必要としている様々な栄養素を確かなものにするには、バランスの取れた食事を取り入れるのが有効です。

では、極端な食事制限をしない方がいいのはなぜでしょうか? 極端な食事制限は痩せる効果が絶大ですが、後に短期間で痩せた体重を元に戻してしまう「リバウンド」効果を招きます。

また、必須栄養素に欠けているので、健康状態が危険にさらされます。特殊な病気を患っている人は特にリスクが高くなります。

こちらもお読みください:ローカロリーの手作りデザート4種

バランスの取れた食事を楽しむ方法は?

バランスの取れた食事は、体に不可欠なマクロ栄養素とマイクロ栄養素が適度に組み合わさっているものが基礎となっています。そうした食事は健康状態、体重、ライフスタイルが考慮されています。

バランスの取れた食事には主に以下のような特徴があります。

  • 健康的な食品の多種多様な組み合わせ
  • 1日5~6回にわたる食事
  • 決まった時間に摂取する食事
  • 飽和脂肪酸、トランス型脂肪酸、糖分、塩分の摂取量が低い、または皆無
  • 1日に必要な摂取カロリー量の25%に相当するしっかりした朝食
  • 果物、野菜、全粒穀物の摂取量が多い
  • 水や健康的な水分(ジュース、お茶など)を日常的に摂取している
  • 油で揚げるのではなく、蒸したリ、焼いたりといった健康的な調理法が使われている

身体を使った運動

ダンベル 雑誌のボディ

研究によると、食事を補うのに最も効果のある方法はスポーツであることが分かっています。事実、スポーツすることでより効果的に痩せることができ、心身の健康をより良く保つことができます。

運動は、体脂肪を減らすのに最も効果的な習慣です。こうした日々の運動がエネルギーの消費を増やし、体型を整え、重要な臓器を最大限に機能させてくれるようになるのです。

マヨクリニックのデータによると、カロリーを燃焼するには有酸素運動が最も効果的だと言います。ですが、一般的には、スポーツに有酸素運動や体力を強化する運動を組み合わせることが理想です。

運動を始めるにあたってのアドバイス

定期的に運動できない言い訳には、時間がない、仕事が多くある、などがあります。運動は正式なジムでのルーティンでないと効果が得られないと思い込んでいる人も多いです。

実は、運動する習慣をライフスタイルとして取り入れる方法はたくさんあります。事実、プロが使うような物を使ったり、1日に何時間も運動する必要はありません。

  • 体型を改善し、痩せるには1日に20分から30分を費やすだけで、十分です。
  • 朝、日常の習慣としている活動を始める前に実践しても良いでしょう。
  • ジムに通うことには多くの利点がありますが、自宅や公共の場で実践できるルーティンも数多くあります。
  • 運動をトレーニングだけに制限する必要もありません。ピラティスやヨガ、ズンバ、ランニングなどの方法もあります。

休息:パーフェクトボディを補うもの

睡眠 雑誌のボディ

パーフェクトボディを手に入れるには、食べ物と運動の効果を補う柱となる休息を甘くみてはいけません。

健康的なライフスタイルを手にするためにはどんなプランにも、よく寝て、体を休めることがガイドラインとして含まれています。運動も何事も極限までしてはいけません。

  • 毎日、厳しいルーティンをすることは正しい方法ではありません。運動が毎日のプランとなっているのであれば、週に1、2回はあまりきつくない内容にしましょう。
  • 睡眠時間は途中で妨げられることなく、7時間は寝るようにしましょう。睡眠が不十分だと、太ったり、活力が湧かなくなったり、集中力に影響をきたしたりします。

こちらもお読みください:集中力を高める10の食材

細身の健康的な体型を得ることを考えているなら、極限に挑むことには気をつけ、上記のシンプルな習慣をライフスタイルとして取り入れ、理想の体を手に入れましょう。