あなたのエネルギーレベルを向上させる健康習慣

· 6月 6, 2018
1日をもっと元気に過ごし、また健康な体を手に入れるにはヘルシーな生活習慣を身に付けることが大切です。

1日を乗り切るエネルギーがなぜか足りないと感じたことはありませんか?

ちょっとした健康習慣の改善で、コーヒーなどを飲まなくても、エネルギーを向上させ、元気に1日を過ごすサポートをします。

もっと元気に1日を過ごす方法

ここからは1日をエネルギッシュに過ごすヒントをお伝えします。

今すぐ始められるオススメの方法です!

1.十分な睡眠をとる

十分な睡眠は1日のエネルギーの源になります

理想的な睡眠時間は7~8時間と言われていますが、大切なのは睡眠時間に加えて睡眠の質です。

心地の良いベッドと掛布団、ほのかな光の中で質の良い睡眠を目指しましょう。

また就寝時間の1時間前からは、テレビやコンピューターなどの電子機器の電源をオフにしてください。

こちらもご参考に:睡眠に影響を与える就寝前の行動

2.エクササイズをする

エクササイズ

エネルギーを向上させるために運動と聞くと、矛盾しているように感じるかもしれませんが、午前10時より前に行うエクササイズは、エネルギーの向上に大切な役割を果たします。

運動をするとエンドルフィンが放出され気分を改善し、元気に1日を過ごすのに役立つからです。

仕事の開始時間が早いからと諦める必要などありません。

少し早めに起きて犬の散歩や家の周りの散歩を15分程度をするだけでも良いのです。

早起きが苦手な方は、通勤時間や普段の生活に少し運動を加えてみましょう。

職場まで自転車で行く、一駅歩く、エレベーターではなく階段を使う、車を少し遠めのところに駐車して歩くなどが良いでしょう。

3.瞑想

エクササイズが苦手なら(健康にはとても良いのですが)、リラクゼーションテクニックを利用するのも良いでしょう。1日10分の瞑想をおススメします。

チベットの僧侶や瞑想のエキスパートでなくたっていいのです。

あぐらをかいて、背筋を伸ばし、目を閉じ、呼吸に集中します。仕事やお金、人間関係、その他色んな出来事を頭から追い出します。体だけに集中するのです。

ご存知ですか?:神経を落ち着かせる5つのコツ

4.太陽の光を部屋に入れる

太陽の光

頭をしっかり目覚めさせるには太陽の光を浴びるのが一番です。

太陽の光を感じると体全体が目覚めますし、逆に寝るとき暗くなければならないのはこれが理由なのです。

朝起きたら、まず家中のカーテンを開けましょう。カーテンを開けるのが難しい住宅環境の場合は、目覚まし時計がなったら、ベットや布団の横の電灯をつけて、体に「起きる時間」だというサインを送りましょう。

5.朝食をしっかり摂る

朝食は遅く取ったり抜かしたりしないようにしてください。

朝食は、1日を始めるのに必要な栄養分とエネルギーを摂取する重要な食事です。

朝ごはんを食べる時間がないという場合は、いつもより10分早く起きて、果物、シリアル、乳製品(スキムミルクなど)を含んだ朝食を準備しましょう。

炭水化物や繊維を含む朝食は1日に必要なエネルギーを取るのに最適です。

例えば:オーツ麦入りのギリシャヨーグルト、全粒粉のパン、チーズ、バナナなどです。

6.正しい姿勢

姿勢

仕事で眠たくなったりコーヒーを飲まなければと考えなくてすむような習慣を身に付けましょう。

まずは出来るだけ机を自然の光が当たる場所に置いてください。脳が活性化されます。

その次におススメするのが正しい姿勢を保つことです。

コリや痛みを避けられるだけでなく、画面の前で眠りに落ちる事を避ける事も出来ます。

肩をまっすぐ耳から遠い位置に、首をリラックスさせてください。

7.動く

これは、前述のエクササイズとは別で、座りっぱなしの時間を過ごしている人は、何時間も同じ姿勢でいることを避けるためにも、`時間ごとに立ち上がって、5分程度歩き回ることをオススメします。

職場で歩き回るのがあまり推奨されない環境ならば、書類を手に持って歩いたり、必要な電話を歩きながら行うのはいかがでしょうか?

座る時間が長い場合は、立ち上がって歩くことで、血液の循環を改善して、エネルギー向上につながります。

8.音楽を楽しむ

音楽

何をしても元気が出ない時もあります。

それなら明るい曲を流してみてはいかがでしょうか?

明るい曲は脳を活性化し、注意力と集中力を向上させます。

またストレスを発散させ緊張を和らげます。人生を楽しみましょう!