夜間の子どものせきを止める7つのヒント

11月 3, 2019
子どもの呼吸に問題があるときや眠れないときには、小児科医に相談しましょう。たばこの煙や掃除用の化学製品など周囲の刺激物を取り除くことも重要です。

夜間の子どものせきは非常に一般的です。日中はせきが出なくても、夜間の継続的なせきによって眠りを妨げたり、または吐くことさえあるかもしれません。親にしてみれば、心配で仕方ありません。

せきは生理的な反射であり、不随意な身体反応です。激しい呼気により、体は気道から痰、汚れ、および空気中の粒子を吐き出そうとします。

呼吸器感染の経験がない健康的な学齢期の子どもは、1日に34回までせきをすることがあるということです。また、せきは親が子どもを小児科医に連れて行く主な理由の1つですが、通常は治療を必要としません。

せきが出る原因

せきの受容器は、喉頭から気管支までの気道に沿って位置しています。そして、次の要因によってせきを引き起こすのです。

  • 鼻炎、鼻咽喉炎、喉頭炎、風邪などの上気道感染症
  • 気道過敏性
  • 喘息とアレルギー
  • 胃食道逆流症(GERD)

日中たまにせきをすることがあっても、寝るときにせきを止められない子どもはたくさんいます。これは、日中は立って動くことにより、痰も動いているためです。しかし、横になっているときには痰がそれほど動いていないので、気道に痰が絡んでしまいます。

痰の絡みと姿勢が気道を乾燥させてしまい、せきを止めることができないのです。

こちらもご参考に:咳止め効果のある生姜を使った6つの自然療法とは?

夜間の子どものせきを止める方法

夜間の子どものせきはより深刻な症状を示している可能性があり、長く続くほど苦痛となります。睡眠と日常の活動に悪影響を及ぼし、子どもや親の生活の質に影響します。

次の方法を試して、せきを和らげましょう。

過度に乾燥した環境を避ける

子供部屋を加湿しましょう。加湿器はとても役に立ちますが、使用前には徹底的にきれいにする必要があります。また、暖房を使用する場合には温度設定を高すぎないようにし、ラジエーターの上に水が入った容器を置いて湿度を保ちます。

痰を薄める

子どものせき

痰を薄くして出しやすいようにするには、水分補給が重要です。子どもにたくさんの水を飲ませてあげましょう。または、ココナッツウォーターやフルーツジュースとの組み合わせを与えることもできます。

半座位の体制で寝かせる

横になる体制は夜間のせきを悪化させてしまうので、少し座らせたような体制で寝かせてみましょう。ベッドの先端を少し持ち上げるか、背中の下に枕を挟みます。

鼻づまりを改善させる

鼻づまりの場合には、スプレー状やドロップ状の生理食塩水を試してみてください。あまり快適なものではありませんが、とても効果的です。

また、エッセンシャルオイルの混合液を使用して子どもの胸をマッサージすることもできます。(2歳以上の子ども向け

材料

  • ユーカリオイル 2滴
  • アロマオイル 10滴
  • スイートアーモンドオイル 1/2カップ(100 ml)

使い方

  • 容器にすべてのエッセンシャルオイルを入れて、よく混ぜます。
  • 少量を手に取って子どもの胸をマッサージし、鼻づまりを和らげます。

ご存知ですか?痰のからむ咳を鎮める5種の薬草

喉の乾燥を和らげる

蜂蜜は乾燥したせきを和らげることができると証明されています。寝る前またはせきが出始めたら、蜂蜜小さじ1を与えます。また、温かい牛乳に溶かして飲んでもいいでしょう。

夜間のせきを止めるもう1つの治療法は、白玉ねぎまたは赤玉ねぎをみじん切りにし、蜂蜜をかけることです。数分後には蜂蜜が薄まるので、このシロップを毎日あげましょう。

玉ねぎ:昔からの治療法

夜間の子どものせきを緩和してくれる効果的な方法は、ベッドの横に玉ねぎのみじん切りを置くことです。玉ねぎにはアレルギー症状を緩和し、気道の炎症を抑える天然の抗ヒスタミン薬となるポリフェノールが豊富に含まれています。

玉ねぎに砂糖を加えることで、その香りが部屋全体に広がり、子どものせきを止めることができるでしょう。

家庭薬を避ける

一般的に、夜間の子どものせきは薬を必要としません。心配であれば、まずは小児科医に相談してください。

薬局で販売されている市販薬は、2歳未満の子どもに使用できないことがあります。これらの薬には、有害な副作用を引き起こす可能性のあるコデイン、デキストロメトルファン、またはクロペラスチンが含まれています。

まとめ

保育園や幼稚園に通い始めたときに、気道感染のためにせきをし始めることは珍しいことではありません。医師によれば、せきが4週間以上続くようであれば、慢性であるとみなされます。

子どもの呼吸に問題があるときや眠れないときには、小児科医に相談しましょう。たばこの煙や掃除用の化学製品など周囲の刺激物を取り除くことも重要です。

  • Oduwole, O., Meremikwu, M. M., Oyo-Ita, A., & Udoh, E. E. (2014). Honey for acute cough in children. Evidence-Based Child Health. https://doi.org/10.1002/ebch.1970
  • Sultana, S., Khan, A., Safhi, M. M., & Alhazmi, H. A. (2016). Cough Suppressant Herbal Drugs: A Review. International Journal of Pharmaceutical Science Invention ISSN (Online.