やっかいな痰を取り除くための植物療法ってなに?

8月 4, 2019
生姜の成分は気管支を浄化し、毒素と分泌物を排除するのに役立ちます。また生姜以外にも効果的な植物療法があります。

痰などの粘着性の分泌物は呼吸器から来ます。その役割は、分泌された部分を潤滑に保つこと、そして汚染物質や感染物質を排除する働きがあります。

この液体は、糖タンパク質、抗体、および免疫系の健康に必要な他の物質で構成されています。そのため、ある意味これらは私たちにとって必要なものです。感染症にかかると、過剰な量が分泌されたり、鬱血など不快な症状を引き起こすことがあります。

これらの症状を軽減するのに役立つ様々な自然療法があります。去痰薬など従来の治療法に加えて行ってみましょう。

自然療法の中には、植物療法もあります。これは、肺を浄化するのにも役立ちます。

この記事では、5種類の植物療法についてご紹介します。

1、ユーカリ

ユーカリ 植物療法 痰

ユーカリの葉には、過剰な粘液分泌による症状を和らげるエッセンシャルオイル、抗酸化物質、抗炎症化合物などが含まれています。

ユーカリエッセンスの濃度は、鼻と喉のつまりを改善します。呼吸をするためにの正常な空気の流れを妨げる粘液を排除することができます。

材料

・ユーカリの葉 大さじ3

・水 2カップ

作り方

・水にユーカリの葉を入れて、5分間温めて沸騰させます。

・蒸気が逃げないように蓋をしてください。

やり方

・蒸気を吸い込むために、蓋を開けて顔を近づけます。

・より良い結果を得るためにはタオルで覆って行ってください。

・5〜10分間行い、休憩をしてください。

・必要に応じて、次の日も行ってください。

この記事もお読みください:

5種類のエッセンシャルオイルとその効能

2、オレガノ

オレガノの葉には、過度の痰を引き起こす感染症と戦う効果があるエッセンシャルオイルと抗生物質が含まれています。

このエキスは、粘液を温めることで、それを取り除きやすくします。

材料

・オレガノ 大さじ1

・沸騰したお湯 1カップ

作り方

・お湯にオレガノを入れて、蓋をします。

・10分間置いたら、オレガノを取り除いて、飲んでください。

飲み方

・鼻と喉のつまりがなくなるまで1日に2〜3杯飲んでください。

3、タイム

タイム 植物療法 痰

タイムの薬効は、風邪やインフルエンザの治療薬として使われています。

タイムは、喉や過剰な痰によって起こる炎症を改善するための消毒、去痰、抗けいれんの特性を持っています。

材料

・タイム 大さじ1/2

・水 1カップ

・ハチミツ 大さじ1

作り方

・水にタイムを入れ、5分間温めて沸騰させます。

・蓋をして、10分間待ちます。

・タイムを取り除き、ハチミツを加えて甘くしてください。

飲み方

・3〜5日間、毎日これを2杯飲んでください。

4、生姜

生姜の活性化合物であるギンゲロールは、抗菌、去痰、抗炎症などの働きがあります。これら全てが呼吸器の感染症を緩和するのに役立ちます。

ギンゲロールに加えて、抗酸化物質、油などが気管支を温めて、分泌物および毒素を排除する効果があります。

材料

・生姜 大さじ1/2

・水 1カップ

・ハチミツ 大さじ1

準備

・水を温めて沸騰させ、すりおろした生姜を入れてください。

・鍋に蓋をして、10分間待ってください。

・お茶を越して、ハチミツを入れて甘くしてください。

飲み方

・一日3杯まで飲んでください。

・痰の量が減るまで、2〜3日間行ってください。

この記事もお読みください:

減量効果抜群!生姜水を作る方法

5、ベイリーフ

ベイリーフ 植物療法 痰

ベイリーフは、肺にとても良い自然の成分がいっぱいです。これは痰を吐き出しやすくしたり、胸部の鬱血を緩和するために推奨されています。

材料

・ベイリーフ 大さじ1

・水 1カップ

作り方

・水を温めて沸騰させたらベイリーフを加えて、10分間待ちます。

・ベイリーフを取り除いて、飲んでください。

飲み方

・これを毎日2杯飲んでください。

・オプションとして、お茶に綺麗な布を浸して胸に当てて使用することもできます。

・鬱血が緩和されて、過剰な痰がなくなるまでこれを繰り返して行ってください。

これらの治療法に加えて、呼吸経路を清浄するために、水と健康的な飲みものをたくさん取るようにしてください。

また、喉や鼻が詰まっている間は、化学物質、埃やその他の揮発性物質などの問題を悪化させる物質を避けるように注意してください。

  • Kozak, J., Markiewicz, A., Kordiak, J., & Jabłoński, S. (1996). Ropne zapalenie śródpiersia. Pneumonologia i Alergologia Polska : Organ Polskiego Towarzystwa Ftyzjopneumonologicznego, Polskiego Towarzystwa Alergologicznego, i Instytutu Gruźlicy i Chorób Płuc. https://doi.org/10.4271/2012-01-0396
  • Radzikowska, E., Wiatr, E., Remiszewski, P., Bestry, I., Grudny, J., Langfort, R., … Roszkowski, K. (2004). Organizujące siȩ zapalenie płuc – Analiza 18 przypadków. Pneumonologia i Alergologia Polska.