ハーブガーデンを作る方法

3月 9, 2018
キッチンやテラスの角、バルコニーなどはハーブガーデンを作るのに最適な場所です。あなたも作ってみたくないですか?

家の中にハーブガーデンがあるととても便利です。ハーブは暑さにも寒さにも強く、また特別な肥料もいりません。ここではハーブガーデンの作り方をご紹介します。

お部屋の雰囲気づくりにも良いですし、素敵な香りや美しさを楽しむことも出来ます。

またそんなにお金や場所を費やすことなく簡単に作ることが出来ます。

重要なのは正しい場所を見つけることです。植物の色、質感、香りはそれによって大きく変わります。

あなただけのハーブガーデンの作り方やコツをご紹介します

 

適切な場所を選ぶ

ハーブ

場所選びはとても重要です。

出来るだけ空気の汚れていない車の通りの少ない場所に置きましょう。

太陽

太陽の光は多くの植物にとってとても重要なものです。1日数時間太陽に当たることが必要な植物もあれば、影でも大丈夫なものもあります。

ハーブガーデンを作るなら、それぞれの植物にあった場所を選ばなければなりません。必要なだけの太陽の光と影を作ってあげることが重要です。

1年を通していつでも植えることが出来ますが、熱すぎる日は避けてください。

 

ハーブは暑さや寒さには強いのですが、強風からは守ってあげましょう。

涼しく風通しのある場所が良いですが、強すぎる風が当たるところは適切とは言えません

強風や寒くなりすぎる場所は避けてください。

 

ハーブは栄養価の低い土でも育ちますが、水はけのよい場所でなくてはなりません

植物を植える時はしっかりと根付かせるため少なくとも25cmの深さに植えてください。

どうしても土に栄養価が足りなすぎる場合は、ご紹介するオーガニックの肥料を使ってみてください。

1.サラサラとした土

土づくり

このような乾燥した土には、水分を保持できるような栄養分が必要になります。

・育苗培土

・芝土

・ミミズコンポスト

・堆肥

2.粘土質の土

サラサラした土と真逆で、これは水分が多すぎる土の事を言います。植物の成長を妨げるだけでなく、害になる事すらあります。

・水分を取り除くのに必ずオーガニックの培養土を使ってください。

・粘土質の土とのバランスを取るために、きれいな土を混ぜ合わせてます。根っこに空気が入るので植物にもとても良いです。

3.腐葉土

この土づくりは植物の成長を助けます。

植物を植える直前に培養土、砂利、パインチップの上から腐葉土を敷きます。そうすると水やりの回数を減らすことが出来、また雑草が生えるのを防ぐことが出来ます。

 

適切な収穫時期はいつ?

ハーブの収穫

ハーブの収穫には適切な時期があります。

最も香りが強く、精油や栄養分が最も豊富な時期を選んで収穫します。

・収穫に最適な時期は植物の年齢などあらゆる要素を考慮して行わなければなりません。

それぞれのハーブの適切な収穫時期:

・3月:ケッパー

・4月:ダンディーライオン

・5月:スイカ、カタバミなど、カモミール、パセリ

・6月:マロウ、ローズマリー、セージ、タイム、タラゴン

・7月:ベイリーフ、バジル、ラベンダー、クミン、ミント、オレガノ、マスタード

・8月;オニオン、ガーリック、バジル、シアントロ、マジョーラム、パセリ、セロリ

・9月:マリーゴールド、ケッパー、ディル

・10月:ジュニパー、マロウ

・11月:ベイリーフ

 

あなたへおすすめ