痛風に効果のある自然療法

5月 12, 2019
関節の痛みは時に悪夢のような激痛となって、あなたを悩ませるかもしれません。健康的な食事、運動、そしてアルコールを避けることが痛風の治療に役立ちます。

自然療法による痛風の治し方をご存知ですか?

痛風は、関節内に微結晶または尿酸が蓄積することによって生じる症状です。結晶は皮膚の下に膨らみを形成したり、尿路に沈着します。

今回は痛風の原因、症状についてご説明します。痛風を治し、再発を防ぐために効果的なアドバイスと自然のレメディをご紹介します。

痛風の原因

痛風が発生する理由はたくさんあります。以下にいくつかその例を挙げます。

食物を摂取するのと同様に、絶えず細胞が破壊され形成され続けることで、血液中に一定量の尿酸が生成されるようになります。通常は腎臓の助けをかりてそれを排出することができます。

しかし、これがうまくいかないと、尿酸値が異常に上昇します。結晶が形成されて関節内に沈着し、鋭い痛みを感じるようになります。

足の痛み

痛風の症状

痛風はその進行具合いによって異なる症状が見られます。

  • 初めのうちは、1つもしくは数カ所のみの関節だけが痛みを感じます。一般的に、膝や足首、親指に痛みを感じます。痛みは数日中になくなるケースが多いですが、またしばらくすると出てくることもあります。
  • 夜に発生する傾向があり、急性で非常に耐え難い鋭い痛みを伴います。
  • 通常、痛風に侵された関節は、熱くて赤いです(炎症を起こしています)。非常に敏感で腫れやすい傾向があります。
  • 発熱することもあります。

最初の痛風の発作の後、症状は消えるケースがほとんどです。しかし、半年から一年の間に再び別の発作を経験する可能性があります。

その一方で、慢性痛風を発症する人もいます。これは関節の損傷、関節の喪失または可動性の低下につながります。

ご存知でしたか?:
痛風の患者さんが避けるべき7つの食品とは?

関節炎の種類

痛風、もしくは痛風に似た症状は以下のとおりです。

  1. 急性痛風。通常1カ所の関節にのみ発生します。
  2. 慢性痛風。痛みが繰り返し発生して炎症を引き起こします。
  3. 偽痛風。発作の症状が痛風の発作に似ていることからつけられた病名です。尿酸以外の結晶誘発による関節炎を総称していいます。主にピロリン酸カルシウムの結晶が原因となることが多いようです。

予防法

幸いなことに、痛風は予防し回避することができます。いくつのかアドバイスをご紹介しましょう。

  • 水分をたくさん摂取する(アルコール飲料は避ける)穀物、野菜そして炭水化物が豊富な食事をとる。
  • プリン体を多く含む食品(魚介類、赤身の肉、脂肪の多い魚)の摂取量を減らす。
  • 毎日低用量のコルヒチンを摂取することで、発作を予防したり頻度を減らすことができる。

こちらもご参考に:
自然療法で痛風にさよならを!

痛風を治療するための自然療法

1.イラクサ茶

イラクサには利尿作用があり、血中の尿酸値が上昇している場合に効果的です。

材料

イラクサ大さじ1

水1カップ

作り方

水を入れてイラクサを沸騰させる。

沸騰したら火を止めて数分間浸す。

1日に2回から3回摂取しましょう。

2.たんぽぽ、グロブラリア・ブルーアイ、グリーンアニスのお茶

痛風に聞くハーブティー

たんぽぽは利尿作用とクレンジング作用がありますグロブラリア・ブルーアイは痛風を予防する効果があり、グリーンアニスは抗炎症作用があります。したがって、これらの植物を一緒に自然療法として利用することは、血中の尿酸排除し、痛風を治療するのに非常に効果的です。

材料

たんぽぽ大さじ1

グロブラリア・ブルーアイ 大さじ1

水3カップ

グリーンアニス大さじ1

作り方

水を温めてハーブを加える

水が沸騰したら火を止める

カップに注ぐ前に5分〜7分浸しておきます。

1日に3回まで飲むことができます。

 

  • Sánchez Pozo, A., & Faus, M. J. (2003). Hiperuricemia y gota. Pharmaceutical Care Espana.
  • González, A. (2003). MANEJO DE LA GOTA : Revisión. Revista de Posgrado de La VIa Cátedra de Medicina.