腎臓の浄化に高い効果を発揮するデトックス法

· 2月 2, 2019
腎臓をはじめとする体内に蓄積されたすべての毒素を体外に排出するためには、年に1回以上デトックスを行うことが大切です。

食生活の改善や特別な食事療法を行うとき、多くの場合が減量を目的としています。

しかし実際は、腎臓のクレンズなど様々な目的にあった食事療法が存在します。

私たちの健康維持に欠かせない器官である腎臓は豆のような形をしており、この大切な器官である腎臓は、実は幅が約8cm、長さは13cm程度です。

左右一対の腎臓は腰のすぐ上、 右の腎臓の上半分は肝臓の後ろ、左の腎臓はだいたい脾臓や胃の後ろにあります。

腎臓の主な機能は体内の解毒で、体内に良い物質と悪い物質を区別し、悪い物質は体外へと排出します。

重要な体内器官である腎臓を常に健康に保ち、正常に機能させることが大切です。

今回は腎臓を浄化するデトックス法について詳しくご紹介します。ぜひお試しください!

腎機能

浮腫 腎臓のデトックス

腎臓は体の主要な血液を濾して浄化するフィルターの役割を果たします。

体が必要とする物質を保持しながら、不要な物質は尿を通じて体外へと排除します。

オンライン医学雑誌Zona Hospitalariaで説​​明されているように、血液を濾過することに加えて、腎臓は以下の働きをします。

  • 1日に1.8リットルの液体をろ過
  • 1.5〜2リットルの尿を生成
  • 毒素を体外へと排出
  • 水、ナトリウム、カリウム、塩化物、カルシウム、ブドウ糖などの体が必要とする物質を保持
  • 赤血球産生の原因となるホルモン、エリスロポエチンの合成に役立つ
  • 血圧調節に機能するホルモンであるレニン合成に役立つ
  • カルシトリオールを生産することによって骨を健康に保つビタミンD生産に関与
  • 人間の身体がホメオスタシス – 生体恒常性を維持するのをサポート

デトックスを開始するかどうかにかかわらず、考慮すべき腎臓の問題を示すいくつかの兆候をご紹介します:

  • 体液貯留
  • 尿のにおい、色または量の変化
  • 排尿時の痛み
  • 膀胱感染症の可能性
  • 血圧レベルの上昇
  • 腎臓感染症の可能性
  • 全体的な疲れ
  • かゆみを伴う皮膚トラブルの発生

ご存知ですか?:腎臓デトックスに役立つおいしいジュースレシピ

腎臓をデトックスする食事療法

少なくとも年に一回、腎臓を浄化するデトックスを行うことをお勧めします。

レントゲン 腎臓のデトックス

過剰な塩分の消費は避けましょう。また、プリン体が豊富に含まれている食品は、体内の尿酸値を上昇させるため、避ける必要があります。

いくつかの例をご紹介します:

  • いわし
  • アンチョビ
  • ソーセージなどの加工肉と肉類
  • ホルモン
  • マメ科植物

カリウムが多く含まれている食品は、腎臓病や腎機能が弱っている人にとっては健康上の問題につながる可能性があるため、できる限り避けなければなりません。

  • ほうれん草
  • サツマイモ
  • オレンジ
  • キャベツ
  • ジャガイモなど

こちらもご覧ください:大腸のデトックスに! ハーブティー5選

ある特定の食品は腎臓の機能に悪影響を及ぼすだけでなく、様々な病気の原因となります。特に動物性食品の場合は、私たちの体にとって有害になる可能性があります。

食生活から完全に排除する必要はありませんが、摂取量に注意すべき動物性食品をご紹介します:

  • 家禽類(鶏や七面鳥など)
  • 乳製品や乳糖が含まれた製品

糖分摂取量を減らす

避けるべき食品とは別の項目として糖分の摂取量を取り上げたのは、本来糖分は私たちの食品の中で摂取頻度が最も引きはずの食べ物なのに、近年では糖分を過剰に摂取している人が多くいるからです。

砂糖を食べ過ぎることが糖尿病や高コレステロール血症の直接的な原因にはなりませんが、砂糖や飽和脂肪酸が多く含まれた食品は腎臓の厄介な問題を引き起こす原因になります。

腎臓のデトックスで食べるべき食品

今回のデトックスは数日間のみ行います。

利尿作用のある食品を使って体内の毒素を体外へと排出することが大切です。

以下の食品を積極的に、そして摂取量を守って摂取してください:

  • ブロッコリー
  • アーティチョーク
  • パイナップル
  • タマネギ
  • クレソン
パイナップル 腎臓のデトックス

これらの食品に加えて、利尿作用のあるお茶を煎じて飲んでください。

  • パセリ
  • アニス
  • タンポポ
  • スギナなど

水を沸騰させたらこれらのハーブを入れてお茶を淹れましょう。

1週間継続して飲んでください。

スギナを1リットルの水に入れてフレーバーウォーターを作る場合は、冷蔵庫で保存して15日間まで飲むことができます。

利尿作用のある食事と組み合わせることで、腎臓を浄化する効果が高まると考えられています。

たっぷりの水分補給

毎日2〜3リットルの水を飲んでください。

水をしっかり飲むことで、腎臓が円滑に働くだけでなく、腎臓がオーバーワーク気味になるのを防ぐ効果が期待できます。

タンパク質を摂取するときは、水の摂取量をグラス1〜2杯程度まで増やしてください。

ただし、排尿時の痛みなどの排尿に関する問題、体の浮腫、そして体液貯留に悩んでいる人、またはそうでない人も腎臓のクレンズを行う場合は、必ずかかりつけ医に相談して、医師の指導の元で行ってください。

  • Treves, S. T., Packard, A. B., & Grant, F. D. (2014). Kidneys. In Pediatric Nuclear Medicine and Molecular Imaging. https://doi.org/10.1007/978-1-4614-9551-2_12
  • Beyenbach, K. W. (2004). Kidneys sans glomeruli. American Journal of Physiology-Renal Physiology. https://doi.org/10.1152/ajprenal.00351.2003
  • U.S. Department of Health and Human Services. (2009). The Kidneys and How They Work. National Institutes of Health. https://doi.org/10.1017/CBO9781107415324.004