天然フラックスシード療法で便秘を治そう

2月 14, 2019
化学薬品である便秘薬を使いまくる代わりに、食事にフラックスシードを取り入れて食物繊維を沢山摂取し、腸管輸送を最大に促して便秘を解消しましょう。

便秘は、思っているより深刻な問題です。適切に体を浄化しないと、慢性的退行疾患で悩むことになりかねないのを頭に入れておくべきです。ですから、適切な食事と自然療法で、できるだけ早く腸管運動の調節を始めましょう

この記事では、天然フラックスシード療法で便秘を治せる方法をご紹介します。フラックスシードは排泄をスムーズにして腸機能を調節にするのに役立ちます。

1週間も経たないうちに良い効果を実感するでしょうから、是非試してみて下さい。

便秘のリスク

便秘のリスク

便秘は排便時に問題を招く腸の問題で、輩出する便の量が少な過ぎたり、固かったりする症状です。便秘に影響する要因には、例えば、ストレスや座る生活スタイルなどがあります。

しかし、問題は主に食事にあります。通常、食物繊維に乏しく、精製食品や加工食品に富んだ食事が大きな問題となります。

便秘は悶々と悩める問題であることに加え、頻繁に起こすことで長期的で重大な健康問題を招きかねません。

  • 腹部の腫れ
  • 裂孔ヘルニア
  • 頭痛
  • 裂肛
  • 宿便(腸内に便が蓄積され圧縮されていく症状)
  • 虚血性大腸炎
  • 憩室炎
  • 胃がん
  • 大腸がん

更に、便秘は栄養を吸収しにくくするため、バランスの取れた食事をしていても栄養失調を招きかねません。また、腸内フローラは免疫系と関係していますが、そうした意味で、適切に腸がはたらいていないと、免疫が弱まってしまいます。

こちらもどうぞ:驚くべきだ胃腸の生理学

便秘はどうやって治すの?

便秘薬の問題点

下剤 便秘は、思っているより深刻な問題です。適切に体を浄化しないと、慢性的退行疾患で悩むことになりかねないのを頭に入れておくべきです。ですから、適切な食事と自然療法で、できるだけ早く腸管運動の調節を始めましょう。 この記事では、天然フラックスシード療法で便秘を治せる方法をご紹介します。フラックスシードは排泄をスムーズにして腸機能を調節にするのに役立ちます。

下剤は便秘で悩む多くの人にとって即効性のある薬です。

問題は、化学薬品の下剤も天然の下剤も大半は腸内に炎症を引き起こし、細菌フロラにダメージを与えることです。なので、長期的には悪化させることになります。

炎症性の下剤は一度きりの一時的なものには使えますが、腸管運動を促す常習的療法として使うのは避けるべきです。便秘を解決する鍵は良い食事と腸に炎症を与えず腸管輸送を助ける天然療法を使うことにあります。

良い食事

腸機能をより良くするためには、健康的でバランスの取れた食事を摂るべきです。以下の食品を適量で取り入れる必要があります。

  • 野菜や果物(生でも調理済みでもOK)
  • 全粒穀物(米、オート、雑穀、キノアなど)
  • マメ類
  • 木の実、ナッツ類
  • 種類
  • きのこ類
  • 海藻

こうした食品を増やし、食事を改善する時は食物繊維をもっとたくさん食べることを念頭に入れましょう。また、同時に水分摂取量も増やしていきましょう。そうでないと、便秘が悪化します。

  • 1日あたり2リットル(6~8杯)分の水を食品以外から摂取するべきです。

チェックしよう:レモン・セロリ・青リンゴのジュースで1か月クレンジング

フラックスシード療法

フラックスシード

材料

この療法を試すには、以下の材料が必要です。

  • フラックスシード(ゴールドまたはブラウンのもの) 大さじ1(10g)
  • 水 1カップ(200ml)

注意:この療法に効果を持たせるには、生で全粒のフラックスシードを使う必要があります。挽いた粉状のフラックスシードはヘルシーですが、全粒のものほど便秘には効きません。

また、フラックスシードは酸化防止のために光や熱を避けて保管しましょう。

作り方

この自然療法を試すには、以下の手順を毎日行いましょう。

  • まず夜、寝る前に、フラックスシードをコップ1杯の水の中に入れておきます。
  • 夜の間に、種がスライム状の繊維である粘液を分泌します。
  • 朝、起きたら、フラックスシード入りの水を飲みます。
  • 少なくとも朝食(または1日の初めの食事)を食べる30分前に飲みましょう。
  • 1日を通して、食物繊維の消化を促すために食事中以外にも水をたくさん飲みましょう。

この療法の効果をより強力にしたい場合は、フラックスシード入りの水にプルーンを3つ足しても良いでしょう。

プルーンは食物繊維が富んでいるので、腸管輸送にも最適です。更に、歯や骨を丈夫にするミネラルも多く含まれています。

  • Remes, J., et al. “¿ Qué se entiende por estreñimiento? Un estudio en población abierta.” Rev Gastroenterol Mex 74.4 (2009): 321-8.
  • Remes-Troche, José María. “Estreñimiento: evaluación inicial y abordaje diagnóstico.” Rev Gastroenterol Mex 70.3 (2005): 312-22.
  • Wasserman, Max Schmulson, et al. “Consenso latinoamericano de estreñimiento crónico.” Gastroenterología y hepatología 31.2 (2008): 59-74.