定期的に卵を食べるメリットと/調理方法

10月 28, 2015
卵には悪い評判もありますが、骨を強くし記憶力を良くする効果があるので普段の食事に積極的に取り入れるべきです。

卵は栄養価が高く、普段の食事の基礎となるタンパク質、オメガ-3脂肪酸、ビタミン、ミネラルが豊富に含まれています。卵を食べるということに対していろいろな見方があり、卵を食べることを躊躇する方がたくさんいらっしゃいます。しかし、研究では卵には非常に高い栄養価があり、普段の食事に取り入れるには理想の食べ物ということが証明されています。

どうして卵は体に良いの?

 

・体が必要とする必須アミノ酸を含んだタンパク質が豊富に含まれています。

・ルテインやカンタキサンチンを含んでいることから目の問題を予防してくれます

ビタミンB(B1,B3,B12,葉酸,ビオチン)、ビタミンA、ビタミンE、ビタミンDが豊富に含まれています。

・神経機能のための必須アミノ酸の一種であるコリンが豊富に含まれています。

セレン、亜鉛、リンなどの鉄分が多く含まれています。

 

健康になるメリット

卵は高い栄養素を持っていることから、スポーツをよくする方、妊娠中の方、高齢者の方に勧められています。

エネルギー増加

タンパク質と脂肪によって日々の活動に必要なエネルギーを維持してくれます。

体重を減少させてくれる

taijyuu-gennsyou

満腹感を維持してくれる効果があるので過食などの不安を軽減してくれます。ですので朝食で卵を食べることはオススメです。ただし、しっかりとした健康的な食事とトレーニングをしているということが、効果が発揮される条件です。

コレステロール説

卵は長い間、悪玉コレステロール(LDL)を増加させてしまうと言われていました様々な研究によって近年は、卵は体には直接そうした影響を与えないということが証明されました。また1日に2個卵を食べる人でもコレステロールは増加しないということが確認されました。

心臓を守る

shinzou

卵に含まれているコリンには血中のホモシステインや、血管にダメージを与える有害なアミノ酸を減少させてくれます。またビタミン、ミネラル、オメガ-3脂肪酸は心臓発作や脳溢血などのリスクを軽減してくれるため心臓を守ってくれます。

骨の強化

卵に含まれるビタミンDやカルシウムは骨を強化する働きがあるので、骨粗鬆症などを予防をしてくれます。

記憶力を良くする

kiokuryoku

卵に含まれるコリンは脳の機能や発達を刺激してくれる効果があります。

視力を守る

卵に含まれる2つの酸化防止成分のルテインとゼアキサンチン紫外線による視力の低下を防いでくれます。

 

どうやって調理すればいいの?

medama-yaki

卵の調理法として一般的なのは次のものです。

・茹でる

卵を水に入れて弱火で沸騰するまで火にかけます。沸騰したら数分待って火からおろして殻をむいてください。

・焼く

フライパンに卵を割り焼きます。お好みでオリーブオイルと塩を少しふります。

・スクランブルエッグ

焼く時と同様にフライパンに卵を流し込みかき混ぜます。玉ねぎ、トマト、ニンニク、ソーセージなど好きなものを入れるのもいいでしょう。

・オムレツ

フライパンに流し込む前にしっかりと溶いた卵を少量のオリーブオイルで焼きます。

 

その他の食べ方

卵黄は生で食べるともっと栄養価が高いです。

フルーツシェイク

材料

・卵

・ココナッツミルク 100ml

・はちみつ スプーン1杯

・バナナ

・イチゴ 6粒

これらの材料を全部ジューサーに入れて混ぜてください。

 

チョコレートシェイク

もし美味しいタンパク質を含んだ栄養のあるシェイクを飲みたいなら是非これをお試しください。

材料

・チョコエキス スプーン1杯

・水 カップ3分の1

・溶き卵

これらの材料を全部ジューサーに入れて混ぜてください。

 

あなたへおすすめ