卵白と卵黄どちらが健康的?

· 12月 25, 2015
卵白は脂肪分を含みませんが、卵黄はタンパク質が豊富です。どちらも身体にはメリットがあるので、一緒に食べるようにしましょう。

卵白か卵黄、どちらがより健康的であるかを考えたことがありますか?専門家によると、卵白と卵黄の両方、つまりどちらかではなく卵全部を食べることが健康に良いとされていますが、これからお話するように、どちらの部分もそれぞれ特定の要素があります。卵は食生活に不可欠で、毎日の食事に取り入れたい栄養価の高い食べ物です。コレステロールが高いという噂を心配する必要はありません。卵は心血管系に悪い飽和脂肪酸が非常に少なく、理想的な不飽和脂肪酸が多く含まれています。それでは、卵の各部分の利点をお話ししましょう。

卵白のメリット

たまご2

卵白と卵黄のどちらが好きですか?コレステロールを気にして黄身と白身を別々に分ける人もよくいます。それは、卵白が卵の中で最も健康的な部分であると考えられているからです。卵白の利点は次のようなもが挙げられます。

  • 卵白には全く脂肪分がない。カロリーが非常に少なく、健康的な食品と言えます。しかし、気を付けなくてはいけない点もあります。それは、例えば目玉焼きを作る時です。調理時に使用するオイルには健康に害を及ぼす脂肪が含まれていることもあるため、健康的だからと安心しきっていてはいけません。
  • ビタミンB複合体が豊富
  • 卵白は卵黄よりもカロリーが少ない
  • 減量に適している。多くの人は、朝食にタンパク質やビタミンを摂り、お腹がふくれる卵白だけを食べます。 しかし、朝食に卵白「だけ」を食べるのはお勧めしません。例えば、オートミールやフルーツスムージーなど、他の食品と卵白を組み合わせると良いでしょう。
  • 多くの美容法に使われている。卵白はお肌を引き締め柔らかくするのに効果的で、痛みや痒み、炎症にも効きます。
  • 血圧を下げる。卵白には血圧を下げやすくするペプチドが含まれています。

こちらの記事もご覧ください:高血圧の治療薬とは?

卵黄のメリット

たまご3

  • 卵黄には卵白より多くのタンパク質が含まれている
  • 卵黄は良い脂肪が豊富: 卵1個当たりの脂肪は約4gで、そのうちたった1.5gが不健康な脂肪と言われている飽和脂肪です。残りは 体に非常に良い不飽和脂肪です。卵黄のコレステロール値は非常に低いので、健康な人には無害です。もしあなたのコレステロール値が高めなのであれば摂取量を多少制限してもいいですが、タンパク質が多く含まれているため、全く食べないということは避けましょう。
  • 卵黄はビタミンやミネラルの強力な供給源で、鉄、リン、カリウム、マグネシウムが豊富:また、ビタミンA、E、D、B9(葉酸)、B12、B6、B2、B1といったビタミンも含まれます。卵黄は、ビタミンDが豊富な数少ない食品の一つです。
  • コリンが含まれている:コリンは記憶力アルツハイマー病認知症などにポジティブな影響を与え、脳にとって有益な物質です。一般社団法人日本養鶏協会でも、コリンを多く摂った結果、アルツハイマー病や認知症の予防に効果があると述べています。
  • 卵黄はレシチンが豊富:レチンはコレステロールと結合し、体にコレステロールが完全に吸収されるのを防ぎます。レシチンは骨髄、脳、肝臓、心臓、神経系に栄養を与え、健康にその機能を維持するために不可欠です。心臓の健康を守り、記憶力と集中力を向上させます。 卵黄が体に良くないなどと、誰も言うことはできません!

こちらの記事もおすすめです: 記憶力をアップさせる薬草

卵白と卵黄のどちらがよりヘルシーか

答えは、「両方ともヘルシー」です。 卵白は脂肪がゼロで、卵黄は飽和脂肪が少量含まれるものの、タンパク質が非常に豊富です。このことを踏まえると、やはり卵は卵白と卵黄の両方、つまり全卵を食べるのがおすすめです。多様でバランスの取れた食事と一緒に食べるのが健康への近道です。