記憶力をアップさせる薬草

7月 14, 2015

非常に複雑な形で私たちの生活の質に影響を与える進行性の記憶喪失。自然界にはこの問題を改善するのに大いに役立つ食品や植物が存在します。

代替医療で使用される薬草は、記憶喪失の治療に大変役立ちますが、私たちが日常直面する様々な状況での記憶力の改善にも役立ちます。この記事では、脳の回復能力、特に記憶力を良くする薬草についで学んでいきましょう。

この種の用途に使用される薬草は、体がアセチルコリンを長時間保持出来る特定の成分に富んだ物やフリーラジカルから脳の損傷を防ぐ酸化防止剤に富んだもので、同時に、記憶に優れた効果を発揮するエストロゲンを含む植物となります。

 

ソラマメ

kioku2

これは、成分内に塩素を大量に有する植物です。塩素はアセチルコリンの一種で、毎日この植物を煎じた物を摂取すると、脳の強化と記憶の回復に優れた効果があります。

 

コロハ(東南アジア原産のマメ科)

kioku3

これもまた、塩素を必要量供給出来る植物になります。アル・メティとして一般的に知られています。この薬草は、日常に煎じたお茶として取り入れるべきで、毎日2杯の摂取をお勧めします。

 

サルビア

kioku4

この植物は、アセチルコリンを保持することが出来る事で細胞に大変役立つ抗酸化物質に富んでいます。一日に2杯の煎じ茶を、週に1、2度摂取するのが良いでしょう。

 

ローズマリー

kioku5

ローズマリーは、フリーラジカルの損傷からアセチルコリンを保護するのに大変重要な、抗酸化特性を有します。記憶改善の為に、とても簡単に作れる煎じ茶を使います。一杯の湯を沸かして、テーブルスプーン1さじのローズマリーの花を加えて蓋をし、10分置いておきます。そして、一日に2度、小さなカップで2杯ほど飲みます。

 

ウイキョウ

kioku6

ローズマリー油で行うのと同じ様にウイキョウ油でマッサージします。ローズマリーで行われているマッサージの様に首、出来るのであれば、頭も行います。この方法で、マッサージをされている方は心地よくなり、大変リラックス出来ます。

 

イラクサ

yakusou4

イラクサを毎日摂取することは、精神機能の向上に役立つエストロゲンの形成にとても重要です。このハーブを頻繁に摂ると、記憶喪失によって現れる症状の改善に役立つでしょう。毎日摂っても問題はありませんし、この方法であなたは、長い間記憶喪失とは無縁で居られるでしょう。

あなたへおすすめ