手の関節炎を治療する/7つの自然療法

· 1月 6, 2016

関節炎は、関節の軟骨が磨り減ったことで起きる症状であり、骨同士が直接こすれて、激しい痛みが生じます。一般的に、関節炎を患っている人の関節は腫れていて、多くの場合、痛みのせいで日常生活を行うことが困難になります。

手は、関節炎に最も影響を受けやすい部位の一つです。手は毎日活動しており、使いすぎたときは軟骨が磨耗する原因になります。しかし、手の関節炎を自然療法で治療し、日常生活を妨げる痛みを予防し、あなたのQOL(生活の質)を向上させることができます。

キャスターオイル

2-エッセンシャルオイル

あまり知られていないことですが、キャスターオイル(ヒマシ油)は、手の関節炎の痛みと炎症を和らげる優れた方法です。この天然のオイルにはさまざまな用途があり、リシノール酸として知られる活性成分が含まれています。リシノール酸には強い抗酸化作用と鎮痛作用があり、関節炎と関連した不快感や腫れを軽減する効果があります。キャスターオイルを使ったマッサージを、一日2回行うことをおすすめします。

テーブルスプーン2杯分のキャスターオイルを温め、絞りたてのオレンジジュースと混ぜることも効果的です。これを毎朝、胃が空っぽの状態で、2週間続けて飲むことで効果が感じられるでしょう。キャスターオイルを摂りすぎると下剤と同様の効果があるため、摂りすぎに注意してください。

フェヌグリークの種

さまざまな研究が、フェヌグリーク(コロハ)には、数ヶ月で関節炎の痛みを和らげる、抗炎症・抗酸化作用があることを明らかにしています。1カップの水にフェヌグリークの種を入れ、一晩漬けておいてください。翌朝、胃が空っぽの状態でこの種を食べましょう(水は捨ててください)。最高の結果を得るためには、数ヶ月の間食べ続けてください。

ターメリック

3-ターメリック

関節炎に関連したあらゆる痛みを軽減するために、特に効果的な自然療法の一つがターメリックです。ターメリックには抗炎症・殺菌・抗菌作用があり、抗酸化物質も含まれています

ターメリックの効能を得るために、ティースプーン1杯のターメリックの粉末、コップ1杯の牛乳、テーブルスプーン1杯の蜂蜜を混ぜたものを飲んでください。あなたが乳糖不耐性の場合は、牛乳を植物性のミルクか水に変えましょう。

オリーブオイル

オリーブオイルには、炎症と関係があるCOX‐1・COX‐2エンザイムの活動を妨げる、オレオカンタールという活性成分が含まれています。食事にオリーブオイルを取り入れている人は、将来的にリウマチ関節炎にかかる可能性が低下します。

手の関節炎による痛みと炎症を和らげるために、オリーブオイルで優しくマッサージすることをおすすめします。少量のラベンダーのエッセンシャルオイルを混ぜて温めたものを使うと、より効果的です。

蜂蜜とシナモン

4-蜂蜜とシナモン

蜂蜜とシナモンの組み合わせには多くの薬効があり、関節炎の痛みと炎症を和らげる効果もその一つです。シナモンには抗炎症成分と抗酸化物質が含まれており、また蜂蜜には天然の殺菌作用があります。

ティースプーン1杯と半分の粉末シナモンと、1テーブルスプーンの蜂蜜を混ぜてください。これを毎朝、胃が空っぽの状態で摂ることで、関節炎が和らぐことでしょう。

エプソムソルト

エプソムソルト(エプソム塩)は、関節炎と関連した症状を軽減するためにしばしば使われる方法です。この塩には、関節炎が起きている部分の緊張をゆるめ、炎症や痛みを和らげ、凝りをほぐす効果があります。

ボウルに熱いお湯を入れ、エプソムソルトを2カップ加えたものに、手を20分間浸してください。この治療法を週に2回行いましょう。

りんご酢

5-りんご酢

りんご酢は手の関節炎の痛みと炎症を治療するのに効果があります。テーブルスプーン1のりんご酢を1カップの水で薄め、少量の蜂蜜を加えて、朝、胃が空っぽの状態で飲んでください。

温めたりんご酢1カップに、カイエンペッパーの粉末ティースプーン1を混ぜたものを使って、手をマッサージするのも効果的です。マッサージの後15分間そのままにしてから、お湯で洗い流してください。