手の保湿に効果的な5つの自然療法

· 4月 21, 2018
手の保湿と角質除去を行うことで、肌を柔らかくそして若々しく保つ5つの自然療法をご紹介します。

紫外線、毒素、および様々な環境要因や物質による刺激が原因で起こる肌への悪影響を軽減するためにも、手の保湿は欠かせません。

私たちの皮膚には死んだ皮膚細胞や微粒子が蓄積し、少しずつ肌を乾燥させながら老化プロセスを加速させます。さらに問題なのは、肌の美しさを損なうなどの審美的な悪影響を与えるリスクがあることです。

肌への十分な栄養補給や保湿を行なっていますか?

手をはじめとする肌の保湿を行う美容製品が豊富に市販されていますが、安価で手軽に肌をしっとりと柔らかくする自然療法が存在します。

本記事では、手に潤いを与えて柔らかく保つ自然療法を5つご紹介します。

1. 卵黄とオリーブオイル

卵黄

卵黄とオリーブオイルを使った自然療法は、肌を再保湿しながら表面に蓄積されたら角質層を取り除く理想的な方法です。

材料

  • 卵黄 1個分
  • オリーブオイル 大さじ2 (32 g)

使用方法

  • 卵をしっかりと混ぜたらオリーブオイルを加えてさらに混ぜます。
  • 出来上がったオイルを手に塗り、20分間そのままにして吸収させます。
  • ぬるま湯で洗い流します。
  • 週に2~3回繰り返してください。

2. ココアバターとアーモンドオイル

ココアバターに含まれる脂肪酸とオリーブオイルが、手を保湿してなめらかさを保ちます。

どちらの成分にも、乾燥して硬くなった皮膚を再生させる働きのあるビタミンEと抗酸化成分が豊富に含まれています。

材料

  • ココアバター スプーン1  (20 g)
  • アーモンドオイル 大さじ2 (30 g)

使用方法

  • ココアバターを湯煎で溶かした後、アーモンドオイルに加えて混ぜます。
  • 室温になり固まるまで待ちます。
  • 出来上がったクリームを少量とり、手の皮膚が吸収するまでしっかりと塗ります。
  • 水で洗い流さずそのままにしてください。
  • 毎晩使用してください。

3. ココナッツオイルとレモン果汁

ココナッツオイル

贅沢なココナッツオイルとレモンジュースを組み合わせるだけで、手に潤いを与えながら自然な明るさを保つ保湿剤が出来上がります。

また、手によく現れる斑点を軽減するのにも効果的です。

材料

  • ココナッツオイル 大さじ2  (30 g)
  • レモン果汁 大さじ1  (10 ml)

使用方法

  • ココナッツオイルをボウルに入れ、レモン果汁と混ぜてください。
  • 夕方または就寝前に手に塗ってください。
  • 30分このままにした後、しっかりと洗い流します。
  • 週に2~3回おこなってください。
  • レモンを使った後に直射日光を浴びると、シミができやすくなるため、太陽の光を浴びない時間にご使用ください。

4. オーツ麦とハチミツ

オーツ麦とハチミツを組み合わせると、手に潤いを与えながら角質層を取り除き、皮膚のpHを調節するクリームが出来上がります。

定期的な塗布により肌の黒ずみが減り、皮膚の老化を防ぐことができます。

材料

  • オートミール 大さじ1  (10 g)
  • ハチミツ 大さじ2  (50 g)

使用方法

  • オートミールとハチミツを混ぜてクリーム状のペーストを作ります。
  • 出来上がったクリームをマスクのように手に塗り、30分間そのままにします。
  • ぬるま湯で洗い流してください。
  • 週に3回使用してください。

5. ヒマシ油と砂糖

キャスターオイル

ヒマシ油と砂糖で作る自然のピーリング剤は、死んだ皮膚細胞である角質を手から取り除くことで乾燥を減らします。

特に、掃除などに使う製品や洗剤などの化学物質を使った後や、埃などがついた肌を再活性化する働きがあります。

材料

  • ヒマシ油 大さじ2 (30 g)
  • ザラメ糖 大さじ1 (12 g)

使用方法

  • ヒマシ油をボウルに注ぎ入れたら、ザラメ糖と混ぜてペースト状にします。
  • 手を濡らしたら出来上がったピーリング剤で手をマッサージしてください。
  • 15分間そのままにした後、ぬるま湯で洗い流します。
  • 週に2~3回行います。

手が乾燥していませんか?

手の乾燥やたるみにお悩みの方や、手が輝きを失っているように感じたら、今回ご紹介した方法の中から一つを選んでぜひお試しください。

高価な美容品を買うことなく手を美しく保ちます。