胆嚢に優しい食生活のススメ

2月 23, 2020
胆嚢の状態を改善したいなら、炎症を予防および軽減するために食生活を変える必要があります。特定の脂肪分の摂取を減らすことが重要です。この記事で詳細をお伝えします!

胆石がこれまで見つかったことはありますか? もしそうなら、胆嚢に優しい食生活が必要かもしれません。

すでにご存知かもしれませんが、体は口にいれる食べ物でできています。胆嚢の状態を改善するには、胆嚢がうまく収縮できるように炎症の可能性を減らす必要があります。特に、脂肪について気を付ける必要があります。

食生活を変えることで、胆石によって生じる症状を軽減するのにどのように役立つかを読んでいきましょう。

胆嚢

胆嚢に優しい 胆石
胆石は、胆嚢内の胆汁酸塩が結晶化して発生します。

胆嚢は梨の形をした嚢で、腹部の右上の筋肉に囲まれています。肝臓で生成される胆汁を蓄えています。胆汁は、脂肪の消化とビタミンの吸収に必要です。

胆石は肝臓で生成され、消化を助けるために胆管を通って腸に分泌される胆汁が結晶化したものです。一部の胆石は、無症状で見つからないことがあります。

一部の専門家は、胆石は悪い食生活の結果であると主張します。たとえば、脂肪の多い食品を過剰に摂取すると、肝臓はより多くの胆汁を分泌するようになります。ですから、胆石が作られるのを防ぎ、また、その症状を緩和するためには、食生活の管理が重要なのです。

一般的に、胆石は50歳以上の女性に多く見られ、家族歴がある人は特に注意が必要です。その発生率は、妊娠中および経口エストロゲンを服用している人、絶食の習慣がある人、運動しない人、脂肪肝疾患の人でも高くなります。

こちらもお読みください:知っておきたい!急性膵炎の原因、症状、治療法

胆嚢に優しい食生活

胆嚢に優しい 食生活
健康的なライフスタイルを維持し、食べ過ぎを避けることは、胆嚢の治療に役立ちます。

胆嚢にとって健康的な食事の基本を下記の通りです。

脂肪分の多い食品について

  • 簡単にまとめると、胆嚢が生成する胆汁は脂肪の消化に必要不可欠なので、脂肪の多い食事を食べると、胆汁が余計に稼働しなければいけません。したがって、トランス脂肪、硬化油、揚げ物、および過剰な飽和動物脂肪を多く含む加工食品は、胆嚢を酷使します。

一般に、胆嚢結石がある場合に従うべき食事法は簡単です。悪質な脂肪やコレステロールが少ない食事をし、カロリー摂取量を調整し、1日5食に分けて少しずつ食べる。速く食べたり、食べ過ぎはしない。

胆嚢のための最も健康的な食品のいくつかはこちらです。

水分

  • 暖かいハーブティー
  • 少量の牛乳(徐々に量を増やしてOK)

スープ、粥、ピューレ

  • 柔らかいご飯とパスタの野菜スープ
  • オートミール、レンズ豆、トウモロコシ、米、キノアなど
  • マッシュポテトなど火の通ったジャガイモ
  • 火を通した野菜のピューレ

  • 仔牛、ウサギまたはヒツジ(調理方法はボイル、グリル、またはロースト)
  • 鶏肉(調理方法はボイル、グリル、またはロースト)
  • 低脂肪の豚肉、(味付けは薄めに)
  • 白身魚(調理方法はボイル、グリル、またはロースト)

デザート

  • プリン、ジャム、コンポート、フルーツジュース、加熱済みフルーツ、生リンゴなど
  • トースト、ドライクッキー、全粒粉パン(焼き立てで未加工のもの)、乾燥した焼き菓子、パイ生地、スポンジケーキ

こちらもお読みください:胆石の予防法

推奨事項

  • まず、料理用脂肪の品質に注意する。
  • 次に、特別な機会にのみ揚げ物を食べる。油は90度以上に加熱しない。
  • 最後に、食事は生、ボイル、グリル、蒸しなどの方法で食べる。

胆嚢に優しい食生活で避けるべきこと

ジャンクフード 胆嚢に優しい食生活

  • 極端な温度の食事を避ける。冷たすぎたり熱すぎたりする食べ物や飲み物は胆汁の生成を刺激するので、ぬるい温度で食べることが望ましいです。
  • 精製糖を避ける。さまざまな研究により、高濃度の単糖と二糖が胆汁の分泌を刺激すると明らかになっています。したがって、適度に少量で消費しましょう。
  • キサンチン。コーヒー、マテ、濃縮茶、コーラ飲料などのカフェインとテオブロミンが豊富な食べ物は、胆嚢を酷使するため、消費量を最小限に抑えましょう。
  • 大量摂取。大量に食べるとどんな食べ物も悪影響なので、1日に数回、少量を食べましょう。
  • 全体として、フルーツジュース、炭酸飲料、アルコールの摂取を減らします。

最後に、胆嚢結石がある方は、栄養士に相談して、必要に応じて個別の栄養計画を立て、胃腸科医に診てもらいましょう。医師が最高の指示を提供してくれます。

  • Otano S, Castillo Rascón MS, Echevarria M, Bollati E, Leiva R, Medina G. Litiasis vesicular: Su relación con el Síndrome Metabólico y la Obesidad. Bioquímica y Patología Clínica 2008; 72(2): [Aprox. 5p.].
  • Colpas Morales Liceloth S, Herrera Sáenz F, Salas Díaz R, Mercado J. Morfología y composición de los cálculos biliares en 90 colecistectomías realizadas en el Hospital Universitario del Caribe. 2008-2009.Rev. cienc. biomed. 2010; 1(2).
  • Speets AM, Van der Graaf Y, Hoes AW, Kalmijn S, De Wit NJ, Mali WP. Expected and unexpected gallstones in primary care. Scand J Gastroenterol.