サイズダウン:脂肪分の代わりに炭水化物を減らすことの重要性

2月 12, 2019
炭水化物を減らすことでより簡単に体重を落とすことができるだけでなく、諸々の健康問題を防ぐことが可能になります。要は脂肪分をなくすのではなく、正しい脂肪分を選ぶことです。

あなたは、服のサイズダウンを図るためにいつも新しいことを考えている人ですか? 何よりも脂肪分の摂取量にだけ気を取られていませんか?

もしそうならば、この記事を読んで下さい。理想の体型を手に入れるには炭水化物を減らすことが大事であることについてご紹介します。

ただ炭水化物を減らすだけで多くの問題が解決することが分かって、驚くかもしれませんよ。最も大事なことは、炭水化物を完全に摂らないようにするのではなく、健康的な炭水化物を選ぶことです。

 

1.低炭水化物の食事は深刻な肥満を解消する

もしあなたが標準体重より大幅にオーバーしている場合は、炭水化物を減らすことで6か月のうちに5キロ痩せることができることを知りましょう。5キロでは少なすぎると思う人もいるかもしれません。ですが、深刻な肥満はなかなか解消できない問題であり、そのサイクルから抜け出すことで以下のような健康面での問題を大きく改善させることができます。

  • 糖尿病
  • メタボリックシンドローム

深刻なまでに肥満の人が低炭水化物の食事をすると、以下のような効果を得られることが証明されています。

  • 中性脂肪を下げる
  • インスリン耐性を改善する
  • インスリン値の安定を維持する

減量という観点で、低脂肪の食事をしている人と低炭水化物の食事をしている人とで比較した場合、結果は以下の通りでした。

  • 低脂肪の食事をしている人は6か月で1.9~4.2キロしか落ちなかった。
  • 低炭水化物の食事をしている人は6か月で5.8~8.6キロ体重が落ちた。

2.炭水化物を減らすことを重点にした食事は青年期の肥満を解消する

ウェスト 脂肪分の代わりに炭水化物を減らす

健康的な体重を常に維持することが大事であることは皆、分かっています。ですが、子供や青年期の人は、早期に健康面での問題を抱えないようにするために食事を厳しく制限する必要があります。

2000年に行われた研究では、炭水化物を減らすことを目的とした食事が肥満の青少年が心臓血管疾患になるリスクを抑え体重を減量させるということを証明しています。この研究は12週間にわたって行われましたが、その結果は驚きのものでした。平均的に、参加者は体重が約9キロ落ちたのです。

青年期にこうしたダイエットを達成できることは精神衛生においても大変重要であるということを覚えておくべきです。健康的な体重という目標を達成することで、自尊心や自信も高まります。

考慮すべきなのは、こうした食事がプラスになっていない習慣を正し、良き習慣を形成するものとなるために栄養教育と共に実践すべきだということです。

こちらもお読みください:常に空腹を感じないようにする4つのコツ

3.低炭水化物の食事は気分も改善する

家族で食事 脂肪分の代わりに炭水化物を減らす

自分の体調がいつも不調だなと気づくことがありますか?すぐに落ち込んでしまうもののなぜだか分からなかったりしますか?そうである場合、低炭水化物の食事は以下のような効果があることが研究で分かっているということを知りましょう。

  • 食欲をコントロールする
  • 不眠を解消する
  • 疲れにくくなる
  • 胃腸の問題を抑える

そうした意味では、私達が食べるもの全ては脳内の化学物質にある程度の影響力があるということを覚えておくべきでしょう。チョコレートが気分をより良くしてくれるのと同じように、加工された炭水化物は常に異常や問題をもたらします。

別の研究では、悪い炭水化物を食事から抜くことで精神的な機敏さが良くなることも分かっています。つまり、思考や反応がずっと効率的になるのです。

おすすめの記事:食欲を抑えるのに最適な食品

炭水化物を選ぶ時におすすめしたいこと

良い食品を選ぶ 脂肪分の代わりに炭水化物を減らす

  • まず初めに覚えておくべきことは、炭水化物は食事に取り入れる必要があるということです。よくある失敗は、痩せるためには炭水化物を完全に取り除かなければいけないと考えることです。

ですが、健康的な食事を取るには、エネルギーを生成するための軽い量の炭水化物が必要となります。炭水化物を摂取しないと、簡単な活動をしてもすぐに疲れてしまうようになります。

  • 炭水化物は良質の食物繊維と組み合わせることが大事です。そのために適した食品は全粒穀物や野菜、果物です。平均的には、体が炭水化物を処理するのに約18グラムの食物繊維を摂取すべきでしょう。
  • 栄養士から炭水化物の摂取量の計算方法を聞き、自分にとって正常値は何なのかを教えてもらいましょう。こうした計算はとても簡単ですが、最初はいくらか訓練が必要になります。

摂取する炭水化物に気をつけることは、脂肪を避ける食事をするよりもずっと大切だということがこれで分かりましたね。

  • Mobbs, C. V., Mastaitis, J., Isoda, F., & Poplawski, M. (2013). Treatment of diabetes and diabetic complications with a ketogenic diet. In Journal of Child Neurology. https://doi.org/10.1177/0883073813487596ç
  • Andersen, C. J., & Fernandez, M. L. (2013). Dietary strategies to reduce metabolic syndrome. Reviews in Endocrine and Metabolic Disorders. https://doi.org/10.1007/s11154-013-9251-y
  • McGuinness, O. P., & Shiota, M. (2017). Carbohydrate metabolism. In The Clinical Chemistry of Laboratory Animals, Third Edition. https://doi.org/10.1201/9781315155807
  • Li, Y., Hruby, A., Bernstein, A. M., Ley, S. H., Wang, D. D., Chiuve, S. E., … Hu, F. B. (2015). Saturated Fats Compared with Unsaturated Fats and Sources of Carbohydrates in Relation to Risk of Coronary Heart Disease A Prospective Cohort Study. Journal of the American College of Cardiology. https://doi.org/10.1016/j.jacc.2015.07.055