痰や鼻づまり解消に役立つ/自家製軟膏の作り方

12月 17, 2016
ハーブが持つ成分のおかげで、この天然軟膏は風邪やインフルエンザの症状を緩和するのにきわめて効果的です。ただし、完全に病気をいやすわけではありません。

鼻水や痰などで呼吸器系が詰まると、不快なだけでなく、気管支炎や肺炎など、もっと深刻な病気を引き起こす可能性があります。

このような「詰まり」症状の特徴は、痰が過剰に生成され、呼吸が苦しくなること。

ご存知のように、これは肺の健康を冒すウイルス感染症に非常によく見られる症状です。また、特定の物質に対するアレルギーの症状としても起こります。風邪をひいたとき、真っ先に現れるのもこの症状です。

今では、この呼吸器系の詰まり感を緩和して生活の質を向上させるのに役立つ医薬品がたくさん出回っています。

また、昔から行われてきた自然療法も、すぐれた代替療法として世界中の多くの人たちに利用され続けています。

そんな自然療法のひとつが、今回ご紹介する強力な自家製軟膏。その成分が呼吸器系の機能を改善し、詰まり感や不快感の緩和をうながします。

では、さっそくその効能と作り方とをご説明しましょう!

呼吸器系の詰まり感を緩和する天然軟膏

この自家製軟膏は、抗ヒスタミン作用・去痰作用・緩和作用がある材料でできていますから、風邪やインフルエンザ、その他の肺に関わる病気の症状を和らげるのに役立ちます。

塗り薬として使うなら、鼻水や痰による詰まり感を軽減するとともに、咳・涙目・くしゃみなど、その他の不快な症状を緩和してくるでしょう。

この軟膏に使われるオイルは、各種ハーブ(ミント・ユーカリ・タイムから抽出しており、何百年もの間利用されてきました。

ミントの効能

2-mint-essential-oil

ミント(ハッカ)はよい香りのする植物で、昔から医療や料理に利用されてきました。

ミントには殺菌作用と去痰作用があり、炎症を緩和し気道を開くのに役立つため、世界中のたくさんの文化圏で珍重されています。

ミント精油はのどの痛みを和らげ、爽快感をもたらして、呼吸をラクにしてくれます。

ユーカリオイルの効能

ユーカリの天然の香りには、気道の炎症をいやし、のどに詰まる痰を出しやすくする働きがあります。

このため、ユーカリ精油は喘息発作を鎮め、風邪などに伴う息苦しさを改善するのに役立ちます。

ユーカリ精油は、咳・のどの痛み・寒気を緩和する軟膏やスプレーの材料として、ひんぱんに用いられています。

タイム精油の効能

3-thyme-oil

タイム精油は、タイムの葉から抽出されるオイル。このハーブ独特のさわやかな香りが、呼吸器系の問題によるストレスを和らげるのに役立ちます。

また、タイムは天然の強壮剤および抗生物質であり、体に侵入したウイルスや細菌を排出しやすくする作用があることで知られています。

タイムの香りを吸い込むと、その薬用成分が血流や肺に吸収され、症状緩和をもたらします。

こちらの記事もお読みください:心臓と肝臓のためのレモンウォーター

痰を取りのぞき、のどをスッキリさせる天然軟膏の作り方

4-decongestent

この自家製軟膏の作り方をご説明する前に注意していただきたいのは、精油を合成香料と取りちがえないようにするということ。

精油を購入する際は、100%オーガニックで添加物ゼロの製品をお求めください。

こちらの記事もおすすめします:静脈瘤に効く薬草

材料

  • エキストラヴァージン・オリーブオイル 大さじ6杯(96 g)
  • 乾燥させたミントの葉 2枚
  • ユーカリの葉 2枚
  • 蜜蝋(ミツロウ) 大さじ10杯(150 g)
  • ユーカリ精油 小さじ2杯(15 g)
  • ミント精油 小さじ2杯(15 g)
  • タイム精油 小さじ2杯(15 g)

作り方

  • オリーブオイルを温め、乾燥したミントの葉とユーカリの葉を加えます。
  • これを2~3分間そのまま置きます。その間に、別の鍋で蜜蝋を湯煎にかけましょう。
  • 蜜蝋にオイルミックスを加えてください。全部完全に溶けて混ざりあったら、火から下ろして少しさまします。
  • 精油を加え、スプーンで全体をよくかきまぜましょう。
  • できたものを清潔な小ぶりのガラスびんか金属の缶(ヴィックスヴェポラッブの空き缶など)に注ぎ込みます。
  • 固まるまで2~3時間待ったらできあがりです!

利用方法

  • 必要量を取って胸・背中・足の裏などに塗り、やさしくマッサージしながら伸ばします。
  • 頭痛がする時やストレスが溜まっているときは、こめかみに塗るとよいでしょう。
  • 長持ちさせるため、冷暗所に保管してください。
  • これにビタミンEオイルを加えると、1年間は持ちます。

最後に、この自家製軟膏は呼吸器系疾患の症状緩和のための自然療法であり、病気そのものをいやすわけではないことを覚えておいてください。

1週間たっても症状改善が見られないときは、できるだけ早くかかりつけの医師の診察を受けましょう。お大事に!

あなたへおすすめ