ハチミツとタマネギ:すぐに作れる咳止め

· 1月 20, 2016
咳は体の防御機能の一つで、突然勢いよく肺の空気を空にすることで起こります。ハチミツとタマネギを利用して簡単に作れる咳止めを作り、咳を和らげて免疫力を強化しましょう。

咳には、乾性または湿性のタイプがあります咳が湿性の場合、粘液や痰を伴います。 これは体が呼吸気道における過剰粘液を排除するためなので必要ですが、咳止めで辛い咳を和らげることはできます。一方、乾性の咳は、痰などを吐き出すためではなく、炎症や感染の可能性があるので、早期に咳止め治療をしなければ慢性になる可能性があります。

咳の種類にかかわらず、ほとんどの人は症状を抑えようとシロップや他の薬に頼ります。 しかし薬やシロップの過度の使用は副作用があるかもしれないので、ナチュラルな代替品をお勧めします。

咳を緩和する天然成分は、痰を排除し咳を落ち着かせ、また炎症を抑えるのに役立ちます。 これらの成分は、呼吸気道を攻撃する微生物と戦う抗生物質として作用します。この記事では、ハチミツとタマネギで作った、よく知られるナチュラルなシロップを紹介します。

咳止め用ハチミツとタマネギのシロップ

ハチミツとタマネギの咳止め

ハチミツとタマネギの組み合わせは、古くから咳を和らげるために咳止めとして使用されている、よく知られた自然療法です。これら両方に、抗菌及び端を出しやすくする作用があり、咳に関連する症状を軽減し、悪化するのを予防します。 さらに、ウイルス、細菌、また呼吸器の問題を引き起こす他の微生物に対抗するために、免疫系を強化する力を備えています 。

  • ハチミツの効能:ハチミツは咳や風邪の治療法として、世界保健機関(WHO)に認定されており、喉を楽にし、炎症を落ち着かせ、咳の症状を緩和します。また抗酸化特性を有し、抗菌作用を持つサイトカインと呼ばれる物質の生産を増やします。
  • タマネギの効能:タマネギの自然に去痰する効能は、世界的に知られています。その特性は、細菌の排除や気道の浄化を助けます。 この食品には、抗酸化物質が多く含まれ、浄化特性を持ち、咳を抑える解毒能力を持っています。これらの特性を念頭に置いた場合、タマネギに咳の症状と喉の炎症を緩和する力があることは驚くべきことではありません。

このナチュラルなシロップは、咳を抑えて免疫系を強化するために、ハチミツと玉ねぎの特性を組み合わせています。副作用もなく、子供たちへの使用も全く安全です。

こちらの記事もお勧めです:

子供の咳に!咳に効く自然療法6選

ハチミツとタマネギの咳止めレシピ No.1

材料

  • タマネギ(中)1個
  • 水コップ2杯(13.5オンス)
  • 1個分のレモン汁
  • ハチミツ小さじ2杯(0.5オンス)

作り方

  • 玉ねぎの皮をむき、大きくスライスして、コップ2杯の水に入れ、15分間沸騰させます。
  • 沸騰したら火から下ろし、5分間おいて、ハチミツ小さじ2杯とレモン汁を加えます。
  • 1日2、3回、これを飲むのがベストです。

ハチミツとタマネギの咳止めレシピ No.2

材料

  • タマネギ1個
  • ハチミツ大さじ2、3杯(1.5〜2.5オンス)

作り方

  • 玉ねぎの皮をむき、小さめにスライスして、ボウルに入れます。ハチミツを加え、一晩おきましょう。
  • 翌朝、厚いガーゼや漉し器を使ってそれを漉し、1日かけて全量を飲みます。
  • そのまま飲んでも、コップ1杯の水で希釈してもいいでしょう。
  • 最良の効果を得るために、2時間ごとにこのシロップを飲むことをお勧めします。

こちらも参考にして下さい:

気になる咳を治してくれるお茶ベスト5

どちらのレシピを選んでも、結果はすぐには出ないことを知っておくことが重要です。咳を落ち着かせる自然治療薬として機能させるには、何度も摂取することが必要で、その場合にのみ、咳を和らげる助けとなるでしょう。

  • Ashkin E, Mounsey A. A spoonful of honey helps a coughing child sleep. Stevermer JJ, ed. The Journal of Family Practice. 2013;62(3):145-147.
  • Goldman RD. Honey for treatment of cough in children. Canadian Family Physician. 2014;60(12):1107-1110.
  • World Health Organization. (2001) Cough and cold remedies for the treatment of acute respiratory infections in young children/World Health Organization [Online]. Available at: http://www.who.int/maternal_child_adolescent/documents/fch_cah_01_02/en/