水にハチミツを入れて飲むメリット

· 11月 28, 2015
ハチミツはとても健康的な食品で、様々な効果があります。今回は、水にハチミツを入れて飲むメリットについてご紹介します。

多くの方が既に日常的にハチミツを摂取し、その美容へのメリットをご存知だと思います。ハチミツはとても健康的な食品で、摂取することで健康を改善してくれたり、病気を退治してくれたり様々な効果があります。そしてその効果は水と混ぜて定期的に摂取することでさらにパワーアップするのです。今回は、空腹時にハチミツを混ぜた水を飲むメリットについてご紹介します。

体重を減らす

ハチミツは満腹感を与え、間食をコントロールするのに役立つ食品です。水にテーブルスプーン一杯のハチミツを溶かして飲むと、砂糖が食べたいという脳内のメカニズムをコントロールすることにより満腹感を与え、体重を減らす手助けとなります。

関節炎への効果

 

関節炎に効果のあるハチミツ

コペンハーゲン大学が行った研究では、ハチミツを混ぜた水を飲用した被験者が数分で痛みが軽くなったことが示されました。このため、関節炎を改善させたり防ぐ効果があると言われています。

こちらの記事もご参考に:
ハチミツとターメリックを使った自然療法

コレステロール値を下げる

別の研究では、高コレステロール値の被験者が500ml弱の水にハチミツ大さじ2杯を混ぜたものを飲んだところ、2時間以内に最大10%コレステロール値を低下させることができたそうです。また、ハチミツを混ぜた水は、心臓病や循環器の問題を防ぐ手助けとなります。

免疫システムを強化する

ハチミツには、風邪やインフルエンザなどの感染症を引き起こす細菌やウイルスを撃退する抗生物質や抗菌特性があると言われています。空腹時に飲むことで体の免疫力を高め、さまざまな病気を防いでくれます。

疲労回復効果

疲労症状を数日のうちに回復させる効果があるとされています。脳を活性化させ、体に活力を与えてくれるのです。

エネルギーを高める

身体的なパフォーマンスを向上させたいという人にお勧めの強力な効果があります現在数多くのエネルギードリンクが販売されていますが、これらの飲み物の中には、体に害があったり、健康に影響のある化合物が含まれているものもあります。ハチミツを溶かした水は天然で自然由来のものなので、市販のエネルギードリンクよりオススメです。

ご存知でしたか?:
シナモンとハチミツの7つの効能

その他のメリット

・腸の調子を整えるのに役立つ

・気管支炎、喘息および他の呼吸器疾患に効果がある

・体内の蓄積毒素を取り除くのに役立つ

・消化管をきれいにし、寄生虫と戦う

・抗生物質や抗菌特性により体を浄化しする作用がある

・腸の機能を改善し、微生物を死滅させる効果を期待できる

準備するもの

水にハチミツを入れて飲むメリット

空腹時にコップ1杯の暖かいお湯にオーガニックのハチミツ大さじ1杯を溶かして飲むだけです。これを飲むことで精神的なストレスも軽減します。

気をつけること!

病気を防ぐなどの効果を最大限にするためには、毎朝空腹時にハチミツ水を飲む必要があります。ハチミツと水を混ぜたものは、胃にもお肌にも効果があるとされています。腎機能を改善したい場合は、寝ている間も体内で働くことができるように、寝る前に飲むと良いでしょう。

肌や臓器などの内側からも効いて細胞の損傷を防ぐと信じらており、アンチエイジングとして利用する人もいます。