関節炎の自然療法

· 7月 31, 2015

 

関節炎は一般的な疾患で、関節が自由に動かせなくなる位激しい痛みを伴います。

関節炎は正常な関節機能を妨げ、感度と動作に大きな影響を与えます。病状について正確な診断を受けたら、まず病状を改善する自然療法を取り入れた適切な治療を開始して痛みを和らげると良いでしょう。

関節炎のトレーニング

関節炎及び変形性関節炎治療の専門家は、この疾患の患者は身体活動を止めてはならないと注意しています。 関節を使い筋肉を鍛える活動を続けたら、症状は鎮静化されていくからです。そうすれば病状の深刻度に関わらず、通常に近い生活を送れるようになるのです。

関節炎トレーニングの例として、ヨガと太極拳ををお勧めします。こういった活動は関節と筋肉を常に動かすだけでなく骨も強化できるので 、変形性関節炎の予防にもなります。さらに、精神を健康に保ち、関節炎の症状が要因で発生しうるも予防できます。

 

関節炎に効果的な食べ物は?

関節炎患者の症状を緩和して痛みを和らげる食べ物には次のようなものがあります。前述のように、身体活動を続けながら摂取して下さい:

  • 魚油: 炎症の鎮静効果があります。カプセルで売っていることが多く、朝晩1回ずつ、1日2回服用するとよいでしょう。ほとんどの服用者から、医者が処方する薬よりもずっと効果的な結果が出ています。
  • オメガ3脂肪酸: 素晴らしい抗炎症作用があります。心臓にも効果的で血液から脂肪を取り除くことから、コレステロールやトリグリセリド値の高い患者や心臓血管疾患患者にも勧められています。この脂肪酸はマグロ、サケ、イワシに含まれています。
  • ガンマリノレン酸: この酸は、ルリヂサオイルやアカフサスグリの種に含まれています。関節炎の炎症とこわばりを緩和する効果があります。
  • スパイス: ターメリックとしょうがには高い抗炎症作用があり、医者が処方する薬と同程度の効果を期待できます。 また、免疫系を強化する働きもあります。しかし、大量に摂取すると消化器官に異常をきたすことがあるので、食べすぎないようにしましょう。

最後に、一番大切なのは体を動かすことです。そうすれば、柔軟性や俊敏性に事欠かない、高い生活の質を維持することが出来るでしょう。