タマネギを自宅で育てる方法

12月 13, 2015
タマネギを育てるには栄養価の高い土と肥料が必要です。植木鉢であろうと、庭に植えるのであろうと、タマネギを植える前には先に肥料の層を作っておくことをお勧めします。また、収穫の20日程前からは水やりは止めましょう。

タマネギはどこの家庭でも欠かすことのできない食材ではないでしょうか。料理に豊かな風味を加えてくれ、数えきれない程様々な料理に使うことができます。また、大変健康に良い食材です。今日は、タマネギを自宅で育てる方法についてみていきましょう。

 

タマネギを育てるにあたって

  • タマネギは栄養価が高く、大変体に良い食物です。自宅では植木鉢を使ったり、庭に直接植えて育てることができます。その際、以下に挙げる事柄に気をつけましょう。
  • 直接土に植えましょう。
  • タマネギを植えるのに適した季節は春、夏、冬です(秋は避けましょう)。
  • 4ヶ月程で収穫できるようになります。
  • 植木鉢に植える場合は、少なくとも容量3ℓ、もしくは深さ20㎝必要です。
  • 庭に直接植える場合は、それぞれ横に15cm程間隔を空け、縦は40cm程空けましょう。
  • タマネギを育てるには栄養のたっぷり入った土と肥料が必要です。タマネギはピート(泥炭)、シルト(沈泥)、砂を含む土を好みます。 砂が多く含まれた土、粘土のような土は使わないようにしてください。
  • タマネギが土から吸収する要素はカリウムとリンで、窒素は吸収しません。したがって、植木鉢であろうと、庭に植えるのであろうとタマネギを植える前には、先に肥料の層を作っておくことをお勧めします。
  • タマネギは日当りの良い所で育てましょう。特に、植えてから最初の数週間は十分な日光が必要です。
tamanegi-2

 

  • タマネギを育てる際、球根が形成された後はほとんど水やりの必要がありません。また、収穫する20日程前からは水やりを止めましょう。

 

  • 葉の上部が黄色く、曲がってきたり、裂けてきたら収穫のサインです。これはタマネギが成長した印です。皮を傷つけないように手かスコップで球根をそっと持ち上げ、半分だけは土に埋まった状態で数日置きます。その後、土から取り出し太陽の下で約2週間乾かしましょう。
  • タマネギは雑草や突然の湿度変化に弱いので気をつけましょう。
  • タマネギの球根の成長にちょうど良い温度は15〜25° Cで、イチゴ、ニンジン、キュウリ、トマトなどの植物ともよく育ちます。ただし、マメ科植物と一緒に植えるのは止めましょう。

 

タマネギを植えるのに適した季節とは:

  • 夏の終わり
    十分な間隔を空けて列に並べて植えるのであれば、夏の終わりでも構いません。植木鉢に植える場合、種はランダムに蒔いてください。蒔いた種の上に肥料を1.5cm程被せ、上から優しく押します。

  • 雪が降り、厳しい冬が訪れる地域にお住まいの場合は、苗から育て、温室や室内に置くことをお勧めします。そうすれば、春には植え替えができる状態となるでしょう。春になったら、乾いた土に列に並べて間隔を1個分ずつ空けるように植え替えましょう。

  • 湿気があり涼しい夏が訪れる場合、またはタマネギを置いておく場所がない時のみ春に植えることをお勧めします。植える間隔は10cmです。種ではなく球根を植えるなら春がベストシーズンです。列に並べて15cm毎になるように穴を掘りましょう。球根をそれぞれの穴に置いたら上から土を被せ、しっかりと押さえます。

tamanegi-ninnikuタマネギを植木鉢に植える方法

もし自宅に庭がない場合や庭には植えたくない場合、植木鉢に植えベランダで育てることも可能です。思っているよりも簡単で、ガーデニング教室を受講したり、本格的に農家の人に習わなくてもできるのです。必要なものは土と植木鉢、日当りの良い場所だけです。

まずはオーガニックの土を手に入れましょう。購入する場合は、より色の黒いものを選びましょう(肥やしがより含まれています)。化学肥料は使わないようにしましょう。化学肥料を使うことによって植物は早く大きくなるかもしれませんが、ひとの健康にも害を与えるのです。それに、せっかく自宅で何か食物を育てようという人なら、きっと健康的なものを口にしたいと思っていることでしょう。

もし土が乾燥してボロボロだったり、かなり薄い色の場合は、堆肥と混ぜることもできます。混ぜることで黒っぽい色になるでしょう。混ぜた後は、栄養が行き渡るように2週間ほど置いてから使用しましょう。

 

tamanegi-3

植木鉢は少なくとも深さ20cm、幅30cmあるものを用意してください。 種から育てるのであれば、15cmの間隔を空けて植えましょう。苗を使用する場合は準備しておき、高さが10cmになったら植木鉢に植えましょう。

最初の2ヶ月は、2日に1回のペースで水やりをし、太陽の光をたくさん浴びる場所に鉢を置きましょう。4ヶ月程でかなり大きくなりますので、毎日の成長を細かくチェックしましょう。

あなたへおすすめ