体重キープに役立つかも! アーティチョークについて

7月 4, 2019
アーティチョークにはイヌリン、フラボノイド、ミネラルが含まれていますので、健康的な体重の維持に役立つかもしれません。

健康的な体重をキープし、ヘルシーな生活を送るためにアーティチョークを利用している方は多いようです。この巨大な植物アーティチョークは学名をCynara scolymus Lといい、栄養があることで知られています。

アーティチョークは調理が簡単ですし、様々な食材と組み合わせることができます。さらに、効能を利用した自然療法として、体の特定の状態の予防や改善に使われることもあります。

最も興味深い点は、カロリーがほとんどなく、食物繊維、抗酸化物質、ビタミン、ミネラルが豊富な点でしょう。したがって、理想の体重をキープし、健康を維持したい方にオススメの食材だと言えるでしょう。

知っておきたい!アーティチョークの効能

アーティチョーク

アーティチョークにはイヌリン、フラボノイド、ミネラルが含まれていますので、古代より価値を見出されてきた食べ物です。定期的に食べることで代謝によい影響があるでしょう。

アーティチョークはまた、シナリンやルテオリンが含まれています。これらは、脂肪の消化を最適化する肝臓の機能を改善する助けとなる物質です。また、天然の利尿作用があり、組織に蓄積される液体の除去にも役立つかもしれません。

さらに、ビタミンAやCも含まれています。これは炎症や酸化による影響を抑えてくれるでしょう。また、繊維は腸の機能を改善し、便秘を予防してくれるでしょう。

アーティチョークの利点

アーティチョークの利点は際立っています。アーティチョークは体重の維持にお悩みの方に特に人気があります。また、以下のような効果も期待できるかもしれません。

  • 食欲をコントロール
  • 黄疸や脂肪肝を含む肝臓の病気と闘う
  • 胆石のリスクを下げ、状態を改善する
  • 肝臓の再生を助け、食物アレルギーの症状を抑える
  • 高コレステロール値を下げトリグリセリドの値を下げる
  • 利尿作用があり、むくみを解消する
  • 体のミネラルを正常に保ち、高血圧のリスクを下げる
  • 痛風の場合、過剰な尿酸の除去を促す
  • 便秘を改善する
  • 代謝の活動を改善し、肥満や糖尿病のリスクを下げる

アーティチョークはどのように影響する?

ウエストを測る女性 アーティチョーク

脂肪の燃焼を助けるサプリメントとして、アーティチョークを摂取することを勧めるダイエットプランはたくさんあります。これは、アーティチョークが肝臓や代謝の機能を改善してくれるからです。減量したい場合にも良いでしょう。

アーティチョークはカロリーの低い食べものですので、どのような食事にも加えられるでしょう。満腹感を得やすく、体内の不必要な液体や毒素の排出を助けてくれるでしょう。

 

こちらも合わせてどうぞ:減量効果抜群!/アーティチョークウォーターダイエット

 

 

健康促進!アーティチョークのお茶の作り方

材料

  • アーティーチョーク(大) 1個
  • 水 4カップ(1リットル)
  • レモン汁 1個分

作り方

  • 新鮮なアーティーチョークを用意し、幾つかに切り分けます。
  • 鍋に水を入れ、切ったアーティーチョークを入れます。強火にかけましょう。
  • 沸騰したら火を弱め、アーティチョークが柔らかくなるまで茹でます。
  • しばらくおいてから漉します。

飲み方

アーティチョークのお茶

  • アーティチョークのお茶は空腹時に1杯、その後1日を通して3〜4杯飲みます。
  • 週に3回は行いましょう。

メモ:調理済みのアーティチョークを使うと別のレシピにも使えます。オリーブオイルと塩を少々加えていただきましょう!

 

こちらも合わせてどうぞ:アーティチョークを使った効果的なダイエット

 

考えられるアーティチョークの悪影響

アーティチョークは利点の多い食べものですが、悪影響を及ぼす場合もあります。過剰に食べるのは良くありませんし、特定のケースでは体に逆効果となる場合もあります。

  • 食物繊維が豊富なため、ガスや膨満感を引き起こす場合があります。
  • 授乳中は控えましょう。
  • 胆道閉塞症の場合はアーティチョークを食べないようにしましょう。胆嚢に影響を与えるからです。
  • 高血圧や心臓病を治療する薬剤を服用している場合も食べないようにしましょう。かかりつけの医師に相談するのが一番です。

アーティチョークの効能、お分りいただけましたか?上記のケースに当てはまらない場合は、ぜひ普段の食生活に取り入れてみましょう。理想の体重キーブできるかもしれませんね!

 

  • Rangboo, V., Noroozi, M., Zavoshy, R., Rezadoost, S. A., & Mohammadpoorasl, A. (2016). The Effect of Artichoke Leaf Extract on Alanine Aminotransferase and Aspartate Aminotransferase in the Patients with Nonalcoholic Steatohepatitis. International Journal of Hepatology. https://doi.org/10.1155/2016/4030476
  • Kraft, K. (2011). Artichoke leaf extract — Recent findings reflecting effects on lipid metabolism, liver and gastrointestinal tracts. Phytomedicine. https://doi.org/10.1016/s0944-7113(97)80049-9
  • Mahboubi, M. (2018). Cynara scolymus (artichoke) and its efficacy in management of obesity. Bulletin of Faculty of Pharmacy, Cairo University. https://doi.org/10.1016/j.bfopcu.2018.10.003