下剤なしで便秘を解消する方法

4月 2, 2019
できるだけ下剤に頼らず、水分補給や運動によって便秘を解消しましょう。

下剤を使わないで便秘を解消することは可能ですが、それには日常生活において健康的な習慣を確立しなければなりません。便秘を経験する多くの人々は一般的に若い頃から便秘に悩まされています。

便秘はまた、膨満感、ガスによるお腹の張り、すべて排便できなかったのが原因による不快感など多くの問題を生じさせます。便秘の人は便が固いために痔核になることもあります。

 

エクササイズは便秘に非常に効果的

下剤を使わず便秘を治療したいときには、定期的に運動をする必要があります。驚くかもしれませんが、運動すると腸管輸送が改善されます。便を動かす領域の筋肉が、便が腸を通って前進するのを助けます。便秘に悩む人は蠕動運動に問題があるケースが多いのです。

ジョギング

運動することは、また水分補給にも効果があります。便秘になりがちな人は、あまり水を飲まずに便が硬くなる傾向があります。運動すると喉が乾き、嫌でも水を飲むようになるので自然と水分を多くとるようになります。

運動した後にトイレに行きたくなることが多くないでしょうか?   運動することで、非常にスムーズに排便できるようになるかもしれません。下剤なしで便秘を治療するには運動は非常に良い方法なのです。

こちらもご参考に:
便秘を解消するフラックスシードを使った3つの自然療法

食事の変化

あなたは十分な繊維を摂取しているでしょうか? 食事には果物や野菜がたくさん含まれているでしょうか? それとも加工食品をたくさん食べていますか? 食事の内容が大きな違いを生みます。便秘に悩んでいる人がジャンクフードを多く食べれば、トイレへ行く回数がますます減ってしまうでしょう。

したがって、もっと多くの果物と野菜を積極的に取るように心がけてください。果物と野菜を多く食べることですぐに違いが出るでしょう。他の病気の治療のために薬を服用している場合は注意してください。例えば甲状腺疾患や糖尿病の場合は、食生活を変える前にかかりつけの医師に相談した方が良いでしょう。

ルーティーンに従う

これもまた便秘を下剤なしで治療する際に効果的な方法です。「もしトイレ行きたくなかったらどうすればいいの?」と疑問に思うかもしれません。心配しないでください。あなたが自分で選んだ時間帯にトイレへ行きゆっくり時間をかけてください。

トイレ

ルーティーンに従う事は初めは効果がないように感じるかもしれません。ルーティーンに従うことで、トイレへ行く前に少し待つ必要があるかもしれません。ときには強制的にトイレへ行かなくてはならないかもしれません。たとえトイレに行きたくなくても時間をゆっくりかけて便座に座ることが大切です。

毎回同じ時間にトイレに行くことで、体が徐々にそれに慣れていくでしょう。例えば、朝食の前後、運動する前、または就寝前でも良いでしょう。自分で好きな時間を選んでください。

ご存知でしたか?:
健康な食事をしているのに便秘が解消されない人へ

姿勢に気を配る

排便を促す腸の動きを刺激するには、実は現代のトイレは理想的ではありません。しかし、一工夫することで簡単に排便を促すことができます。例えば、足元にスツールを置いたり、つま先立ちの姿勢をとってください。

こうすることで、しゃがんでいるときの姿勢に似せることができます。これが排便をするためには1番良い姿勢なのです。どうしてでしょうか?それはこの姿勢が腹部に圧力をかけ、腸の動きを促すからです。

今回ご紹介した方法の中で、便秘解消に役に立ちそうなものはあったでしょうか?  特にエクササイズがオススメですが、その他にも自分に合った方法を探して、様々試してみることで便秘が著しく改善される可能性があります。もちろん、食べ物にも十分注意を払うことが大切です。

いずれにしても、便秘を改善するのはあなたの努力次第です。下剤に頼らず自然排便による便秘解消を目指しましょう。