健康な食事をしているのに便秘が解消されない人へ

2月 22, 2019
便秘の主な原因はバランスの取れていない食事ですが、便秘を誘発する原因は他にもあります。この記事を読んで、あまり知られていない便秘の他の原因も学びましょう。

便秘で悩む人にとって、便秘は精神的にも肉体的にも生活の質に影響を及ぼす問題です。便秘の主原因の一つはバランスの取れていない食事ですが、便秘になる原因には他にもあまり知られていないものがたくさんあります。この記事では、健康的な食事をしているにも関わらずこの症状に悩まされている人に、便秘を緩和する方法をご紹介したいと思います。

 

便秘に効く食事

フルーツ

腸に炎症を起こす可能性があり、かつ長期的に見ると有害と言える下剤という手段を使わず、便秘を自然に治したいのであれば、まずは食事を変えてみましょう。体内が適切に機能するためには、毎日、毎食、天然の食物繊維が含まれた食べ物を食べることが大切です。例えば、以下のような食品です。

  • フルーツ
  • 葉野菜
  • マメ類
  • 全粒穀物
  • 木の実、ナッツ類
  • 種類
  • きのこ類
  • 海藻

もちろんこうした良い食べ物でも過剰に摂取すると悪影響があるため、適量を毎日の食事に取り入れましょう。調理してもよし、生で食べてもよし、あるいはジュースやシェイクにしても良いでしょう。

知っていましたか?消化を促すフルーツとハーブ

水分を充分に取っていますか?

体がきちんと食物繊維を消化できるようには水を飲むことが大切です。また、1日あたり最低1.5リットルは飲むことが推奨されています

水分補給が便秘に対して効果を発揮するための必須条件は、水を食べ物と一緒に飲むのではなく、空腹状態の時に飲むことです。毎日摂取する水分を次のように分けると良いでしょう。

  • 食べる前にグラス2・3杯、朝に2・3杯、午後に2杯

健康の大敵:ストレス

ストレス

ストレスは今世紀最大の問題の一つと言えます。ストレスは「どうすればいいのか分からない」という圧倒感です。神経系に変調をきたすことが多く、苛立ちや不満、不安や抑うつなどを引き起こします。通常、仕事によって引き起こされますが、時に遺伝的なものだったり、自分ではコントロールできない状況から生まれることもあります。

ストレスは精神面をはじめ、情緒面にも影響を及ぼします。最初に表れる異常は、ちょっとした痛みですが、その痛みが便秘となって表れるかもしれません。便秘は長期的により大きな健康面での問題を引き起こしかねません。

ストレスを強く受ける状況下で生活するようになってから便秘で悩むようになった場合は、自然療法で治すことを考えるべきでしょう。

  • スポーツ
  • 野外活動
  • ヨガや太極拳などのリラックスできるセラピー
  • マッサージ

便秘が良くなるように生活の中で何を変えられるか常に考えましょう。

感情面における問題

腸機能に影響を及ぼす精神的要因は他にも生活における変化、離婚、愛する人の死など、感情面でマイナスの影響となるものがあります。

この場合は、おそらくストレスに埋もれて生活している状態ではなく、むしろ悲しみや痛み、怒りといった感情に打ちひしがれている状態です。こうした負の感情がしばらく私達の中に留まると、必ず健康面で悪影響を及ぼします。例えば、腸に直接影響したり、肝臓がやられたりします。

こうした感情面における問題を乗り越えるには、二つの自然療法を試してみると良いでしょう。

  • ホメオパシー:患者にとって適切な治療を決めるために患者一人一人のケースを分析する人をホメオパスと言います。ホメオパシーには欠点は何もありません。ただし、乳糖不耐症の人はホメオパシー以外の治療法を実践すべきでしょう。
  • バッチフラワーバッチフラワーのフラワーエッセンスは中毒を起こしたリ、性格を変えたりということなく、感情面での痛みを治療してくれます。ロックウォーター、クラブアップル、グレープバイン、ホリーなどが効きます。セラピストが患者に必要なレメディを見つけるお手伝いをしてくれます。

もっと知りたい?ストーンアートセラピーでストレス軽減

甲状腺の異常

喉の異常 便秘

甲状腺機能低下症の人や甲状腺が弱い人は、その症状の一つに便秘があります。その場合は、医師にかかり、早急に診断を受け、適切な治療を受けるべきです。

以下の天然下剤も効く可能性があります。

  • 寒天
  • チアシード
  • フラックスシード

Wang, X., & Yin, J. (2015). Complementary and Alternative Therapies for Chronic Constipation. Evidence-Based Complementary and Alternative Medicine. https://doi.org/10.1155/2015/396396