野菜や果物を食べることでガンは防げるの?

· 8月 31, 2018
果物や野菜は抗酸化物質を含んでおり、それは細胞を酸化から守ってくれる分子を指します。そして、もし野菜や果物を定期的に食べることができれば、それはガンや他の病気を治療する助けにもなるのです。

ガンの発症は以前よりさらに多くなっていると私達のほとんどが思っているでしょう。私達のほとんどがガンを患っていた人や今も闘病している人を知っていると思います。また同時に、過去の診断方法は現在のものより優れていないと感じる人もいるでしょう。

昔は多くの人が原因を知ることなく死んでいきました。また、そのほとんどが心肺停止と認識されていたのです。

問題は多くの人がガンになる可能性は高くなっていると信じていることです。ですので、たくさんの人がガンを予防する方法を知りたがり、野菜や果物を食べようとするのですが、果たして本当にそれは事実なのでしょうか?

果物を食べることはガンの予防になる

フルーツ

細胞変異は生物学的なガンの起源と考えられています。ですので、それが起こってしまわないように自分の健康を守る必要があります。そして、その為には抗酸化物質を摂取することより優れているものはありません。抗酸化物質の機能は細胞の酸化を防ぐことで、加齢による細胞の変異も防いでくれるのです。

果物には抗酸化物質が豊富に含まれていますが、デメリットもあります。それは果物が含む糖分です。ご存知のように、ある果物には大量の糖分が含まれており、その糖分によってガンは成長するので大きな問題となります。

こちらもオススメです:

炎症やがんと闘うブイヨンの作り方

しかし、ガンに効果的な果物は存在しないとは言えません。栄養士に相談するのが一番ですが、次のリストからガンに最適な果物を見つけることもできます。

  • ココナッツ:これは糖分が低いだけでなく健康的な脂肪を含むのでガンを防ぐことができます。また、このタイプの脂肪は食べ物を分解するのに役立ちます。あなたの体は食べ物を消化するのにエネルギーを必要とし、それは細胞を疲れさせてしまいます。ですので、それが簡単なほど体の仕事量も減るのです。さらに、有害な物質のほとんどを除去してくれます。
  • マルメロ(クインス)これは他の柑橘類と同様にビタミンCが豊富で、それは健康的な免疫システムには必要不可欠です。このビタミンのおかげであなたは有害なものから体を守ることができるのです。
  • レッドベリー:レッドベリーに様々な健康効果がありますが、その中でも2つの特徴が有名です。これは血統指数が低く、抗酸化物質の値が高いので、毎日食べることをオススメします。

野菜を食べることはガンの予防になる

野菜

すでに消化の大切さについても述べましたが、その中でも効率性と毒素の除去が重要な要因として挙げられます。

そして、この2つを向上するのには、食物繊維の量が多く、分解を助けてくれる野菜が役立ってくれるのです。もちろん、野菜にも抗酸化物質が入っています。また、次のような野菜がガンと闘うのに最適だと言われています。

こちらの記事も読んでみませんか?:

アーモンドオイルがこんなにスゴい!

  • ほうれん草:一般的に葉物野菜はガンには効果的です。まず、ほうれん草に含まれるフラボノイドと繊維はそれに対して否定できませんし、抗炎症性を持つだけでなく、抗酸化物質も含んでいます。
  • アブラナ科の野菜:カリフラワーやブロッコリーなどの野菜が挙げられますが、このような野菜にはイソチオシアネートという成分を含み、これは細胞を守り、発がん性物質の活動を抑えてくれるのです。
  • ニンジン:ニンジンは最も完璧な野菜の一つで、驚異的な量のビタミンやミネラルを含んでいます。ですので、ダイエットやガン予防のために体に栄養を与えるのに最適な野菜なのです。

今回消化した重要なキーワードである糖分、抗酸化物質、そして食物繊維を覚えておきましょう。もしこの3つを賢く利用することができれば、健康な体を保てる確率が高まります。しかし、ガンにはまだ知られていないことがたくさんあるのも忘れないでください。遺伝や環境、そして感情などの要因もガンと関係しているのです。

それを頭に入れた上で、自分の体を大切にしましょう。努力をしているにも関わらずガンが成長することもありますが、決して諦めてはいけません。