アーティチョークを使った効果的な減量法

· 8月 13, 2018
特別な予定やイベントに向けてできる限り理想の体型に近づきたいと考えたことはありませんか? もしその答えが「イエス」なら、本記事でご紹介するアーティチョークダイエットをお試しください。

何か特別な予定やイベントが近づいているため、できるだけ短期間で減量を成功させたいと考えている場合は、アーティチョークをお試しください

アーティチョークには、脂質と糖質を吸収して排出する食物繊維が豊富に含まれている上、腸内に蓄積された毒素や脂肪を迅速に体外へと排出する効果があるため、減量におすすめの食材です。

アーティチョークダイエットを行うべき人

  • オーバーウエイトの人:理想の体重よりも数キロ体重が多い人や肥満の人は、できる限り短期間で体重を落としたいと考えることがあります。アーティチョークは食物繊維が豊富に含まれているため、食事に取り入れることで、長時間満腹感が続き、食べ過ぎを予防します。
  • 体液貯留にお悩みの人:カリウムが豊富に含まれているアーティチョークは、体液貯留やセルライトの出現を予防します。
  • 心血管系に問題がある人:アーティチョークに含まれているナトリウムは非常に少量なので、満腹感が持続する効果があるだけでなく、血圧を改善する効果があります。

アーティチョークダイエット

アーティチョークダイエットは合計で3日間です。

3日以上行うと体内バランスが乱れるため、必ずこの日数を守ってください。

1日目

他のダイエットとは異なり、1日目も空腹だと感じることはありません。

朝食

  • グリーンティー 1カップ (250 ml)
  • 全粒穀類のパン1枚にカッテージチーズを添えて
  • アーティチョークのグリル 1/2個
緑茶

朝のおやつ

  • ヨーグルト 1カップ (250 ml).

昼食

  • アーティチョーク(調理済み中サイズ)
  • 魚(調理済み) 1切
  • グリーンサラダ(様々な野菜を使う) 250 g
  • りんご 1個

午後のおやつ(スムージー)

  • アーティチョーク 1/2個
  • 緑茶 1カップ

夕食

  • アーティチョーク(調理済み)1個
  • おろし人参 1本
  • レタス(みじん切り)5枚
  • レモン果汁 1個分
  • 塩コショウ(味付けに)

2日目

2日目は、1日目よりもタンパク質を多めに摂取します。1日目に続き空腹を感じることはありません。

朝食(スムージー)

  • ココナッツミルク 1カップ
  • アーティチョーク 1/2個
  • ミントの葉 5枚
  • アーモンド5個
  • 青リンゴ1個
  • 小麦ふすま 大さじ(15 g)
スムージー

朝のスナック

昼食

  • アーティチョーク(調理済)1個
  • ステーキ(焼いたもの)1枚
  • 蒸したブロッコリー 250g
  • 全粒穀類のパン 2枚

午後のスナック

夕食

  • アーティチョーク(調理済)1個
  • チーズ 30g
  • ハム 2枚
  • トマト(スライス) 1枚
  • オリーブオイル 大さじ1
  • 塩コショウ(味付けに)

3日目

最終日は、野菜を多めに摂取します。

このダイエットが終わっても野菜や食物繊維を豊富に含む食品を積極的に摂取することをお勧めします。

朝食(サラダ)

  • アーティチョーク(調理済大サイズ)
  • アボカド 1/2個
  • レタス (細かく切る)6枚
  • トマト(スライス)1枚
  • 小麦(調理済)大さじ3
  • 赤身肉(塩コショウで味付けしたもの)一人分

 

アーティチョークサラダ

朝のスナック(スムージー)

  • 緑茶 1カップ
  • アーティチョーク1/2 個
  • ミントの葉 5枚

昼食(スープ)

  • アーティチョーク (細かく切ったもの調理済)1個
  • 人参 3本
  • セロリ 2本
  • 紫玉ねぎ 1/4個
  • マッシュルーム 4個
  • 鶏胸肉(小さく切ったもの調理済)半分
  • チキンストック(洋風だし)2カップ
  • 塩コショウ(味付けに)

午後のスナック

  • アーティチョークウォーター 1カップ
  • アーモンド5粒
  • オレンジ 2個

夕食

  • アーティチョークウォーター 1カップ
  • 全粒穀類のパン 1枚
  • カッテージチーズ 大さじ2

こちらもお読みください:最高の自然療法薬 アーティチョーク

アーティチョークダイエットで避けるべき食品

メニューをご紹介した後は、ダイエット中に避けるべき食品をご紹介します:

  • 精製された小麦粉:全粒穀類のパンが苦手な方は、オーツ麦やキヌアをお試しください。
  • 脂質:肉類や今回使っているチーズに含まれている脂質は少量ですが、さらに注意したい場合は、脂肪分の少ない肉類を使いましょう。
  • 砂糖:果物に含まれている糖分である果糖は摂取できますが、精製された砂糖や甘味料は避けてください。