体重を減らすための5つの心理的戦略

10月 16, 2019
この記事では、体重を減らすための心理的戦略を学びます。これらの方法を早速実践しましょう!

体重が標準体重をかなり超えている場合や、自分の理想の体型になりたいと考えている場合を含め、健康的な体重を維持するための減量は健康維持に良い効果をもたらします。

そして減量を目指す時に大切なのが、食生活の改善や定期的な運動に加えて、心理面への働きかけです。

まず最初に、自分の体重が標準体重や理想の体重の範囲内であるかどうかを知りるために、BMI(ボディマス指数)を計算します。

たとえば身長が170cmの場合、理想的な体重は53~72kgと広範囲です。

オンラインでも無料で計算できるサイトがあるので、ぜひ活用してください。

この指数を計算し、推奨されているBMIを超えている場合や、数キロの減量がうまくいかない場合、今回ご紹介する心理的戦略が役に立つでしょう。

ここからは効果的な方法を説明します。このまま読んで、減量に役立つ方法を見つけましょう。

1. 空腹時に食料品の買い物をしない

減量に役立つ心理戦略

最初にご紹介する心理的戦略の一つは、空腹時に食料品の買い物をしないことです。

よく知られているダイエットの常識ですが、ついつい忘れてしまいがちです。

お腹が空いた時に買い物に行くと、必要のないものまで買いがちです。

割引になっているお菓子や、減量の妨げとなる不健康な食品などを買ってしまうリスクが高まるため、空腹時の買い物は避けましょう。

2. 自分の見えるところに食べ物を置かない

次の心理的戦略は、減量の役に立たない食品を自分の視界に置かないことです。

チョコレートやお菓子などの不健康なものは、購入しないように気をつけ、誰かから贈り物として送られた場合は、どこかに隠すか、可能ならば誰かにあげるようにしましょう。

こちらもご参照を:あなたは大丈夫ですか?減量を妨げてしまう間違いについて

3. ゆっくりよく噛んで食べる

ダイエットの心理戦略

急いで食事をしなくてはいけないこともありますが、急ぐ必要がない場合は、できる限りゆっくり食べてください。

ゆっくり食べることで、少量の食事で満腹感が得られ、食後の胃もたれや増量を防ぐ効果も期待できます。

朝食をゆっくり食べる時間がない場合は、早めに起床し、ゆっくりと食べる習慣を身につけてください。

睡眠時間は減るかもしれませんが、減量という目的を達成するのに役立ちます。

ご存知ですか?:減量に役立つ食べ物の組み合わせ4選

4. 不安を軽減することが減量につながる

不安感が原因で、空腹ではない時に何かを食べたいという欲求が起こることがあります。

不安やストレスなどが体重増加の原因である場合は、不安を軽減するのに役立つ様々な習慣を身に付けることから始めましょう。

不安を軽減するための最もシンプルな方法の一つは運動です。

特に夜の運動は、1日を通して蓄積したすべてのストレスを解消するのに役立つため、お勧めです。

週末には、不安を軽減するために、ハイキングや自然の中の散歩を楽しんでください。

5. 満腹になるまで食べない

満腹になるまで食べるとき

食後に満腹になりますか?

昼食後には胃の不快感などを感じていませんか?

心理的な戦略の最後は、満腹になるまで食べるのを避けることです。

そのための方法をいくつかご紹介しましょう。

  • 皿の上にのせる食べ物を減らす(または小さめの皿を使う)
  • 急いで食べない
  • デザートを食べない
  • 満腹になると不快感を感じるような食べ物を食べない

多くの人が、満腹になるまで食べる傾向がありますが、実は満腹になるまで食べる必要はありません。

食べる量が多くなると満腹感は増しますが、実は消化が困難になり健康にはよくありません。

現在体重を減らすと頑張っている場合、今回ご紹介した心理的な戦略を、果物や野菜が多く含まれたバランスの良い食生活や定期的な運動と組み合わせて、減量を成功させましょう!