満腹ホルモンレプチンの真実5選

2月 13, 2018
食事制限に伴うストレスが満腹ホルモンの働きを変化させ、食事制限に失敗する原因になることをご存知ですか? そして、以前よりもたくさん食べてしまう結果となります。

主要な満腹ホルモンであるレプチンは「すでに満腹である」という一連のメッセージを脳に伝える役割を担っています。

ただし、食欲と空腹には大きな違いがあります。

食欲とは感情的な欲求なので、レプチンによって常に制御されるわけではありませんが、認識メカニズム、知覚、特に感情が食欲を感じる過程に加わります。

一方、私たちが「空腹」と定義するのは、生理学的に必要な欲求です。空腹は体内が必要とする栄養素を満たし、体内の細胞の構造と機能を正常に維持するために、そして活力を補給するために必要です。

体内に必要な栄養素が補給されると、レプチンのような満腹ホルモンも正常に機能するため、空腹時には必要な栄養素をしっかりと摂取する必要があります。

本記事では、満腹ホルモンと呼ばれるレプチンの主な作用と、レプチンを体内で正常に機能させるための方法をご紹介します。

1.レプチン:肥満の人が過剰に持つ満腹ホルモン

正しい食事方法を学ぶ

「肥満の人がなぜ満腹ホルモンであるレプチンを過剰に保持しているのか?」

これは非常に興味深いトピッックです。いくつかのデータをご紹介します。

  • レプチンは、主に脂肪細胞(脂肪細胞)によって産生されるホルモンです。
  • 「シグナルホルモン」として知られているレプチンは、食品から十分な脂肪を得たと実感すると、食べるのをやめる必要があるというメッセージを視床下部に送ります。
  • 現代社会では太り過ぎの人々が、レプチン抵抗性に悩まされています。
  • 肥満の人々は血中のレプチン濃度が非常に高く、レプチンが正常に機能するのではなく、血中に蓄積され続けます。
  • その結果、満腹感を感じるまでに長時間かかります。

また肥満以外には、視床下部に何か問題が発症しているケースがあります。この場合もレプチン不耐性を発症します。

あなたはレプチン抵抗性を軽減するための方法

  • 炎症を起こす食品を避ける
  • オリーブオイル、鮭、アボカドなどの良い脂質を含む食品を食べる
  • 毎日7〜9時間の睡眠をとる
  • 定期的な運動を心がける

2.満腹ホルモンレプチンの働き

ストレス

前述したように、レプチンは私たちの体が十分な栄養素とエネルギーを得たことを脳に伝えるため、視床下部にシグナルを送り、これ以上食べる必要がないことを指示します。

レプチンはこれ以外の機能も持っています:

  • 食欲を増加する他のホルモンや他のペプチドの産生を阻害します。 これは、神経ペプチドYのケースです。
  • レプチンには、カロリー消費と代謝を向上させる働きがあります。つまり、代謝を促進することで体重を減らしたり脂肪を燃焼する働きがあります。

3.厳しい食事制限はレプチン値を下げる

非常に厳しい食事制限を行う時、ストレスにより満腹ホルモンであるレプチンの機能を低下させることがあります。

そのため、低カロリーダイエットや魔法のように体重が落ちると言われるダイエット食には健康上のリスクが伴い、これらのダイエットを続けることで、レプチン値が低下し、空腹感が増すと同時に代謝が低下し、体内のエネルギーのレベルも下がります。

4.レプチンの働きによりストレスが体重増加につながる

ストレスを解消

ストレスによって体重が減る人もいますが、「慢性的なストレス」を経験している人には、それとは逆の体重増加が起こるのが一般的です。

その理由を以下に説明します:

  • 大きなストレスや慢性のストレスは、血中のコルチゾールの量を増加します。
  • コルチゾール値が高ければ高いほど、レプチンが減少します。
  • その結果、より空腹感を感じるため、食事の量は増えるもののエネルギーレベルは低下したままの状態が続き体重が増えます。

5.レプチンは減量効果のある自然療法となるか?

レプチンの有効性を高める方法については様々な研究が続けられています。体内におけるレプチンの機能や有効性が高まれば、すぐに満腹感を感じて、食事の量が減るため、減量効果が期待できます。

  • 満腹ホルモンのレプチンは脳と連動して機能します。
  • 体内により多くの栄養素とエネルギーが必要なときには、食べるのを止めるシグナルを送ることはありません。
  • その結果、私たちの健康に悪影響を及ぼし、最終的には減量が失敗します。
  • 補助食品やサプリメントでレプチンを補い、空腹感を解消するのは不健康なのでお勧めできません。また厳しい食事制限も最終的にはリバンドを引き起こすので避けてください。

肥満や太り過ぎに悩んでいる時や、何をしても体重が落ちていない時は、医師に相談してください。

食事や運動ではなく、ホルモンのバランスに何か問題が生じている可能性も考えられます。

レプチンが正常に働いているかを心配している場合は、食生活の改善も大切ですが、それ以前にストレスや不安感を適切に対処しているかどうかを確認し、ストレスや不安感を解消することが大切です。

 

メイン画像の転載元 © wikiHow.com

あなたへおすすめ