スリムな顎になる4つの方法

· 10月 2, 2015

顎の下に脂肪がつくと、老けて見えることがあります。近年では、スマートフォンなどの普及により、下を向いて過ごすことが多いため、顎下に脂肪がつきやすいのです。しかし、ピンポイントで脂肪を落とすことはとても難しいです。そこで外科手術を選ぶ女性も多いわけですが、今回は首周りについている脂肪を自分で落とす方法をご紹介します。いくつかのステップに従えば、解決です。

顎の下の脂肪を減らす方法

一般的に、顎下の筋肉は年齢につれて、だんだん柔らかくなります。 普通のダイエット方法では、水分吸収力が低くなり、が正常ではなくなり皮膚が柔らかくなって、顔のラインが変わってしまいます。しかし、以下のような簡単な対策をとれば、誰でもスリムな首ラインを手に入れることができます。

1.健康維持

デトックス

体の内部の健康状態は直接外見に現れます。なので、体内の老廃物の排出、水分吸収を促進して、ビタミン、ミネラル成分が豊富な食事をとるようなダイエットがとても大切です。そうすることで、肌の弾力が保てます。ここで、効果的なジュースとシェイクをいくつか紹介したいと思います。

  • リンゴとビーツのジュース:美味しく、フレッシュで栄養たっぷりです。老廃物の排出と水分保持に最高なジュースです。食前に一杯飲むと栄養吸収がもっとも効果的です。食後でしたら、満腹感が得られやすくなり、肌の健康を維持します。このジュースを飲めば、あなたの目標に一歩近づけるでしょう。
  • メロンジュース: 誰でも手軽に飲めるジュースの一種です。メロンは肌の弾力を保つ最適なフルーツです。そして、顎下に余分な脂肪をためないようにしてくれます。一番お勧めする飲み方は、搾りたてのメロンジュースと水を半々に割ることです。美味しいだけでなく、ヘルシーです。
  • ライムとミントのジュース  抗酸化作用、老廃物排出、肌荒れ防止の効果があります。ライムジュースの抗酸化物質は、体内で細胞を傷めて老化を促すフリーラジカルと闘います。そして、体内の水分流失と老廃物排出を促進します。さらにミントを入れたら、みずみずしい肌が蘇ります。

2.弾力を保つビタミンE

ビタミンE

ビタミンEは肌の弾力を保つのに効果的なので、頻繁に摂取することをお勧めしたいと思います。葉の多いグリーン野菜、玄米、胚芽油または小麦胚芽油(小麦の胚芽から採取されて、ビタミンEを含有している。)、ライ麦、豆類、ナッツ類、リンゴの中に、ビタミンEが豊富です。

3. パックとフルーツの皮

マスク

効果的に顎周りの肌の弾力を保つ方法は、小麦胚芽油のパックをすることです。小麦胚芽にビタミンEの含有量が高いので、保湿、肌のトーンを高めて、顎のラインを引き締めるのに最適です。毎日顎と首に小麦胚芽パックをすることで、効果が少しずつ顕れます。これは高価なクリームより簡単でリーズナブルです。

寝る前に、コットンに小麦胚芽油を含ませて、優しく首から顎ラインンに向かって10分~15分マサージをするのも簡単で効果的です。

4.顎の簡単エクササイズ

顎

これらの簡単なエクササイズはあなたを若く見せたり、顎のラインをくっきりすることができます。皮膚は筋肉にピッタリと付着しているので、筋肉を鍛えたら、筋肉とともに皮膚も変わります。大事なことはやり続けることです。

  • 一つ目のエクササイズは簡単です。舌を時計回りに上顎に沿って円を描くように動かします。背中をまっすぐ伸ばして、口を閉じます。これは顎のエクササイズです。毎日3セット、1セット10回行ってください。
  • 母音の発音練習も大事です。そして、楽しくやれます。わざと大げさに母音の発音練習をします。叫ぶ必要はないです。喉と口を発音の時の形をして、静かに母音を吐くだけです。毎日10回を繰り返します。これは首の中にある発音の時に使う筋肉を鍛えるためです。
  • 笑顔をエクササイズに取り入れてみてはいかがですか?できるだけ首の筋肉を緊張状態にしたうえで、笑顔を作ります。毎日10回です。続けることを忘れないでくださいね。